ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Tuesday, August 21, 2012

TICA 2011-2012 ASIA Regional Award Party


8月19日の日曜日。
東京の水天宮にあるロイヤルパークホテルで開かれたアワード・パーティー。

今回は、えんどうが別の用事のため参加できなかったので、一人で参加してきました。
ショーで頑張りとおしてくれたシンデイとドン・ファンの代理として、猫達の頑張りを称えるパーティーに、人間が代理出席というわけです。

晴れの日に遅刻をしてはまずいので、朝の07:30に家を出て、夏休みで空いている高速を使って到着。
普段着ないロング・ドレスを着て、お祝いのプレゼントやカメラなどを抱えて会場に。


会場には無数の花束がはっする素敵な香りが。
いくつもの丸テーブルが並び、授賞者に手渡す大きなロゼッタが並べられていました。
(たぶん、猫達はこんな光景を見ても何も思わないのでしょうが、人間にはやはりちょっと“ため息”ものです)

約一ヶ月ぶりにお会いする方々にご挨拶をして。
パーティーは、コースの食事から始まりました。
その間に、お世話になった方々にプレゼントを渡したり、あらためてご挨拶をしたり。
デザートが供され、食事がずべて終わってからメイン・イベントの始まりです。

カラークラス(猫の毛色)の受賞者、ブリード別の表彰・・・
そして、ショートヘア、ロングヘア別の各20位までの表彰式。


プロジェクターには、各表彰対象の猫達の写真がその都度映し出され。
オーナーさんが壇上にあがって表彰されると、お友達や関係者が花束やプレゼントを手渡しに集まります。
もう、それはちょっとした舞台挨拶の光景のよう。
でも、やはり一緒にショーに参加したもの同志には、大きくうなずきたくなる光景なのです。

ショーに猫を出しているときのチームの最小単位は“猫+自分”。
チームを少し大きくすると“同じ猫種+オーナー一同”、あるいは“友達猫+友達”という感じでしょうか。
そして、一年の集大成であるアワード・パーティーでは、”チームTICA ASIA”という大きなグループに変化する気がします。


ジャッジの方達、いつもショーでご一緒するメインクーンのブリーダーの面々、仲良くしていただいているノルウェージャンやラグドールのブリーダーさん達・・・ 

2011-2012のアワードのベスト・キャットはLEOSTAR Blueni君でした。
彼は、ブルーソリッドのエキゾチック・ショートヘアーの男の子で、ブリーダーのIさんとショー会場でよくご一緒になりました。
本当に綺麗な青い毛皮をまとった素晴らしい男の子で、彼を見てあらためてエキゾの魅力を知りました。

セカンド・ベストは、メインクーンのマーリン君。 シンディの母方の実家であるWilliaminaのミチさんが出していた男の子です。
運のいいことにシンデイがチャンピオンクラスにあがった時には、マーリン君はショー生活から引退していました。
素晴らしいボディ、ブラック・スモークカラーの豊かなコート。
ショー会場では数回しか見れませんでしたが、強く印象に残っています。

シンデイは、AB(All Bread=全猫種)で10位に入賞しました。
LH(Long Hair=長毛)で5位。
メインクーンのクリーム・クラシック・タビー w/ホワイトのカラーではインターナショナル(世界全体で)のベスト・カラーとなりました。


思えば、シンデイの父猫、Chatile Edward of Popokilani(レッド・クラシック・タビー)も一昨年にAB6位に入賞しました。
父娘二代、それぞれレア・カラーでよく頑張ってくれました。
壇上に立ち、ロゼッタを頂戴して思わず手を高々と上げてしまいました。
色々な方達の応援に支えられたことに対する、シンデイとわれわれの感謝の気持ちが思わず行動に出てしまった瞬間でした。

メインクーンのスタンダードには『体が大きいこと』というのも含まれており、そいう意味でも女の子は勝ちにくいと言われています。
生後満8ヶ月からのチャンピオンシップ。 ヒートが来れば、コートのコンディションも良くなくなってしまうなど、女の子ならではの事象がいくつもあります。 短いようで、実際には何が起きてもおかしくない3ヶ月でした。

1月末のショーの前日のシャンプー後のドライヤーで、メチャクチャ機嫌が悪く、“チャンピオンシップ・デビュー日=引退日”かと覚悟したほどです。
そんなシンデイでしたが、ショーが存外気に入ったらしく、毎回のショーごとに自分のテーマを決めていたようでした。
まさに『女優誕生』と言える気がします。

ショーを駆け抜けたシンディ、そして5年ぶりに二回のショーに復帰を果たしてSGCAのタイトルを獲得したドン・ファン。

わが家の受賞猫二匹とポポキ・ラニのメンバーの代理でパーティーに出席してきたわけですが、やはり楽しい一日でした。

リージョンのスタッフの皆様、素晴らしい場を設けてくださり、ありがとうございました。
ジャッジの先生方、私共の猫達の審査をしてくださり、ありがとうございました。
ショー会場や、FBを通して知り合った皆様ありがとうございました。
そして、ショーに参加できるように、元気で居続けてくれたわが家のみんな、本当にありがとう!

えんどうやすゆき、由加里 拝


追伸:
シンディはコートの色もマイナーで、標準よりほんの少し大き目のメインクーンの女の子です。
ショーでは男の子の方が有利な猫種もいますが、女の子でもInternationalやRegional入賞猫も結構います。
シンディは、わが家で初の女の子のRWになりました。
運が味方してくれたこと、ショーが好きだったこと・・・ いろいろな要素が重なって受賞に漕ぎ着けたのだと思います。
「ショーが男の子中心の世界になってしまったら、何となくつまらない!」

女の子よ大志を抱け!




TICA Asia 2011-2012 Award Party was held on Aug. 19th at Royal Park Hotel in Suiten-gu, Tokyo.


For this year, I attended to represent our RW POPOKILANI Cindy and SGCA ONOCOON Don Joan of POPOKILANI.


They both did very well for this year and to keep it as our sweet memory, I decided to attend.

About Don Joan, he attended 2 shows in 2011.
Because some more alter cats were needed at that time, we decided to register Don.

When he was at his breedes place he use to attend many shows.
He ended his career at age of one, becoming TICA QGC.
At that time we were not keened to the SHOWS and he started his new life as a pet.
And after 5 years, he again was taken to the show.  With 5 year long blank he won several finals including few Bests.
All he needed was to get a bit more point and for so he had to attend another show.
We were not hooked to his title, but just wanted to show him to the people who remember his younger days.

Being 6 years old,  to me he he still looked strong and powerful.


Don Joan's short return to the Show ended as promised.  (We promised him that max number of shows he shall enter will be 2.  If he does not get the best than he does not have to attend the second one.)
He transferred his class form Champion to the Alter and carried his QGC title.
His QGC title was taken by his Breeder and this was the result of what he has piled up with his breeder.  No one has the right to erase these good old days was what we thought.

Another main was Cynthia.
Her show career started when she was 6 months old.
Cream Classic Tabby w/White girl, having not so much rich coat at that time won several finals.
I was thinking she maybe something, but something that can be shown only in Kitten Class.
When she became 8 months old, again we decided to take her to the show.
We shampooed her 2 weeks before the show and was a quite night mare.
She did not like being dried and was refusing it with all her might, using her nails, teeth and voice.
The day before the show, we again shampooed her.
I was thinking to myself, tomorrow is the debut and the retirement day of Cindy.
She was one of the most unhappy cat in the world at that time I guess.

Next day we took her to the ECC Show.
I was imaging many horrible things of her at the Judging ring.
But.... what a surprise!
She was showing herself quite proudly and won 8 finals out of 16.
Cindy is a female MC and has a minor color coat, not so big comparing to the guys.
She did really great at the beginning.
There were 2 foreign TICA Judges and they both encouraged us to keep showing her.

And at this Show, I felt that Cindy maybe a "Show" girl and also a pretender.

We took her to most of the shows for 3 months long and at each show I was watching different faces she has.
It was like she had her own scenario and theme for each and was acting accordingly.
She looked like an "ACTRESS!".
Some times she was behaving like an innocent child chasing the teasers, sometimes she was like a heroine, and was also Jeanne d'Arc.
She was everything.  She even was "Ann of 1000 days" and was "MARIE-ANTOINETTE" (after been taken to prison version, she was sitting inside the waiting cage with sadness in her eyes!) !

Any way she was a great actress and all the shows she has attended was her own stage!


I do not know if this was good for her or not, but I was may be a really lucky one to see her "LIVE" play.
For this, yes I would like to call her "Actress Cindy".

Her sire CHATILE Edward of POPOKILANI also became RW in 2.5 months 2 years ago.
Like father, like daughter! (lol)

For her curtain call, it was my duty to attend the annual Party and to receive the Rosette of these Don and Cindy.
I know they prefer something more yummy  but still nice to have a huge ribbon in the house!


Thank you to all the TICA ASIA staff of holding such a nice party.
Thanks to all the Judges for judging our cats.
Thanks to the people we met at the show. Thank you to all the cat fanciers!

We has a great year!

Thanks to the Lady Luck! We were helped many times with your smile.

And last of all, I would like to thank all of our members in our cattery.
Needless to say, we were possible to attend because you all were healthy!

Love you all!

PS: Please remember, minor color, being a female may be said as disadvantage for some breeds. But it is not always.
There are quite number of Female IW and RW in the world.
If all the growly goes to males, Cat Show may become not so exciting.

I would like to keep showing my girls as well as boys!




2 comments:

  1. Thanks for sharing all nice photos from the award-party. Many congratulations from Sweden from the breeder of Yumiko Sotozakis male, S*Rockringens Ma Baker :)

    ReplyDelete
    Replies
    1. Dear Barbro,

      Thank you for your comment.
      Yes I've been hearing lots about you and how wonderful your cattery is from Yumiko. And I've been seeing your Beautiful Ma Baker many times at the show!
      He is really a beautiful NF with great temper.
      Congrats to him, you and Sotozakis' for becoming an International winner and also the best in Breed!!!

      Delete

ページナビゲーション