ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Sunday, March 25, 2012

TICA & SCC 22-23rd Cat Show : Kitten Class


さて、SCCのキャット・ショーのこちらはキツンクラスのお話。
今回キツンクラスでショーデビューを果たしたのは4月7日にお引越をするRoy君。
兄弟猫のLuz君は既にショーデビューを若干月齢4ヶ月で果たし、山崎哲さんに写真を撮っていただいたので、不公平のないようにこちらも写真を撮って頂こうと思っての参加でした。

During Cindy was having tough time, Roy (aka "R") was enjoining his debut show.
Roy's reason for attending was just to have Testu & Hiroko Yamazaki's photo session.
The was nothing more we were thinking of.
His litter mate brother Luz already joined the show at 4 months old and his photo has been taken at that time.
We just thought is's not fare for Roy having none.

キツンクラスのメインクーンは総勢10頭。
その中には、3日違いで産まれた母違いのフレイヤちゃんもいました。

10 MC kittens were attending the kitten class and there was Freyja (aka "Nike") too.


久しぶりに会ったフレイヤちゃん。
目元もママにそっくりで、美人さんに育っていました。
しっかりファイナルにも残り、記念撮影。
ママ譲りで、気も強いようですが、これからが更に楽しみ。

It was quite a while to see her.
She now looks like her mom Judith, was growing to a wild beauty.
She also won the final.
Hope her to grow to a real beauty.


そして、肝心のRoy君はと言うと・・・
ファイナルに残ることはまったく考えていなかったのですが・・・

And as I wrote we were not expecting anything about Roy...
Never was thinking to win the final...


日頃から物静かなRoy君。
リング上でも穏やかな雰囲気。
ショーは初めてなので、全てがよくわからないうちに進行して居る感じだったのではないかと思います。

Roy is a quite silent boy.
He was playing a lot but not in a wild way.
I think he was not understanding what was going on.


とにかく、審査台の上で遊んでもらえるのは楽しいことのようでした。
生後5ヶ月で4.2kg。 
まずまずの重さ。体もがっちりしてはいますが、まだまだ赤ちゃん体型。

Any way, it looked fun for him.
5 months old and 4.2kg, enough heavy for debut, but still his style was like a baby.


それでも、キリリとした表情をしっかり見せてくれました。
7リングに参加し、気が付けばファイナル4つに入賞。
ショーは全部で8リングあったのですが、実は足の爪を一本深爪してしまい、その指をどっかにひっかけたようで血が出てしまったために1リングはアブセント(棄権)しました。
今日、朝一番に病院で爪の状態を診ていただき、特に問題はないとのこと。
安心しました。

昨日は疲れたはずだと思うのですが、朝から元気に走り回っていました。

ショーに出た後の子達で、参加前と後で変わる子がいます。
Roy君もその中の一匹で、ショーでいろいろな人に触られたり、可愛がってもらったりしたのが彼に変化をもたらしたようです。
何と言えば良いのか・・・一種の自信がつくようで、今までどちらかと言うと内気な感じだったのが、胸をはって堂々とした感じになりました。
たった一日でと思われるかもしれませんが、わがやでもこれはRoy君に限ったことではありません。
かくいう、シンディもその中の一匹です。
"猫はプライドの高い生き物"と言われていますが、そのプライドが人と接することでくすぐられる子もいるということなのかもしれません。

何はともあれ、Roy君の新しい一面が花開いたということだと思います。

He was showing what he has.
He attended 7 rings and won 4.
The show itself was 8 rings but he hurt his nail and could not attend one ring.
Today I took him to the vet and had no problem.

He should have been tired from yesterday but was running around from this morning.

Sometimes a kitten/cat changes after attending a show.
I think Roy is one of them.
Meeting many people and being touched, and sometimes being praised, he seems to found himself as "himself".
He seems to be more comfortable and have more confidence in himself after the show.
Only by a day?  Yes!  This happend to Cindy too.
"Cat have a strong sense of pride" is what I often hear and feel.  And when it is tickled through people, some of them changes suddenly.

Anyway attending the show brought a very good result for Roy.



Roy君、最初で最後のショー。
山崎哲さんにしっかり写真も撮っていただいたし、新しいパパとママの所にお引っ越しする際の記念品もしっかりゲット!
あとは、健康に気をつけて、4月7日を待つばかりです。

フレイヤちゃん、Roy君、皆、ショーお疲れさまでした!

This was the very first and last show for Roy.
Photo session went well so he can also bring them to his new home.
All we have to be sure is to keep Roy in a good condition till April 7, the day he leaves.

Freyja, Roy, everybody, it was nice meeting you all!





No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション