ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Monday, March 12, 2012

TICA & JCL 9th Cat Show :Jeff / JCL第9回キャット・ショー:ジェフ


久しぶりの2日間の連続ショー。
ジェフには初めての体験でした。
今までの3回のショーは、一日ガマンすれば終わったものが、今度は翌日も。
さすがにガマンの限界だったようで、控えと審査ケージの往復に大分文句を言っていました。

今回は初日がメインクーン4頭、二日目は2頭という少数参加で、ジェフのファイナルへの参加はありませんでした。
ショーは楽しくないオーラが120%出ている状態で、これはストレス以外の何物でもないということで、初日に今回の2日目のショーで彼の参加を最後とすることにしました。

2 days show was the very first experience for Jeff.
The past 3 shows he had attend was all one day, which means one you go back home it was the end for this week.

I think he could not ensure anymore, he reached the limit.
I felt he was sending out the message that he is 120% unpleasant.
This is nothing but a stress, so we decided to let him retire on the first day.


 控えケージで話しかけて撫でればすぐ“ヘソ天”になり、「もっと撫でて!」と甘えてくるジェフ。
おもちゃで遊べばムキになるほど楽しそうにしているのに、審査リングではその晴れやかな顔を見せてはくれません。
キツンの時には同胎のルヤ君と楽しそうにしていたジェフも、今はすっかりむっつり顔になってしまいました。


アマングループの家族の一員となったルヤ君は、今も“超“が付くほど元気に毎日をお兄さん格のサマー・パレス君と楽しんでいるようですが、ジェフはこの頃ちょっと寂しげ。
とにかく、今回でショー参加も終わりにしたので、これからはジェフが楽しいと思えるような時間の過ごし方を考えてあげたいと思います。

ショーで、体の大きさ、筋肉や長くて立派な尻尾など、いいところをいっぱい褒めていただきました。
われわれとっては、とてもうれしい事でしたが、それは彼にはどうでも良いことで。


Talking to him, touching and smooth his coat, he easily shows his belly and asks for more.
Having fun with toys he just becomes like a kitten.
But he never showed these sides at the ring.
He seems to be unhappy now, days with Ruya and other litter mate brothers he looked really delightful but already kitten days are gone.
Ruya is having super happy days with his fellow Amangroup Summer Palace. Yes he is now the family member of them.

Anyway Jeff’s show life ended.
It is now time to find a really happy way of living for him.

During the show, he received really happy evaluation about the length of his body, tail, mussels and other more good parts he has.
Those made us happy and proud but not was Jeff.


わが家には同じレッド系でジェフの従兄弟にあたるヴィクターも居ます。
でも、ジェフにとっては従兄弟であって大好きなルヤ君やポッケ君、ユーベ君と同じではないようです。
今は週代わりで“男子部室”と寝室以外の部屋への自由出入りをしていますが、彼の猫生を今以上に真剣に考える時がきたようです。
このままブリード組みに残るのか、それとも彼が大好きな相手と暮らすのか・・・
どちらにしろ、言えることはただひとつ。
ジェフにも幸せになって欲しいのです。
甘えん坊で、優しくて。
体は大きいけれど、まだまだ子供の部分もいっぱい持ち合わせている彼が、その魅力をいつまでも持ち続けられるように。

ジェフにいっぱいの幸せが訪れるように、頑張ってジェフが望むものを探して行きたいと思います。

ジェフ、お疲れさま!
いっぱい付き合ってくれてありがとう。
一回、一回がわたしにとっては素晴らしい思い出。
君が控えケージから出るのが嫌で、わたしのことを軽く噛んだことも、ちょっぴり後ろ足で蹴りを入れたことも・・・ 痛かったのも確かだけど、全部大事な思い出。


We also have red MC, Victor with us, but cousin is a cousin, not Ruya or Pocke or Juve.
Now he is living one week free and one weak in the boy’s room in turn.
It is time to think about his “from now on”.
Should he be happy being in the breeding program or be breed out and live with the ones he really loves?
One thing that is sure is we really would like him to live happily!
There is nothing more above this.

Still a big baby, so gentle and kind, does not loose your wonderful personality.
Jeff, I am with you to find your own path, I will be on your side forever.
Thanks for attending the shows you didn’t like.

Every thing you done are all my sweet memories.

You bit me, you kicked me with your back legs and presented me some scars on my hand.
Still to me all are precious. It hurt but each of the are the ones I will never forget.


さて、次は一緒に一番の幸せを探す旅に同行させてもらうからね。
本当にお疲れさま。

Well let me be your partner to find the very happy life of yours.
Thanks for everything.
Love you Jeff, forever and ever.





No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション