ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Monday, May 30, 2011

TICA & CPP 11th Cat Show Memorandum / TICA & CPP 11th 雑感

3月の震災により、4月の中旬までのキャットショーが中止になっていました。

震災の募金を集めるために開催された他の愛猫団体のキャットショーもありましたが、わが家が所属している団体の方は、震災直後から4月の中旬までのショー合計7本を中止としました。

震災、人災の後に、ショーを開催するのも、あるいは中止するのも、どちらも苦渋の決断であり英断でもあると思います。

主催者およびいろいろな方達が集まって討議をし、被災地域の方達にとって、あるいは参加者に対しいろいろな事柄を想定しての結果です。

そして、約2ヶ月ぶりにあった猫友達。 

わたしの直接存じ上げている方達は無事でしたが、その中には、身内の方、親戚、知り合いが被災された方達もいらっしゃいます。

猫達を含めた互いの無事を確認しあいながら、やはり震災の際の話が出ました。

「今回の震災では、自分の家は幸いにも被害がなかったが、もし同じことが起きたら」という話を仲間内でしていました。

その中である先輩ブリーダーさんが言ったことがとても印象に残りました。
「家の全猫を車に乗せてもガソリンが切れたら意味がない。 だから、今度震災があったら家でお茶でも飲みながら猫達と一緒に最後を迎える」
「猫達は災害の結果がどうなるかまでは想像はしないから」

(一言一句同じではないかもしれませんが、少なくとも内容的には一緒です)
これは、私が考えることとほぼ一緒で、あとは住んでいる周辺環境による微妙な対処の違いです。

住宅街や特に畑等のあるところでは外に放つことができますが、大通りが傍にある地域では放すことがままならない場合もあります。



天災は予測しきれないことがあっても、人災はあきらかに人間の起こした災い。

人間はもちろんだけれども、他の生き物にその災いがおよぶことに憤りと申し訳なさで気持ちがいっぱいのままです。


それは、こんな時にも感じてしまいます・・・
わが家の猫達は蛇口から水を飲むのが好きな子が多く。
キッチンとか洗面所に行くと蛇口からの水を期待して必ず何匹かがわたしの周りに集まってきます。

「ごめん、今はこの水は飲まないで・・・ また安心して飲めるようになったら、必ず飲ませてあげるからね」
この一言を云う度に、何か切なくなってしまいます。

これは一例ですが、水を購入することができる環境にいることにちょっと安堵しつつも、もとはと言えば人間の驕りが招いた結果。

これが、地球上の生き物を統率しているのが他の生き物だったら・・・ また違ったのかも知れません。

そう言えば漫画家の手塚治虫氏の作品に「鳥人体系」という一冊がありました。
(人間ではなく、鳥が地球上の生物の頂点にたっている話で、「猿の惑星」の鳥版みたいなものです)

人間はどこに向かっているのでしょうか・・・


話が逸れてしまいましたが、CFA所属のロシアンブルーのキャッテリー「ブルーフォックス・キャッテリー」さんは、福島第一原子力発電所より16kmの地点お住まいだったようですが、幸いにも50頭を超える動物たちとともに淡路島に避難することができたとのことです。不謹慎かもしれませんが、この話を会場で耳にして、正直うれしく思ってしまいました。

一匹でも多頭飼いでも、何かあった場合に避難することの重要さは大事な事象です。

一緒に避難できれば一番いいのですが、「置いてこなければいけない」、「心中覚悟で一緒に残る」。
選択肢はいくつかあるのだと思いますが、これ以上悲しい選択をしなければいけないような状況だけはなんとしても早く無くして欲しいと切に思います。

天災、人災、悲しいことが起こらないように努力を続けるととともに、万が一不幸にも何かが起きてしまった場合でも、それをベストな形で乗り切れるような体制を世の中が取れるようになることを切に願っています。

自分の生きているうちに、そんな世の中がくれば・・・




It is 6 months since Victor had attended the last show.
Because of the earthquake happened in March 12th, all the TICA Shows in Japan were canceled till mid of April,

Other association did the shows to correct donation for Tohoku, but ours decided to cancel 7 shows.

To hold the shows or to cancel them, I really believe that those were hard for decision makers.

I really respect both decisions of each organization.

And at the show hall, I met lots of people who I know.

As some didn’t have a chance to meet each other after the disaster, the topic about the earthquake was talked about.
“This time we were lucky, but what would you do if next time it happens on you?”

One senior breeder told me the following:
“Even if I succeed taking all my loving ones away from the disaster by car, still we may stack into a deadened easily. If the car runs out of gas, what can I do?
If there is nothing more I can do to survive, not only humans but also my cats of course, instead of trying to escape, I’ll stay at my place, sip the tea and wait for the final moment to happen with all of them.
They may feel something but never would imagine about the final moment”
(She said above in Japanese and so translating it into English, above may not the words she may use. But the message what I received from her must be like this.)

What she said is almost the same as what I am thinking.
Only difference is that I will free my cats into the Green Tea field, and she may keep them inside the house.
This slight difference comes from the circumstance of where we live.

Mother Nature does something sometimes that we can not forecast.
But the man-made disaster is avoidable.

I feel really sorry and feel shame to the other lives.
I feel it like:
Our furry friends living with us, likes to drink from the faucet.
Whenever I go into the kitchen or wash closet some follows me and ask for the water.
“Sorry, but for now, nobody should drink from the faucet. When time comes, you can again...”
Every time I say this, my heart aches.This is just a simple example of what I feel, and I may be really lucky that I can buy water for our living.
But I believe this is the situation what human has caused.

What was different if the other creatures were ruling this world?
Would it be like the film “Land of Apes” or...
At which direction are the humans heading for?




By the way I heard the story of Blue Fox Cattery, a CFA Russian Blue Cattery which was in Fukushima, about 16km far from the nuclear power plant.
The cattery luckily moved away from Fukushima with more than 50 cats to Awaji-shima, (Awaji Island).

It was a good news to hear.

Living with “only one” or having “many” is not the point.
How to evacuate is the most important issue.

If possible, to evacuate with all is the best, but if you can not...
There must be several choices like... to leave some behind or you, yourself stay and wait for the very final moment.

I really pray and hope that the saddest choice not to happen anymore.
Yes the government and us have to learn and become wise to let above not happen anymore.

We should try to avoid the natural disaster and not let man-made disaster happen from now on.
And if it happens, we should overcome it by the best way.

I really pray for it and hope to see the changes in the good way while I am still alive...




No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション