ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Saturday, December 31, 2016

Luke of these days Part3 / ルークの近況 Part3

大晦日の今日、嬉しいお便りがまたひとつ届きました!

わが家から巣立った子達、お便りをいただけるだけで、本当に幸せな気持ちになります。
相手に優しくなれるのは、きっと十分に愛されているから、待つことができるから。
昔、子育てに関し自分の師から教わったことが、人間という枠のみの話ではないことを、あらためて感じました。


えんどう様
いかがお過ごしでしょうか。 
年末でももう少し早く近況をお知らせしようと思いつつ、今年も最後の日の夕方になってしました。
夏に私たちの家に新しい家族が増え、猫たちも人の赤ん坊を気にしつつ、環境の変化に慣れてきています。 
 
猫は各々、人の赤ちゃんに対する反応が異なり、それを観察するのも楽しいです。
ルークは子猫にするように自分の尾を振って、赤ちゃんを遊ばせようとしたりする一方、授乳しようとすると、先回りして授乳クッションを陣取っていたりします。 
 
どうしても赤ちゃんに大人の注意が集まりがちなので、猫たちに寂しい思いをさせないようにとは気にしていますが、ルークはそれでも甘え足りないのか、深夜はルークの時間とばかりにリビングのソファーで私を待っていて、大いに甘えます。
 
プティとルークの関係は変わらず、仲はよいのですが、プティの距離の取り方が近すぎると取っ組み合いになったりしています。また、ルークが急に(の様にみえる)、プティを追いかけて、運動会になったりしています。 
 
 
ルークの体調は落ち着いていて、今年は獣医さんにお世話になったのは2回だけで、体重もこれ以上は増やさないようにと言われている7kgを維持しています。
猫たちは子どものスペースで寛いでいることが多いので、やや単調な写真ですが、何枚か添付します。最初の一枚は赤ちゃんが家に来た日にベビーベッドのある部屋を観察する2匹です。
良いお年をお迎えください。

おまけ:

古い写真をFlickrから発掘したりしています。
下の写真は、ルーク(左)が生後7ヶ月の頃のもの。昔から甘えん坊な子でしたw
写真でグルーミングをしてくれているのは、一緒に生まれたグロリアです♪





Saturday, December 24, 2016

Koharu,Maggie & Ibuki's Diary Part 19 /心晴(こはる)君/マギー/柊季便り パート19




早いもので、もう2016年も終わろうとしています。

そんな中、心晴君、マギー姐さんと柊君のお家から新しい写真とお便りが届きました!



遅くなりましたが、柊季2歳のご報告です。体重は10kgを超えました!腕の太さからしてまだまだ大きくなりそうな気配です(汗)。 

大きくったって中身は子猫。マギーを母と慕って、彼女の後を付いて回ったり、グルーミングをおねだりしたり。ボール遊び、水遊びが大好きです。
人の髪の毛をかき回すのも大好きなので、トップスタイリスト、イブ先生であり、お客さんも大好きなので、おもてなし隊長でもあります。 
 
それでは素敵なクリスマスを!
そして良いお年を!


時間の経つのはあっという間です!w
こないだ生まれたと思った柊君ももう2歳!あの頃のあどけなさはどこへ行ったのか…w
お兄ちゃんの心晴君よりも重くなったとのこと。お出かけの際は大変なのではないかと思います。

赤い子は、やはり大きく育つのでしょうか?
パパのアルフォンスによく似た顔立ちになったようです。

生まれて二回目のクリスマス♪
心晴君、マギー姐さんと一緒に素敵なプレゼントをもらえるかな?

3にゃんとも、元気に素敵な年を迎えてね♪

T様、これからも重くなった子たちをよろしくお願いいたします!


追伸:柊君のママのシンディは、来年早々引退します。





Thursday, December 22, 2016

Be as you always: Verdandi 3 / ヴェルダンディの幸せ 3

 
こんばんは。
HP見させていただきました。
ヴェルが我が家に来てもぅ数日が経ちました。
毎日 私が出勤するときは素っ気ないヴェルも、私が帰宅すると「又 会えたね、嬉しいよ」っと全身で表現してくれます。 
 
夜は私が寝入るまでは添い寝してくれてるのに、私が寝たのを確認すると 何やら自分の時間を過ごしているようで、置いてある物の位置等が変わっていたりします(笑)
夜中目を覚ますと絶対ヴェルの姿が見当たりません。
でも名前を小声で口ずさんだだけで返事をしながら現れます。
本当に頭の良い子で何も教える事はなくご飯もトイレも直ぐに場所を覚えてくれました。
ご飯はロイヤルカナンのカリカリの他におやつも喜んで食べてくれます。
毎日 うんちもしっかりしてくれます。 
 
兎に角 ヴェルさんは元気にしてますよ。
私もこの出会いにとても感謝しています。
これからもヴェルさんとの思い出を沢山作りたいと思います。
又 時々 近況報告したいと思います。


おまけ:

風邪を引いて月曜から寝込んでいます…
いろいろなことが重なり、年末に来て疲れが出たようです…
寝正月にだけはならないようにしないと!

風邪やインフルエンザやら、ノロウィルスが猛威を振るっているようです。
どうぞ、皆様お体には十二分に気をつけて師走を乗り切ってください!







Tuesday, December 20, 2016

Be as you always: Verdandi 2 / ヴェルダンディの幸せ 2

ヴェルがお引越しした当日にママ様からまた新しいメールをいただきました!

大人だから、早く溶け込んだのか… 
いいえ、きっとヴェルが望んだから、瞬く間に新しいお家に馴染んだのだと想います。
わが家に居た時と変わらない表情… いいえ、それ以上にうっとしりし顔をしていますw



沢山 お写真頂きありがとうございます。
 

こうして写真だけ見ると、とてもクールビューティーなイメージなのですが…ピッタリ寄り添って甘えてきます( 〃▽〃) 

 

久々なモフモフ感にほっこり&うっとりしてしまいます。
しかし、独特な空気をまとっているベルさんです。

引っ越して初めての夜。 
元気で幸せそうに過ごしている姿を見ることとができ本当に安心しました。
今まで、いろいろガマンしてきたこともいっぱいあったと思います。
どうか、これからは思う存分甘えて楽しい猫生を送ってくれますように♪

幸せいっぱいのお便りをいただくと、こちらまで穏やかな気持ちになれて…
M様、ありがとうございます♪





Monday, December 12, 2016

Be as you always: Verdandi / ヴェルダンディのお引越し


わが家にずっと残ってもらっていたヴェルダンディ、今日新しいパパとママの元に巣立って行きました。


わが家に居る時は、いつも高いところから地上を見下ろしている感じでしたが…
寝る時だけは、いつもわれわれの間にいたヴェル…

新しいパパとママ、生活環境に早く慣れてくれるとは思うのですが。
午後にママが車で迎えに来てくださいました。キャリーではなく、新品の新しい大きな四角いテント! ピンクの蝶々の柄が一面に入ったお洒落なもの!
これからのヴェルのマダムな生活の始まりを予感させてくれる素敵なものでした!

今日はありがとうございましたm(__)m
茨城県のMです。
道中時々キャッキャッっと声を出してましたが、興奮したりうろうろすることなく無事に新居へ。
今は家中くまなく探検中ですが、いつの間にか置いておいたカリカリも食べたりしてました(笑)
今は頂いたベッドでゆっくりしてます。
今後も時々ベルさんの近況報告しますね(^w^) 
これからの同居生活、とても楽しみです。


拙ブログが取り持ってくれたご縁。
本当に感謝します。
頭が良くて、他のこより多少気持ちが繊細な分、KYな子達と居るのに大分我慢をさせ続けてしまったのだと思います。小柄な分、結構他の子がドスドスと彼女を跨いで通ったりして… 誰だって嫌と思う経験をきっといっぱいしてきたのではと…

でも、決して猫嫌いなわけでもなかったのです。 同じように優しい子達との時間はそれなりに過ごしていたから。24分の一の愛情から1分の2(ヴェル:パパとママ)の愛情へ。彼女は、やっと本当に欲しかったものを手に入れることができたのだと思います。

そういえば、生後3ヶ月でわが家に越してきてくれた時にも、物怖じせず初日から家に馴染んでくれた子でした。だから、新しいお家にもこんなに早く溶け込んでくれているようです。これが、大人猫の頼もしいところですね、きっと。

M様、どうぞこれからのヴェルをよろしくお願いします。
この出会いに繰り返し御礼もしあげます。

えんどうやすゆき、由加里



Wednesday, November 23, 2016

Last challenge in Hiroshima! TICA & NAG 5th -8th Show / 広島決戦!


10月最後のショートして、22、23日に開かれたNAGのキャットショーにマリアを連れて行ってきました。
これでもう終わり… ということで。
広島入りは21日。 元気なうちにどうしても行きたかった広島平和記念館に足を運ぶ予定での二泊三日の小旅行。
広島にはお昼頃に到着し、その足でまっすぐホテルに行くもチェックインの時間には早すぎて、そのままマリアをお供にとりあえずはコーヒーショップへ。
アイスコーヒーを飲んでいる途中で店内のお客さんの携帯が一斉に”キュルキュル”と鳴り始めその直後に地震が発生。コーヒーショップの入っていたビルは古く、1階とはいえ揺れが激しく、体感的には結構長く続いた感じでした。マリアをいかに守るかということと、自分の50数年分の一生をざっと振り返るには十分すぎるほど、揺れていた…そんな感じでした。

As the last show in Oct. we chose to attend TICA & NAG's 2 day show in Hiroshima (west part of Japan).
Well this will be the last show for Maria...
I moved to Hiroshima the day before the show so I can visit Hiroshima Peace Memorial Park. 2 nights, 3 days short trip.
I arrived at Hiroshima in the new and went to the hotel with Maria. But it was still too early to check in and had to take Maria with me to the park. The day was cloudy but the humidity was high so decide to take a coffee break at a small caffe next to the Hiroshima station.
While I was drinking the cold coffee, suddenly all the cell phones of the people in the cafe started to buzz! And after a second the whole building started to shake. I am not sure how long it lasted but the shake was enough hard and I the time was enough long for me to think about how to evacuate with Maria and think back about my memories of 57 years!...



曇天とはいえ、かなり蒸し暑い空気の中、重いリュックとこれまた重いマリアの入っているキャリーを担ぎ、いざ広島平和記念公園に。たぶん、マリアは猫で一緒に記念館を見学した経験を持つ数少ない猫のうちの1匹になるのではないかと。かなり混んでいる記念館の中を見学している間、終始沈黙を貫いてくれていました。(いろいろな思いが頭をよぎり、今だに気持ちを表しきれないので、いつか錯綜する思いの整理が着いたら広島に関しては別途に書きたいと思っています)

It was really a cloudy day and hot also. With my heavy loaded bag pack on my back and holding a carrier which Maria was inside, we finally reached the park. May be Maria is the only or only a few cat who entered the Memorial Museum. The museum was quite clouded with the tourist from overseas and atmosphere was heavy. She just kept silence while I was watching, luck that she was not covered. Thanks to her for being so patient for almost 2 hours...

**********************

さて、ショー初日はあいにくの霧雨模様。
会場までローカル電車を使うので、かなり早くに出発。運がよければ降りた駅で朝ごはん…などと考えていたのですが。駅を降りてから会場までの道10分たらずを迷子になって30分強歩く羽目にw 携帯のナビを使いながらこの体たらくwww 汗と雨で人間の方はかなりベトベトになってしまいました。

The first day of the show, it was raining.
Show hall was the place that I was never been so we left the hotel quite early. Early enough to have breakfast some where near the hall... Took a local train for about 20min. and from there it was only about 10 min. by walk. Used the navigation of my iPhone but got lost in someway! LOL finally took 30min. to arrive!  What a bad day to start off!!!


久ぶりに会う親戚猫さん達との再会に会場の写真を撮るのを忘れてしまいました。

さて、こちらすっかり美しさに磨きがかかったわが家出身のメインクーン。
さつまとアルフレッドの娘にして、もいら嬢の姉妹、ドロシーの姉、杏樹嬢!
杏樹のお引っ越し先のブリーダーさんのHPではよく写真を見ていたのですが、実物の迫力はそれ以上でした!
見事なフルコート!しっかりしたボディに長い尻尾。すっかり成熟した女子に変貌をとげていました。全体の感じは、ママのさつまによく似ています。

When the show begin, I notice some cat relatives in the hall.
I knew that Maria's aunt Ange is going to participate. She left our cattery when she was about 5 months old, to the breeder who is living in Hiroshima. I have seen many picture of her glowing up to a wild-beauty through the cattery's website. But real Popokilani Ange of Fairy Paw was more gorgeous than I expected!
She had rich full coat and looked like her mom Satusma very much. Very wild looking with very long body and tail. But most of her unique feature were her eyes. Very strong eyes that can nail a prey. LOL


目力も半端なく、わたしの大好きな顔は顕在でした!

The face and atmosphere I love was there!


そして、こちらが姪にあたるわが家のマリア。 マリアのママのもいら嬢の娘で、もいら嬢の嫁ぎ先からわが家に来てくれた子です。
このショーでTICAのグランド・チャンピオンのタイトルを獲得できたら、もう引退。最後のショーで泊まっていい思い出になれば十分。いい二日間でありますようにということで始まったショー。

And this is Maria. A niece to Ange. Ange is the litter mate of Maria's mom Moira.
Moira moved from us to a cattery and her daughter came to us. May be the most similar part is "Eyes". Felt like it is is easy to stake that they are close relatives.
We were hoping for Maria to get 3 more finals and become TICA GRC at this show. If she can this will be her last show. Sure will be a fun 2 days with Maria, Ange and her owners.


ショーにはなんと5年以上前にわが家から他のブリーダーに行ったルヤ君の孫猫の男の子も。 孫の世代になると面影も消えてしまいがちですが、若い頃のルヤ君を彷彿させてくれるお顔でした。

会場は広島ペット博の中に設けられていて、かなり賑やかで、この写真は彼が驚いて怖がらないようにディレクターの大泉ジャッジがしっかり抱きしめているところです。

There at the show, I happened to meet another relative of ours. It was the grand son of our Ruya. Red Classic boy Ruya moved to another cattery more than 5 years ago. Well it is often hard to find some similar features in the grand children but the boy reminded me of Ruya quite a lot.

The show was held as part of the Pet Expo, so was really lively. This photo showing Ms. Oizumi holding the boy not to become intimidate.


会場内のワンさん、お願いして写真を撮らせていただきました。この横で、キャットショーを開催しているわけですが、猫も犬もお互いわれ関せず。「ペット博でのショーでは猫はおびえるのでは?」という心配はあまりしなくて大丈夫なようです。きっとお互い相手のテリトリーには踏み込まないとう、暗黙のルールがあるのではないかと。

A cheerful dog I met at the exhibition. Next to him, the cat show was held. It looked like both cats and dogs had no interest about others business! LOL There must be some kind of a rule that only they themselves agree...



お昼のお弁当。マリアと向かい合わせ。 こういう時は必ず中身をcの匂いをチェックされますw 「見るだけ」、「嗅ぐだけ」!いつも自分だけ色とりどりのものを食べて申し訳ない気がするのですが…

Lunch time!  Face to Face with Maria. She always loves to check what humans eats! LOL Only to "see" and "smell" is what she can do and every time I feel a bit guilty enjoining colorful and yummy "Bento"! ...


と、思いきや!
よほど沢庵が気になったようで、すかさず手を出して来ました!w
そういえば、いつもはマイケージ(自家用テント)を使用していて、前面がメッシュ仕様なので手が出しようがなかったのだということに気づかされました! ケージを借りたから出せた手! マリア、ずっとこの時を待っていたのかも知れませんw

But this time...!
She was so much interested with the yellow Takuan (Japanese pickles) and try to taste it! LOL
Usually we use our own tent but at Hiroshima we rented a cage and there was enough space for her to reach out and try to grab! May be she was waiting for this day!!!!


さて、また審査に戻って、浜野ジャッジの審査を受ける杏樹嬢。この睥睨するような姿勢!w 何者にも媚びない、恐れないという感じの姿勢。誰から受け継いだのでしょうか? 家では相当な甘えん坊さんのようですが、ショーでは全く違った一面を見せてくれるのが楽しいところ。 


Back to the show again! This is Ange being judged by Ms. Hamano. She was like a Queen watching out her people. LOL Never flatter, never fear. From who did she learned this kind of attitude? At her own place, she is just a girl who loves to cuddle all day... What a difference! LOL


ギャラリーの方たちにメインクーンの特徴を説明する横山ジャッジ。
猫の説明がしっかり出来るのもペット博ならではかもしれません。東京のショーだと、見学の方はあまりいらっしゃらず、またリング数も多いので、どうしても時間を節約することが多いようです。

This is Ms. Yokoyama with Maria explaining about MC to the spectators from the Judging ring. It is always nice to introduce the breed like this. Shows in Tokyo area,we do not have so much spectators and also because of luck of time, there aren't so much chance to have a moment like this.



二日間のショーも無事に終わり、マリアは12リング中10リングでファイナルに残りました。目標のGRCを超えてQGCに必要なリボンの数を得ることができました! うれしい誤算ではありますが、問題はポイント。4,000点以上獲得していないと、QGCのタイトルは確定しません。「もう今回で引退」と伝えていたのに、どうしよう。 嫌な予感で、4,000点に少し足りないような気がします。もし、タイトルを確定できれば、ママのもいら嬢と並ぶのですが。
まあ、とりあえずは、TGCは確定です。後はTICA本部の公式発表を待つことにして。それから、ゆっくりマリアと相談してと考えることにしました。

NAGキャットクラブの皆様、ジャッジの先生方、そして大変お世話になった杏樹のパパ、ママ、楽しい時間をありがとうございました。
また、ショーで一緒の時間を過ごさせていただいた出陳者の皆様、ありがとうございました。

2 days show ended with so much fun. Ate lots of nice and yummy food in Hiroshima. Mari won 10 finals out of 12 rings. She achieved GRC and more. She now can be QGC if she got enough points! Very happy result for us. Well I told her that this is her last show and now just crossing my fingers that she has more than 4,000 points. Well but it looks like she needs some more points... If she can get the QGC, she can become same as her mom got.
In anyways, one thing that is sure is she is now TGC.  Feel like need to ask Maria about attending one more...

Many thanks to the NAG Club for holding this show, many thanks the Judges, and also to Ange's dad and mom for their hospitality. Appreciate fun time with all the attendants at the show!

Thank you Hiroshima!




Saturday, November 5, 2016

Challenger... TICA & FCJ Cat Show / FCJショーでしぶとく頑張る...


続く10月の15日に、再びマリアを連れてショーに言ってきました。
これで、今回もファイナルに入れなかったらそれでショーからは引退でもいいかなと…
”背水の陣”の気持ちと、まだ可能性が全くわけではないという気持ちに揺れ動きながらの参加でした。
マリアの最後のショーにするかもしれないので本来はピカピカにグルーミングして連れて行くべきところ、諸般の事情によりシャンプーもせずに… マリアが綺麗に仕上がっていないのは私の責任なので、それは全部一手に自分が責任を負えばいい。悪いのはマリアではないのだから…
もしかして、ショーからの引退の動機付けを無意識に探していたのかもしれません。

で、今回はマリアひとりを連れて行けば良かったのですが、家で暇そうにしているお嬢さんも出してみようと思い立ち、あいりすも道連れにしてしまいましたw

On 15th of Oct. I again took Maria to the show with Red Iris.
If Maria does not get any finals, this will be the end...

Feeling like it's the end of the rope... or should give another try?
In anyways, this show may become the very last one to attend so should had to groom her more than usual, but didn't...  May be I was looking for an excuse to have her retire from the show.

On the other hand, wanting to have some thing fun part, I decided to take Red Iris who looked very boring.


生後5ヶ月のあいりす。まだ怖いもの知らず。
果敢に”何にでも挑戦してみよう!”ということで、実に楽しそうにショーに参加していました。

Just 5 months old Iris was a very brave girl! LOL Nothing to fear and was a challenger! LOL


あいりす、終始ご機嫌だったので福田さんご夫妻に写真も撮っていただきました。あいりすのプロショットはこちら
パパのあかたすと、Amangroupのジャスミン嬢の良いところをいっぱい受け継いだお嬢さんです。今のところ、わが家で一番顔が長い女の子w 最先端の顔かもしれません。

Iris was enjoining the show very much, so we deicide to have a photo session of T. Fukuda. You can check her photos form here.  She looks like her father Albert so much with the blend of her mom, Aman Group Jasmine of Cat Reine. She may be the very one who has the longest face in our cattery, which is the most modern type.


そして、こちらがマリア。この日はショーのマスタークラークを担当していたので、まりあとあいりすの写真は殆ど撮っていません…

なので、書ける記事もここまで。

そして、結果は冒頭の写真のようにあいりすが10リング中7リングでファイナル・イン。キツンの数も少なかったとはいえ、嬉しいデビューです。
でまりあは、ファイナルに二つ残していただけました! 素直に嬉しい!
ごれで、グランド・チャンピオンの規定の6本の半分を獲得しました。この規定の6本が大変。 でも、ここまで来たならもう申し込みを済ませた広島のショーに行かなければ!

こうして、しぶとくわれわれの(人間側の)挑戦が続くこととなりました。

And this is Maria at Ms. Oizumi's ring. I was working as a Master Clerk at the show and didn't have so much chance to take photos.

And for so, think there is no more I can write for this time.

The result of this time was: Iris got 7 finals out of 10. A very good result for the debut even there were not so many kittens. Yes very happy that she did so well.
Maria got 2 finals and we are also very happy with this result! Now she has cleared half of the way to TICA GRC. To have total 6 finals to become GRC is one of the hard task especially when there are big boys. Well would like keep on going and attend the next 2 days show to be held in Hiroshima! Challenger!... Maria... no, may be we humans are the challenger... have to ask for the permission from Maria if she really is OK to go or not... Always, cats must be first...


オーナー馬鹿ではありますが、最後にもう一回、まりあの結果を載せます。
まりあ、頑張ったね。 そして、アイリス無事のデビューおめでとう!

Well sorry, but I can't help myself uploading another photo of Rosettas.
Maria, you did it! And Iris, congrats for the wonderful debut show!









Wednesday, November 2, 2016

TICA CH Catreine Red Iris of Popokilani


DOB: 05/07/2016
父:TICA IW SGC  ポポキラニ アルバート/ Sire: TICA IW SGC Popokilani Albert
母:アマングループ ジャスミン オブ  キャトレーヌ / Dam: Amangroup Jasmine of Catreine
カラー:レッドクラシックタビー / Red Classic Tabby


Monday, October 31, 2016

To be... or not to be... @ TICA & WTCC Show / 進むか… 引くか… WTCC キャットショー


10月の8日と9日に行われたWTCCの2デーショーには、わが家から三頭の猫達がショーに参加しました。 えんどうと二人掛かりとはいえ、これはかなり体力的には無謀な挑戦でした…

We took our 3 girls to the TICA & Tokyo West Cat Club Show on Oct. 8th and 9th.
Even being with Yasuyuki it was really tough idea taking 1 t and 2 kittens.


チャンピオンシップには、苦戦を強いられているマリア。
キツンクラスには、新顔のジェシカとブリティッシュ・ショートヘアーのヴィクトリア。
目的の一つは哲さんの写真!
マリアはともかくとして、まだ幼いジェシカとヴィクトリアは長丁場の二日間無事に参加できるのか…

Maria, attended the CH class, which she and we are struggling to win the finals.
For kitten class we took Jessica and Victoria Blue. Victoria (British Short Hair) is our second short hair kitten. Can the kittens survive the  days show...? Who knows, nobody knows! LOL


10月はハロウィンの季節ということで、ジャッジ台や周りの飾りつけはオレンジと黒にまとめられていました。

The show hall was decorated with Halloween goods and props! Orange and black!


手前の猫の絵の着いている茶色い袋はコーヒだそうです。 可愛いw

The brown packages with cats drawing are coffee powder.  Was really cute!


そしてこちらは、始まる前から斜に構えているマリアw
お供がふたりもいるので、いつもと違う雰囲気に警戒しているのか…

This is the photo of Maria with cynical attitude!
Because 2 little ones were with her... I guess...


ショー会場にはいろいろな気配りがされていて、マスタークラークの席も一目でわかる。 これは中々いいアイディアでした!

So many wonderful props were prepared for the show.
One of the props that I liked is the name stand of the "Master Clerk".
Not every one is familiar with the staff, so it is nice to know who is in charge of what.





で、こちらはキツンクラスのジェシカ嬢。
哲さんに写真を撮っていただくためにショーに初参加。

This is Jessica. The very first for her to attend.
Joined to have a photo session with Hioko and Tetsu Yamazaki.


なかなかどうして、度胸が座っているようですw
田崎ジャッジのリングで遊んでいただいて、かなりご満悦な様子!
尻尾も丸まらずに、堂々としたポーズ。

It was fun to watch her on the ring. Even this was her debut, she was rave and curious enough to play with the judges.


そして、わが家の短毛さんを代表してヴィクトリア嬢。
まだまだ小柄ではありますが、落ち着きと風格は大人に匹敵するものがあります。
加藤ジャッジに抱かれて、リング後ろの控えケージに戻る際の顔は真剣そのもの。
それもそのはず、ショー経験がないのでこれからどうなるのか予測がつかない状態。内心はドキドキだったと想います。

And this is Victoria Blue.
She is so different form our MC members. Very prudent and never take actions till she understands what is going on! LOL There is a saying "Curiosity killed the cat" but she is cleve enough to control her curiosity. So her show experience was quite confusing for her I guess... She did not have a chance to overlook as she was the star when she was on the judging table!
The photo shows how much she was confused in the arms of Ms. Kato! and I really love her expression. LOL


服部ジャッジにむぎゅーっとされて横顔のチェック。
嫌がることもなく、じっとしていました。 最近は、種を超えてさつまやドロシーに甘えるようになり、それがいい結果に結びついているようです。 やはり、”仲間”関係を築けるのは良いこと。

Being checked by Mr. Hattori.
I think she was just enduring this situation... One of the reason she was allowing this situation was that she believes no one is going to hurt her.

She has built a very good relationship with our MC members. She is really well attached with our Satsuma and Dorothy these days. Loves to be with them. "Good relationship makes things more fun" is what she leaned from them.


土居ジャッジのリングでのマリア。
きりりとしていい表情を見せてくれています。やんちゃ娘は、いつのまにか大人に近づいていました。

Maria striking a pose and glaring at the audience at Ms. Doi's ring.
Now she looks more like an grown-up girl. Kitten days seems to vanish away.



鶴岡ジャッジと目で会話をすしているような一枚。
お互いにしかわからない特別の言葉で意思の疎通を図っているかのよう。
マリアの横顔に満面の笑みが浮かんでいるようで、私に撮ってはこの日一番の写真となりました。

Ms. Tsuruoka and Maria looking at each other and talking by their original language. Looks like Maria smiling too.
This is one of the "best show of today!"


バタバタし通しの二日間。
終わってみれば、ジェシカは12リング中、4つのリングに残り、ヴィクトリアは一つのファイナルをゲット。

マリアはと言うと… ファイナル無し。
キツンの時は結構ファイナルに残っていたのに、これがチャンピオンクラスの厳しさ…
チャンピオンのタイトルも前回のショーで獲得したし、これで終わりにしようか…
でも、もう少し上のタイトルを狙える子だと思うし…

進むべきか… 引くべきか…
ハムレットのような気持ちに心が染まった二日目の夜でした。

さあ! どうする私!?

2 days show passed quickly.
The result was... Jessica got 4 finals out of 12 ring, Victoria Blue got one.
And... Maria got.... none! WOW orz
Maria got enough finals when she was at Kitten Class but CH Class is really tough... She became CH at the previous show so may be it should be enough. But I personally believe she can get a bit more higher title (if we are lucky enough).

Should we finish... or should we challenge a bit more?...

" TO BE..., or NOT TO BE" that is the question...
The evening after the show, the monologue of Hamlet was haunting me...

So! What should be my answer!!!? LOL







ページナビゲーション