ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Monday, February 27, 2012

Long and winding road / 長い道のり


今回のクレドのショー、いつもと同じ顔ぶれでジェフもシンディと一緒に参加してきました。
前々回のショーで“ショーからは引退”させようなかなと考えていたのですが、前回のショーでロゼッタを2ついただけたもので人間の方の欲が勝ってしまっての参加でした。


今回のショーは、午前と午後でそれぞれ別個のものとして数えるアルタネィテイブ方式。
チャンピオンシップで残れるメインクーンはBOB(ベスト・オブ・ブリード)で一番になった子のみでした。
午前の回はシンディが一人で独占してしまったので、ジェフがファイナルに残ることはありませんでした。
さて、さて、やはりもうおしまいにするべきかな?と思って迎えた午後。
4リングのうち2リングはまたまたシンディがファイナルに残り、ジェフはここでも出番なし。

ジェフは今現在4本のロゼッタを獲得しています。
CH(チャンピオン)のタイトルは獲得していますが、その上のGRC(グランド・チャンピオン)になるのには条件がちょっと難しい。 その条件とは、ノービス(タイトル全く無し)の状態から“4人の異なるジャッジからの評価で6本のロゼッタを受ける”というもの。
4本のロゼッタは3人のジャッジから頂戴していて、彼を評価してくださるジャッジの顔ぶれが固定されてしまっています。
この3人以外のジャッジから評価を受けない限り、ジェフは何回ファイナルに残ってもGRCになることはできないのです。
同じジャッジから評価をされることはそれはそれでうれしいのですが、タイトルということになると道のりは険しいということになります。

ジェフを評価してくださる4人目のジャッジは誰か!?
 4人目のジャッジの登場まで参加し続けるのか?

そんなことをつらつら思い悩みながら、午後のリングに参加していました。
ジェフがBOB一番になったリングは、ジェフを評価してくださることが多いジャッジ、つまりは3人の中の一人。変わらない評価に感謝しつつも、一向に見えて来ない未来。

残る審査はあと一リングのみ。
でも、そのリングのジャッジとわが家の猫達は過去に一度もご縁がない状態。
BOB一番になったこともあったけど、ファイナルに選ばれたことはありません。

As usual, Jeff attended the CREDO Cat Show with Cindy.
We were talking about his retirement from the show for we were not sure of him.
But at last time's show he received 2 finals and totally there was only 2 more to become GRC.

Title GRC (Grand Champion) is quite difficult to get for a cat like Jeff.
The rule says, 6 rosettas form 4 different judges are required.

There are 3 judges that most of the time let Jeff  go into final.
Who is going yo be the 4th person?
As long as there are only 3 judges, no matter how many rosetts Jeff receives he can never become GRC.

All the finals of AM were taken by Cindy so no chance for Jeff.
And the PM show, 2of 4 were again taken by Cindy.
2 rings were left to attend, but one was the same judge that already gave him the final in the past.
Another judge was the one we never was chosen in the past 3 years!




そして審査開始。
3匹しかいない今日のメインクーンの中で、何と!!!
ジェフがメインクーンの中では一番に!>おーっっ!
でも、猫種の中で一番にはなれたけど、ファイナルに選ばれるとは限らない。
一般審査が終って、参加していた猫達は控えケージに戻り、あとはファイナル開始を待つのみ。
そして・・・
なんと、ファイナルにジェフの番号が!!!
ジェフはベスト10にめでたく選ばれました。
最終的には第四位となり、選んでくださったジャッジが4人目のジャッジとなり無事にGRCのタイトル獲得の条件をクリアすることができました。

一回の参加につき、最高二本のロゼッタを頂戴し、一本ももらえず帰路に付いたショーもありました。

Ring started, 3MC were there and... wow!!!
Jeff got BOB 1st!
But this does not mean he can win the final, only got the chance to be chosen.
All the cats were taken away from the back cage of the ring.
Waited... waited for the announcement of the final...
Hearing the announcement found the # 101!
He was chosen!
He received the AB4th best and finally became GRC.
Jeff received 2 rosetts as max and sometimes came back with nothing.





素直に”おめでとう!”です。

シンディみたいに駆け足で評価されていく子もいます。
またジェフのように、“参加することに意義がある”みたいなタイプもいます。(猫達に取ってはどちらも関係ないと思われますが)
ジェフの道のりは、紆余曲折タイプとでもいうのでしょうか・・・?

険しく長い道のりも、はじめの一歩から。
一歩一歩が私に取っては大事な思い出です。
今日もいっぱいジェフの相手をしました。
ジェフとわたしだけの時間。
この先、彼がいつまでショーに参加するかはわかりませんが、彼のタイトル獲得はシンディのように最短距離を行くものにはならないと思います。

長くて険しいかもしれない道のり。
彼が嫌にならない間は、一緒に歩いて行こうと思います。

正直なところ、シンディが獲得したたくさんのロゼッタの思い出より、ジェフが獲得した6本のロゼッタの方が鮮明に焼き付いています。

ジェフ、ショーでの時間とたくさんの思い出をわけてくれてありがとう!
GRCおめでとう!

Congrats! to him from bottom of my heart.

There is a cat/kitten like Cindy who quickly reaches each goal.
And one like Jeff、"Participation is what counts" (not sure if this fits to cats?)
Jeffs show career is "long & winding road" type.
May take a certain time from now on also.
I don't know how long he is to attend but would like to enjoy and share each moment with him.

The finals that Cindy won are of course memorable, but the 6 rosetts that Jeff got seems to be more important to me.
We surrey walked together and still walking hand in hand (paw).

   
※ 今回ジェフは綺麗なお尻のまま会場に到着することができました!

By the way, Jeff reached the show hall with clean bottom!





No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション