ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Sunday, March 6, 2011

20th TICA & BCF Cat Show



本日(日曜日)、東日本橋で行われたBCFのショーに行って来ました。
今回の参加者は、ジュディス。

いつのまにか8ヶ月となり、今日がチャンピオンシップでのデヴュー戦。

お転婆プリンセス、キツンクラスの時にロゼッタを二本いただきました。
前回は子猫だったこと、初めてのショーでわけがわからずということもあり家に居る時と同じように過ごせたのですが、今回は大人になった分勝手が違ったようです。

私の方は今回もクラークの仕事をしていたため、ジュディの各リングを見ることはできませんでした。

ジュデイの結果は、8リング中BOB3番に入ったのが二回。
体の大きな男の子達3頭に混じった中では頑張ったのではないかと思います。

ジュディは、スカーレットとラファエルの間に産まれた4胎の中では一番小柄な子です。
小柄ですが、一番活発で家では飛んで歩いているタイプの子。

ところがショーでは小刻みに震えていたとのこと。
内弁慶なタイプなんでしょうね~。
震えていた分、とりあえず"シャー"と火炎を吹いていました。
こんなジュディの様子を見て、彼女のショー参加は後一回にすることにしました。

次回はCREDO。
気の強さと、ショーでの舞台度胸はおよそ別物であることを改めて感じました。

"プリ・プリ・プリンセス"、後一回だけショーにお付き合いくださいまし(笑)

以前にも書いたように、今回のショーへの参加の一番の目的は、山崎哲、祐子夫妻に写真を撮っていただくこと。

ショー開始直前に写真を撮っていただき、一番の目的は完了。
ジュディ、お疲れさまでした。


ところで、ショーの方はというと・・・

今回はクラークでずっとジャッジ台脇にへばりついていたので
その場所からの感想です。

まず、当たり前ですがいわゆる"トップ5"を構成している猫さんたちの顔ぶれが安定していました。
シーズンも終わりに近づいているので当たり前のことなのですが、いつも上位5位に入る猫さん達。
さずが不動のメンバーだけあってキリリとしているのですが、長い戦いにいささか気持ちがくたびれたのではないかと。

それから、あらためて猫さん達のサイズが全体に大きくなっているのではとも。
これは、たとえれば1960年ごろに建設された高速道路と昨今建設されたものとの違いと同じ気がします。

1960年頃の車は、車幅も今よりは狭く、現代の車で走っていると「道幅が狭いな」と感じるのと一緒かなと。

つまりは、ケージの扉のサイズが今の猫さん達のサイズに合わなくなってきていて、出し入れにストレスを感じる子が多かった気がしました。
実は、2週間前のTCCにもアシスタント・クラークとしてお手伝いに行ってきたのですが、その時も文句を言っていた猫さん達が結構居ました。
この時のケージは出入り口の大きい新しいタイプのものだったので、ケージの大きさがストレスの全てでは無いということですね。

猫さん達の"シャーシャー"にはいろいろな理由があり、それを想像したりしながらの進行となりました。
"シャーシャー"に関する自分の経験としては、もうドキドキで、「どうしよう」という思いで頭がいっぱいになったことです。

猫さんも人間ももうお疲れモードかも。
でも、終わりのないものは無い。

頑張って参加したことも、やがては思い出。
5月になれば、素敵な思い出に変わることだけは確かなはずです!



Today (Sunday) Judith attended the BCF Cat Show held in Higashi-nihonbashi, Tokyo.

She now became 8 months old, just in a blink.
This was her debut to the Championship.

Tomboy princess has won 2 finals when she attended the Kitten Class.

Last time she was just 6 months old and looked like that she did not understand much about the show, she was just as same as being at home.

But it looked totally different this time.

As I was doing the role of a clerk, I again did not have to watch every ring she has attended.

Her result was chosen BOB 3rd twice of 8 rings.
Being with "Big MC Boys", this was not so much bad, maybe.

Judy was born between Scarlett and Raphael, and is the smallest on of the litter.
Even being the smallest one, she is the most high energy cat of the litter.

But at the ring she was shaking.
"Lion at home and a mouse abroad" maybe what she is.
And was exhaling hare!

Seeing her like this, we decided her next show to be the last.
Next show is C.R.E.D.O., which may have Ladies Congress for novice.
Having a guts does not equals to the strength at the show, is what I re-learned.

Our "Huffy Princess", please allow us to take you to the show once more!

As I wrote before, the top priority was the photo session.

She was photographed by Hiroko & Tetsu Yamazaki.
I heard that she performed very well there before the show started.

Judy, thank you for your attendance!

By the way about the show, what I personally felt was...
(Well as a clerk I was stickied at the ring side, so my impression is only what I felt from that position)

As a matter of fact, the 2010-2011 season is to close about in 1.5 months.

So the "Top 5" members are almost fixed, which means I see them almost every time and there were no new faces at the ring.
They all looked stable, but may be some were exhausted for the long time attendance.
Some are attending more then 10 shows, what a long period for them!

Another thing I thought was may be the cages are becoming a bit small or the cats became a bit big at standard.
Well thinking of the highways constructed in the 60's and the ones constructed in the near days could be easy to explain.
In the 60's, the size of the car was more compact than now in Japan.
Now driving at the old type highway, it is a bit frightening.

So what I felt is that the size of the door is now becoming a bit small for some of the cats and it looked like some were frustrated of that.
But when I attended the TCC show 2 weeks ago, some cats were also hissing like this time, so may be this was not the only reason.
The cage was new type and the door was more big type.

I was imaging the reason of them being fussing and hissing.
Conclusion may be is that the cats and people are exhausted because of year end.



 
Any way, a bit more to go guys.
 
Let's create great memories.
There is nothing that las forever.
 
Attending the shows is going to become a memorie to remember in May!

No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション