ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Friday, May 3, 2013

TICA & ECC 84th Cat Show



わが家のキャット・ショー絡みの締めくくりとして、4/27と28日にECCのショーに行ってきました。
今回は、シンディとアインの子達ではなく、生後4ヶ月になったばかりの通称くろたす嬢を連れて行きました。

くろたすの正式名はクロエとなりました。

出典は、アメリカ映画の"キック・アス"から。 
主人公"ヒット・ガール"役の女優クロエ・グレース・モレッツの名前をいただきました。
(余談ですが、私が長年愛用していた香水もクロエでした)

さて、生後4ヶ月の子をキツン・クラスに出すのはわが家では初めてのことで、2日間の長丁場を頑張れるのかと多少の心配もしていました。

写真を撮っていただいて、運がよければファイナルに一本残れればもう十分・・・ という、いともお気楽な気分で参加。
不真面目かもしれませんが、くろたすとはちょっと楽しい時間が過ごせれば十分かなと考えていました。

Our final show for year 2012-2013 was the ECC Cat Show held on April 27, 28th.
This time we took our singleton aka Kurotus.
She is the daughter of Cindy and Einstein, born in Dec. 2012.

By attending the show, she got her new name Chloe. We named her after the young actress Chloë Grace Moretz, who did the "Hit Girl" in the film "Kick-Ass".
(Also, Chloe is the name of the perfume which I used for a long time when I was young.)

Showing a kitten just 4 months old was a very first experience for us so we ere really anxious if she is OK with 2 days show.

If we can have a good photo session and if luckily she is selected to a final... This was enough for us.
Yes I was expecting some fun time being with her.


一人っ子で育ち、今でこそ同じような月齢の子達と遊んでいますが、1回目の予防接種が終わるまでは母親のジュディスと二人っきり。
その母親が多少淡白だったので、足りなそうな部分を私が埋めるという生活でした。
1ヶ月半ほど、抱いたり、添い寝したりと一緒だった分、多少なりとも寂しい思いをしないでくれたかなと、勝手に思い込んでいます。

もうその頃から、「この子はわが家にお残り!」と勝手に決めておりました。

ブラウンの男の子のような顔立ちをしたくろたすことクロエ。
実際、生まれてから2ヶ月まで男の子と信じきっていました。

She was the only surviver in her litter, now playing a lot with elders, but was living only with her mother Judith and me till she got 2 months old.
As Judith did not have so much interest raising her child this time I decided to support a bit and slept with this girl for 1.5 months. Cuddle her, fed her and tried not to feel she is alone. (Don't know if she was happy with me... Lol)


そんな思い出いっぱいの子だけに、一緒に出かけるのが妙に楽しみでした。

前日にしたシャンプー/ドライヤー。 嫌がることなく、結構気持ちよさそうにしていたのも意外でした。
しっかりと乾かした出来上がりに満足だったのか、乾かし終わってからは尻尾高々とあげてちょっと自慢げだったくろたす嬢。
まだ、小さいというそれだけで何をしても可愛い姿。 恒例の、グルーミングチェックの洗礼を周りの猫から受けていました。

さて、ショー初日当日。
車に乗っけて朝の06:30に自宅を出発。
後部座席のSutrdiのテントから「出せっ!」と騒ぐかと思いきやかなり静かで、しまいには寝てしまったのか、どこかに置いてきてしまったかと思うほど静かにしていました。

So to me, she was really special and I myself was enjoying going out with her.

She was OK with the shampoo and the dryer. Looked quite relaxed during the process.
After she was finished, she looked very proud and was holding her tail high.
As usual, she received the "checking" from all other girls and looked like replying to them "How about me? Me good enough?!" proudly.

And the very day came.
we left our place at 06:30.
She was in the Sturdi Shelter at the back seat of the car. She was quite silent and during the drive, we had to check if she is really there or not.


開場前に到着し、テントから出したら暫く車の中を探索。
興味深深に動きまわっていました。
こんな調子で、会場に移動してからも臆することのないくろたす。
審査が始まって、場所が待機ケージに変わっても、ものめずらしげに色々眺めていました。

予定通りプロカメラマンの福田氏に写真を撮っていただき、目的の半分を無事達成。
撮影の時にも、しっかりと動いていたとのこと、出来上がりが楽しみです。

そして、審査の方でもファイナルにいくつか残ることができました。
ありがたいことです。
生後4ヶ月になりたてのちっこい女の子は、体よりもはるかに大きい度胸でショーを楽しんでいたようです。
控えケージでは、ご飯をしっかり食べ、あとは爆睡。
まだ小さい分、疲れるのも早かったのかもしれません。

We reached the show hall quite early and let her free.
As a kitten she was checking the car with curiosity.
She was same at the show hall. Everything was the same.

She had photo session with Mr. Fukuda in a good mood.
Hope to see the fun shot of her's!

And about the ring, she luckily got some finals.
This "little" girl enjoyed the show with her "big" guts!
She ate well and slept well at the show hall.


続く2日目も、前日と変わらぬ安定感!
会場に馴れたのか、隙あらば会場の中を散歩に出かけようとする大胆さ。
一体誰に似たのでしょうか(笑)

2nd day, she was just the same!
May be became a bit used to the hall she even tried to walk around te hall. From whom did she received that kind of DNA?


気のせいか、いつもより和むことが多かった気がするわが家が参加した最後のショー。
猫仲間や、ジャッジの先生方に一年のお礼を伝え、実に楽しい時間でした。

くろたす、どこか不思議なキャラクターの子で、この先どんな風に育っていくのか楽しみです。

This time's show was really a fun and relaxing one.
Talke a lot with friends, had a chance to thank most of  the judges.

aka Kurotus,.. Don't know how she shall become, but wish her to keep her this fun character forever.


ECCのショーの関係者の皆様、ジャッジの方々、ショーに参加された皆様、本当に楽しい時間をありがとうございました。

そして、2012年−2013年度を思いで深い一年てくださった皆様、ありがとうございました。

Would like to thank all the ECC Show related people, all the Judges and to the attendants for sharing the good time.

And would like to thank all the people and cats who shared the time of 2012-2013.
Thank you very much!


No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション