ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Monday, February 23, 2015

Koharu & Maggie's Diary Part 11 /心晴(こはる)君/マギー便り パート11


2013年生まれの心晴君、早いもので生後24ヶ月になりました!w
心晴君とマギー姐さんのお家から、新しい写真とお便りが届きました!

Koharu, born in Mar. 2013 is now 24 months young! LOL
Just received the photos and a email form Koharu and Maggie's family!

ご無沙汰しております。
先日、心晴が2才になりました。
よく食べ、よく遊び、よくしゃべり、よく甘え、よく寝、の毎日です。
体重は8.1kg!抱っこは、手がしびれてくるので、長くはできません・・・。
Hi, hope every one is doing fine. 
The other day, Koharu became 2 years old.
He is eating well, playing a lot, talking very much, still loves to cuddle and sleeping a lot every day.
He is now 8.1kg! It is now hard to hold him for a long time ... arms become numb...   

マギーもよく食べ、よく遊び、よく甘え、よく寝(イビキがすごい)、の毎日です。
Maggie also  eats very well, plays a lot, still loves to cuddle and sleeps a lot (Her snore is really loud) every day too.

先日は、夜中の1時から明け方近くまで連続5回フミフミ&母の頭にくっつき寝(ナイトキャップ状態)攻撃で、母は寝られなかったと嘆いていました。
写真は、顔が菱形の心晴、朝ご飯足りないニャーとへそ天で訴える心晴、お庭を巡回視察中のマギー、小鳥に興味津々のマギーです。 
それでは、また!

My mother told me that the other night Maggie started to knead her head almost till dawn (like a nightcap) and shie couldn't barely sleep.
The photos are, Diamond shaped head Koharu, "Give me more breakfast!" by spread eagle style Koharu, Maggie patrolling the garden and also Maggie targeting the birds.
Chao!  


心晴君、もうパパのアインと同じ重さになりました!
2歳と言えばまだまだ青年。 立派な若武者に成長中のようですw
顔が菱形の心晴君、なんだか富士山型のおにぎりに見えて・・・>自分がまだお昼ご飯を食べていなかったのを思い出しましたw

マギー姐さんも約4歳半。
美貌も衰えず、相変わらず少女のような感さえあります。(実に羨ましい)

穏やかで幸せいっぱいの生活を送ってくれていることが何よりです。
素敵な時間が流れているといううれしいお知らせ。
T様、ありがとうございます!

Koharu is now as heavy as his father Ein!
2 years old is still a young guy and it looks like he is continuing to become more handsome! LOL
Diamond shaped head photo reminded me of "Onigiri (rice ball)"! > and I suddenly remembered I have not ate any lunch yet!

And Maggie who is now 4.5 years old is still like a young girl! Yes to my eyes, she is still young and beautiful... Oh how I wish I could be like her! LOL

I believe they are having a wonderful days with their loving family.
Sharing the days in a peaceful and happy way must keeping them so well.
Ts' thank you for the updating us!




Sunday, February 22, 2015

aka Alan found his forever loving home! / アラン新しいご家族に出会いました!


わが家一の元気証のアランがの新しいお家が決まりました!
元気過ぎて、よく先輩猫達に文句を言われていたアラン。

The most high energy one of our house finally found his new home!
Aka Alan, who is often scolded by others is moving to his forever loving home.


でも、それでも何やかんやで皆んなに可愛がられる、不思議でお得な性格のアラン。
そんなアランを「先住猫さんのお友達に」とご希望してくださった方がいらっしゃいました。

Alan has a talent to find his own "fun" for so he often forgets about others. LOL
He looks like that he has a special charm and even being scolded by the elders he was a little "Hero" to them.
And last Sat. he finally met a family who would like to welcome him as a new member.


彼なら、どこでも幸せな気持ちで暮らしていけると思います。
わが家を旅立つのは、来月。母親を早く亡くした分心配もしましたが、その分周りの子達からいっぱい可愛がられ、猫も人も大好きな子に育ちました。 特に彼の祖母のジュディスには感謝です。 クロエに代わり孫たちと長い時間一緒に過ごしてくれました。 

One thing that we are sure about him is he is a very happy boy so he can easily fit into the new circumstances.
He is to leave next month.  Loosing his own mother made me very anxious but he was really supported by the elders. Many thanks to his grandma Judith and all others! He now is a boy who loves both cats and humans!


後は、お引越してから先住のメインクーンのお姉さん猫と仲良くなってくれることを願うばかりです。
KYな分、怒られても全くメゲない性格なのが安心でもあり、ちょっと心配でもあります。

I様、こんなアランですが、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

And what we hope and pray is that the 8 months MC girl to welcome this playful boy as a friend.
He never turns down even he is scolded by the elders so he may easily fit...

Any way hope his new life to be the best for him!


Thursday, February 19, 2015

TICA RW QGC Popokilani Herbert

Popokilani Herbert is now: 
  • TICA 2014-2015 RW 15th Best Kitten
  • TICA 2014-2015 IW Best Red Silver Classic Tabby MC
  • TICA 2015-2016 IW Best Red Silver Classic Tabby MC
  • (Became QGC on 06/20/2015)



  • DOB: 04/13/2014
  • 父:TICA RW QGC ポポキラニ アルフォンス/ Sire: TICA RW QGC Popokilani Alphonse
  • 母:TICA RW SGC ポポキラニ・シンシア/ Dam: TICA RW SGC Popokilani Cynthia
  • カラー:レッドシルバー・クラシック・タビー / Red Silver Classic Tabby
  • HCM DNA test HCM遺伝子検査: Negative as the parents are negative
  • PKD DNA test PKD遺伝子検査: Negative as the parents are negative

Wednesday, February 18, 2015

TICA SGC Shonancats Juliet of Popokilanai



  • DOB: 07/15/2014
  • 父:TICA RW SGC ショーナンキャッツ テディベア/ Sire: TICA RW SGC Shonancats Teddy Bear
  • 母:TICA QGC スモーキークーンズ ロジータ オブ ショーナンキャッツ/ Dam: TICA QGC Smokeycoons Rosita of Shonancats
  • カラー:ブラウン・クラシック・タビー wホワイト / Brown Classic Tabby w/white
  • HCM DNA test HCM遺伝子検査: Negative as the parents are negative

Shonancats Jacob of Popokilani! / ジェイクのご紹介!


2月14日のヴァレンタイン・デーに、ショーナンキャッツから、もうひとり子猫を迎えました。
名前はジェィコブで、通称ジェ イク。
鎌倉の実家では額にダイヤのような模様があるため、ダイヤ(仮名)君と呼ばれていました。

On Feb. 14th, we welcomed another new member to our cattery. 
This is Shonancats Jacob of Popokilani, aka Jake.
As he has a Diamond mark on his forehead, he was called "Dia" before.


ジェイクのママは、スモーキークーンズ・ロジータ・オブ・ショーナンキャッツ、パパは、ショーナンキャッツ・テディベアです。
ショーナンキャッツの土居さんには、ジュリエットに続きジェイクをお渡しいただきましたこと、あらためてお礼申し上げます。

Jakes Dam is Smokeycoons Rosita of Shonancats and Sire is Shonancats Teddy Bear.
Thanks to Ms. Ryoko DOI for letting us have this wonderful boy!


お引越しの当日は不安だったようですが、次の日からしっかり食べて良く遊びます。
とっても人懐っこい子で、”ジェイク”という音の響きも覚えてくれたのか、呼ぶと駆け寄ってきてくれます。
様子を見ながら、早ければ2月の末のショーに写真撮影兼ねて参加を予定しています。

ジェイクをどうぞよろしくお願いいたします。

The very day he moved, he looked insecure but from the second day he  was what we though and knew. Eats very well and very playful boy he is.
He looks like he already learned how his name sounds and when we call him, he shows and comes to us quickly. LOL

We are planing to take him to the Feb. end show for both showing and having a photo session.

Good luck to our new boy!

Tuesday, February 17, 2015

Available kittens! / ご家族募集の子供達!


2014年11月後半に生まれた8 匹の子供達も、生後11週となりました。
ごにょごにょしていたおチビさん達も、今は所狭しと部屋の中を走り回っていて、隙あらば階下に脱走しようとする強者も出てきました(笑)

今日は、女の子と男の子各一頭づつの新しいお家募集のご案内です。
両親ともに大きい(特にさつまは6kg近い


こちらは、ブラウントービーの女の子、仮名しなもん。
小顔ですが、体重は1.45kg。 大人になる頃には、結構大きな女子になると思います。
ママのさつまに似たカラーのクールビューティー。ママの子供の頃の写真はこちらです!
性格はかなりの腕白娘で、いつも男の子とプロレスをしています。
負けそうになると、か細い悲鳴をあげて、相手がひるんだ隙を突いて新たな攻撃をしかける… 誰から授かった知恵なのか…


この写真は目つきが鋭い感じですが、実はこれ起きたばかりのところを撮ったものです。
この後、大あくびをしましたw
食べることが好きで、”フード・ファイター”の異名を持っています。
一時は、ビヤ樽に楊枝をさしたような体型でしたが、今は体も長くなりしっかりとバランスが取れた体型になってきました。


勝手な想像ではありますが、多分中々の美人さんになるかと…



さて、こちらが男の子の仮名ブラウニー。
現在2.0kgの大きい子です。
顔はパパによく似ていて、目が凄く大きいのが特徴。 今は少し垂れ目な感じですが、これはちゃんと整ってくるので心配ないかと思います。パパの子供の頃の写真はこちら
濃い茶色と、明るい茶色が混じったカラーで、中々華やかな色合いをしています。


毛吹きも良く、わしゃわしゃした柔らかいベビーコートをまとっています。
大柄なのでショーに参加しても、ちょっと面白いかもしれません。ブラウニーも遊ぶのが大好きな子で、しなもんの良きプロレス相手です。少しおっとりしている分、中々勝てないようではありますがw


顔も大きいので、将来は大柄なメインクーンに育つと思います。

二回目のワクチンは3月の初旬を予定しています。
ご興味のある方、是非見学にいらしてください!



Friday, February 13, 2015

Alan goes to the Show / 新しいご家族募集中のアラン、ショーに行く!


2月8日に文京区で行われたACTキャットクラブのショーにアランと行ってきました。
アランは新しいご家族募集中なのですが、まだご縁が決まらないので思い出作りにと一緒に出かけて来ました。
いつも兄弟のホイミンと楽しそうに遊んでいるアラン。
それでもエネルギーが有り余っている感ありでw

On Feb. 8th, we took Alan to the ACT Cat Show.
Alan is a 6 months old boy who is looking for his forever loving home but still hasn't found. 
We decided to take him for he is really full of energy and looked like he needed more other places to have fun! LOL


アランは、クロエとサニーの息子です。
祖父はアインシュタイン。
日本とアメリカ、それにベルギーの血を持つ国際的な(?)家系。顔はママのクロエとサニーの両方に似ていて、コートの色合いはお祖父ちゃんのアインゆ譲りのようです。

Alan is the son of Chloe and Sunny, a grand child of Einstein.
He looks like Chloe and Sunny, seems he received the deep brown color and the silky touch form Ein.


性格的に、誰にでもフレンドリーなアランw
スェーデンから来日したシャッジのアサ・ブローイングのリングで、楽しそうに遊んでいました!

He is really a friendly type and full of curiosity.
He was enjoying the ring of Asa Broing Judge from Sweden!


スェーデンの民族衣装をまとったブローイング・ジャッジと記念撮影。
何だか、もっと遊んでという感じです。
彼の自慢は、多分綺麗ではっきりとしたブラウンのツヤツヤのコート。

Ms. Broing wearing a traditional dress of Sweden was really beautiful.
alan looked that he wanted to play more. I think one of the very fascinating point of him is that silky fury coat!



胴も長く、尻尾も長いのも特徴ですw
浜野ジャッジのリングで、思いっきり伸びをして、遊びモード全開のアラン。
母親のくろたすもリングでは活発でしたが、この性格は一体どっから受け継いだのか…

He has enough long body and tail.
Stretching himself at the judging table and showing that he is ready to play! LOL
His mom was also very playful at the show but I still wonder from whose DNA he has received this character...


デンマークから来日したトーマス・アンサーセン ジャッジに抱っこされてずっとゴロゴロ言い通しだったそうですw

With Thomas Andersen Judge from Denmark. Alan was purring while he was cuddled.


この時も、まだまだ遊び足りなさそうな顔w

Still looks like wants to play more... What a energy...


伸び伸びした性格が幸いしたのか、菊池ジヤッジのリングではベストキツンをいただきました! 全く予想だにしなかった結果! 6ヶ月の男の子としては、そんなに大きくないアラン。これも、ショーの面白さなのかもしれません。

May be because he was having fun, he got the Best Kitten from Mariko Kikuchi Judge! Alan is not so big for 6 months old MC boy but maybe this is one of the dynamism of the Show!


鶴岡ジャッジのリングでもファイナルに残りました!
わが家からブラウンの男の子をショーに出すのは二年ぶりぐらい。
こんなに遊び好きの子も珍しいくらいのわんぱく坊主です!

With Mimi Tsuruoka Judge!
It is more than 2 years for the first time to show a brown boy from our cattery.
And maybe he is one of the most high performer (I mean playful) since ever!


ジャッジ台で無心に遊んでいるアランの姿を見ながら、やはりできるだけ早く彼にとっての最高のお家を探してあげなければと思いました。
わが家にいるより、もっといっぱい遊んでくれる家族がアランには必要なのだと思います。
生まれてから、病気をすることもなく健康優良児の鑑のようにすくすくと育ってきたアラン。 猫も人もどちらも大好きで、わたしが言うのも何ですが”超花マル”が付く性格! こんなアランと一緒に毎日を過ごされたい方からのご連絡お待ちしています!

Watching Alan having happy time on the judging table, I again felt that we really have to find his forever loving home.
A family which can spend much more time than us must be the best place for him.

Alan is a very healthy boy and loves both cats and humans. I am very proud to say that he will be the great family member because of his sweeeeeeet personality!  Please contact us if you think you are the best for him!





Wednesday, February 11, 2015

@ TICA & TNCC Cat Show! / TNCCショーに行く!(こぼれ話編)


海外のショーに行くことの楽しさは、同じ組織、同じルールで運営されているショーでもその国や場所、クラブの違った特徴をかい間見ることができることにある気がします。

わたし自身は、アメリカのショーに行ったことしかありませんが、それでもそれぞれ各クラブの個性が出ていて見ているだけでもとても楽しいものです。

もちろん、同じ猫種でも「こういう風に違うのか」との発見もいっぱいあるのですが、今回はショー自体に関してのお話です。

TNCCのショーを開催しているという目標になるのは、この写真にあるクラシックな衣装に身を包んだ猫達の立て看板。 何か謂れがあるのだと思いますが、聞きそびれてしまいました。 この猫の看板が会場の外とエントランスロビーのの所に飾られていて、いやでも人目を惹く趣向となっています。


ショー会場は昨年と同じ場所で、ホリディ・インの隣。
隣と言ってもアメリカ で俗に言う隣ほどの距離はありません。 ホテルを出て、ものの10秒で着く距離です。前の記事に、会場はバスケットコート4面は入ると書きましたが、訂正です。 写真をらためて見て、6面は入る気がします!
控えケージを挟んでの通路の幅も広く、電動カーや車椅子での移動も問題ない幅。 ただし、二日目からはこの通路に見学者が所狭しと居て、結局は身動きが取れませんでしたが…



スチュワード役は、現地のガールスカウトの子達でした。
お揃いのベストを身につけ、それぞれがスカウト活動をした証(?)のワッペンが背中や胸に縫い付けられています。どうやら、ガールスカウトとしての活動経験が多いほど、ワッペンの数が多いという仕組みになっているようです。


色がとにかくカラフルで、ものすごい勢いで目に飛び込んで来る!
ちょっと、ガールスカウトに入会したくなりました!w


ケージの配置は、日本と違って”L字型”か、”コの字”型。
この時の猫の総数は240 頭ほど。1日6リングだったので、この形でないととても審査しきれない状態でした。
16個のケージが並んでいましたが、男の子が多い猫種だと隣同士にならないようにする関係で中々全部のケージが一度には埋まりません。


初日の金曜日は、参加者の移動時間を考えてショーは15:00からのスタート。
結局終了したのは、夜中の0時でした! ジャッジの方々も人も猫も、みんなヘトヘトなスタートとなりました!


L字やコの字型の審査ケージの配置だと、猫がお互いの顔を見合うことになるのですが、わたしが見学していたところでは、一触即発の危険なムードはありませんでした。
ケージは高さがあり、メインクーンが座っていても、頭が支えるような感じは無く、中で審査を待つ子たちも比較的楽そうでした。


会場のいたるところに募金を呼びかけるポスターが貼り出されていました。
今回は、FIPに関するもの。 ”加害者のいない交通事故”と日本でも言われるこの病気。 ”誰の猫でも罹る恐れがある、だからこの病気の研究を進めましょう”ということで、募金を促すもの。 各ジャッジ台にも募金箱が置かれていました。



キャットショーならでは、キャットシーに行かないと中なか買えない。
買い物好きならではの醍醐味のひとつがお店屋さん!

今回のTNCCのショーには17店舗が参加していました。
上の写真は、フリーズドライのターキー、チキンやビーフの肉のお店で買った物。
Power Paw Productsという会社が販売していました。 試食可能だったので、いくつをお試しでわが家のはーぶにあげたら、ハツとチキンが気にいったようだったので購入しました。
出ていたお店のほとんどがホームページを持っていて、このフリーズドライのメーカーも海外にも送ることが可能とのことでした。
お店の一覧およびホームページのリストはこちら


こちらは、WCGHSという動物保護団体。
レスキューした猫達をショーに連れてきて、審査に参加。ベンチや審査に参加している猫さん達を見てもらいながら里親を探すために来ていました。
綺麗にグルーミングされて、堂々とした子たちの勇姿は見ていてもうれしくなります。
新しい家族に出会えた子は、リングアナウンサーがショーの途中で、「○○番のネコちゃんは新しい家族に出会えました!」と発表されます。 会場にいる人達からは拍手と歓声。 キャットショーという場を活かした出会いの場、これも愛猫団体の基本精神の一つです。


会場をうろうろしていたら、素敵な3人(匹?)組に会いました!
所謂コスプレですが、これがとても楽しそうで。 この三人組以外にも、小さい女の子とかが居ました。 ショーをお祭りとして楽しんでしまえるのは、お国柄なのでしょうか?


ペットベッド専門店もありました。ベッドの柄は、なぜか圧倒的にヒョウ柄!
タビー柄とかはなかったので、こちらでのお買い物はパスしてしまいました。
そういえば、ほとんどのお店でカードが使えたのですが、このお店は現金のみ。


ベッド屋さんのお隣は、手作りアクセサリーのお店。
まだ開店前だったので、商品にはシートが掛かっている状態。 こちらで、昨年、今年とピアスなどのお土産用のアクセサリーを買いました。


このお店は、いろいろな気で寄木細工のようなオブジェを作成販売しています。 こちらが、昨年同様今年もお目当てで行くのを楽しみにしていたところです。
猫や犬の写真を送って、カスタムメイドの壁掛けの作成も引き受けてくれます。
スクエア・デザインという名前、是非ホームページを見てみてください。海外からの依頼も受けてくれるということだったので、頼もうかと思案中です。


お店の写真を撮りそびれてしまいましたが、今回はーぶ用に買った猫ベッドがこちら。
太い糸を編み合わせて作られている猫チグラ。(50ドルでした!)
中にブラスチックの板が三本入っていて、ドーム型の形を作っています。この板取り外しが効くので、もし運ぶ時にはペシャンコにできます。 また洗濯機もOK! ただし乾燥機はNG(すごく縮んでしまうそうです!)
はーぶは物凄く気に入っていました。屋根があるというのがいいのかもしれません。




さて、最後に話を戻して…
アメリカのショーのジャッジ台には、写真のような表示があります。
左側はリング番号、ジャッジの名前と出身地の表記。 これは日本でもお馴染みの光景。
違うのは、右側の表示。 これは、各リングのスポンサーとなっている団体あるいは個人の名前。 日本ではスポンサーシップはないようですが、海外では盛んなことのようです。


それと、リングの台の手前には、お菓子の入った小皿。 出陳者や見学者に摘んでもらうためのもの。 これは、日本のショーでも結構見かける心配り。 おもてなしのちょっとした心遣いはどこでも一緒でした。

いっぱい見たり、感じたりしたのですが、日本に戻って記憶も薄れてしまいました。w
でも、来年も行けたらと思える楽しい時間を過ごすことができました!



Tuesday, February 10, 2015

Herb @ TICA & TNCC Cat Show! / はーぶTNCCショーに行く!(ショー編)


ショー会場は、バスケットボールのコートが4面ほど入ってしまう大きなホール。
うろうろしていると、1日で5,000歩は確実に歩き回ります。w


アリーン・ノエル・ガレル(Aline Noel Garel)ジャッジが、見学者にメインクーンの特徴を説明しているところです。


フランスからはジャン・マルク・ラガール (Jean Marc Lagarde)ジャッジ。


カナダのイボンヌ・パトリック ジャッジ。


ロシアからの招待ジャッジのウラダ・ベニンヤ(Vlada Beninya)ジャッジ。
ロシアでもキャットショーが盛んで、非常に慣れた手つきでテキパキと審査をしていました。


アメリカのキャニー・ブルックス ジャッジのスペシャリティーのリングにて。


1日目で初めてのファイナルに残りました。 このショーがチャンピオンシップ・デビューだったはーぶ。 これで、無事にチャンピオンのタイトルを得ることができました。



オーストリアのモニカ・ダニー ジャッジのリングでもファイナルに残ることができました。


イギリスのフィリパ・ホルムズ ジャッジ。


アメリカ在住の山田尚子ジャッジは着物で審査をされていました。


アメリカのリンダジーン・グリロ ジャッジ。


アメリカのメリッサ・パーズリー ジャッジ。


パーズリー ジャッジのリングにて。
うれしい、瞬間でした。


 アメリカのローラ・カニンガム ジャッジ。


はーぶ、3日間の長丁場、無事に参加し終えました。
人間も疲れましたが、猫の方がもっと疲れたと思います。
1日6リング、計18リングに参加して、ファイナルに4回残ることができました。
上出来以上の何物でもありません。

アメリカのキャットショーは入場料を払って見学する方式。
それでも、見学者の数は非常に多く、見学者が投票する”お気に入りの猫さん”という賞が設けられているくらいです。



たくさんのジャッジや見学者と出会い、はーぶは何を感じていたのでしょうか?
ショーに参加することには様々な意味があると考えていますが、その中に猫好きの人に、”猫の良さをもっと感じてもらおう”と言うのがあるのではと思います。

はーぶはメインクーンという猫種の中の一匹として、いろいろな人に声をかけてもらっていました。
この最後の写真は、ご年配の男性がはーぶに話しかけてくださった時のものです。
目線を交わすふたりの間には、どんな会話がなされたのか…
本人立ちのみぞ知るという所ですが、離れた場所からこの光景を眺めていた私にとってはとても心に残る光景となりました。

はーぶは、元気にショーに参加するだけでなく、小さな親善大使の役目も果たしてくれたようです。

お疲れ様、はーぶ。
わが家のお留守番組もお疲れさま。
そして、そのお留守番組をお世話してくれていた、ここねさんご一家にあらためて感謝です。

ありがとうございました。




ページナビゲーション