ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Saturday, March 5, 2016

Hayate’s Dirary Part 2! / 疾風君だより!Part 2



久しぶりのうれしいお便り!

I 様宅にお引越しした疾風少年(はやて)君。
2014年7月生まれなので、早いものでもう1歳8ヶ月。
すっかり大きくなって若武者のようになった写真と近況が今日届きました!


遠藤ご夫妻さま
こんにちは。お久しぶりです。
春めいてきましたがお変わりないでしょうか。
疾風少年が我が家に来て昨日で1年を迎えました。
ショーネンは相変わらず、元気いっぱいでいつも楽しい事を探したり、遊んだりしてエネルギッシュに活動しています。
アクティブなので、肉球は触るといつでもホカホカしていて、耳の後ろに汗をかいているのを見ると心のうちで「やっぱりね」っと苦笑しています。
そんなに食っちゃ寝しないので体脂肪率一桁台なのではないか?と思えるぐらいお腹がスリムで長く、捕まえようとするとスルリと交わすので皆に「うなぎ猫」認定されています。
また、すぐに毛だマリモができるのでブラッシングと脇毛やお尻周りの毛の手入れ(バリカン)は冬でも欠かせません。

先住猫の気難しいオレオ(お姉ちゃんです)も最近は一緒に遊び、特に段ボールハウスにどちらかが入ってもぐら叩きごっこをして遊ぶ遊びに夢中です。
時々やりすぎて猛烈に怒られていることもあります。
2匹の関係は、一緒に遊ぶことはあるけれど、仲良しではなく、かといって不仲でもない、不思議な関係で、どちらかが何かをやっていると慌てて見に行ったり、一緒に参加したり、と一定の距離を保ちながら共同生活を送っている感じです。
家族皆で、少しずつ距離が縮まると良いな、と思いながら見守っています。

唯一、困ったことに、疾風は早起きで、早いと朝の4時半とか、5時から活動し、寝ていると布団をガシガシ掘るので、寝室から退場してもらうのですが、出されると中に入れろ!とドアを掻いて騒ぐので皆少々寝不足気味です。
もう少し長く寝てくれると良いのに、と落ち着くのを待っている日々です。
ショーネンが来て以来、にぎやかで愉快な時間を過ごせています。
特に簡素な会話になりがちな大学生の子供との関係を円滑にしてくれる大事な存在です。
いつも我が家に来てくれて良かったね、と話しています。
簡単な近況報告ですが、写真を添えて送ります。
また、折を見て報告させいただきますね。
気温の寒暖差のある、体調を崩しやすい時期ですが、お身体を大事にしながらお過ごし下さい。

No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション