ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Saturday, December 31, 2016

Luke of these days Part3 / ルークの近況 Part3

大晦日の今日、嬉しいお便りがまたひとつ届きました!

わが家から巣立った子達、お便りをいただけるだけで、本当に幸せな気持ちになります。
相手に優しくなれるのは、きっと十分に愛されているから、待つことができるから。
昔、子育てに関し自分の師から教わったことが、人間という枠のみの話ではないことを、あらためて感じました。


えんどう様
いかがお過ごしでしょうか。 
年末でももう少し早く近況をお知らせしようと思いつつ、今年も最後の日の夕方になってしました。
夏に私たちの家に新しい家族が増え、猫たちも人の赤ん坊を気にしつつ、環境の変化に慣れてきています。 
 
猫は各々、人の赤ちゃんに対する反応が異なり、それを観察するのも楽しいです。
ルークは子猫にするように自分の尾を振って、赤ちゃんを遊ばせようとしたりする一方、授乳しようとすると、先回りして授乳クッションを陣取っていたりします。 
 
どうしても赤ちゃんに大人の注意が集まりがちなので、猫たちに寂しい思いをさせないようにとは気にしていますが、ルークはそれでも甘え足りないのか、深夜はルークの時間とばかりにリビングのソファーで私を待っていて、大いに甘えます。
 
プティとルークの関係は変わらず、仲はよいのですが、プティの距離の取り方が近すぎると取っ組み合いになったりしています。また、ルークが急に(の様にみえる)、プティを追いかけて、運動会になったりしています。 
 
 
ルークの体調は落ち着いていて、今年は獣医さんにお世話になったのは2回だけで、体重もこれ以上は増やさないようにと言われている7kgを維持しています。
猫たちは子どものスペースで寛いでいることが多いので、やや単調な写真ですが、何枚か添付します。最初の一枚は赤ちゃんが家に来た日にベビーベッドのある部屋を観察する2匹です。
良いお年をお迎えください。

おまけ:

古い写真をFlickrから発掘したりしています。
下の写真は、ルーク(左)が生後7ヶ月の頃のもの。昔から甘えん坊な子でしたw
写真でグルーミングをしてくれているのは、一緒に生まれたグロリアです♪





Saturday, December 24, 2016

Koharu,Maggie & Ibuki's Diary Part 19 /心晴(こはる)君/マギー/柊季便り パート19




早いもので、もう2016年も終わろうとしています。

そんな中、心晴君、マギー姐さんと柊君のお家から新しい写真とお便りが届きました!



遅くなりましたが、柊季2歳のご報告です。体重は10kgを超えました!腕の太さからしてまだまだ大きくなりそうな気配です(汗)。 

大きくったって中身は子猫。マギーを母と慕って、彼女の後を付いて回ったり、グルーミングをおねだりしたり。ボール遊び、水遊びが大好きです。
人の髪の毛をかき回すのも大好きなので、トップスタイリスト、イブ先生であり、お客さんも大好きなので、おもてなし隊長でもあります。 
 
それでは素敵なクリスマスを!
そして良いお年を!


時間の経つのはあっという間です!w
こないだ生まれたと思った柊君ももう2歳!あの頃のあどけなさはどこへ行ったのか…w
お兄ちゃんの心晴君よりも重くなったとのこと。お出かけの際は大変なのではないかと思います。

赤い子は、やはり大きく育つのでしょうか?
パパのアルフォンスによく似た顔立ちになったようです。

生まれて二回目のクリスマス♪
心晴君、マギー姐さんと一緒に素敵なプレゼントをもらえるかな?

3にゃんとも、元気に素敵な年を迎えてね♪

T様、これからも重くなった子たちをよろしくお願いいたします!


追伸:柊君のママのシンディは、来年早々引退します。





Thursday, December 22, 2016

Be as you always: Verdandi 3 / ヴェルダンディの幸せ 3

 
こんばんは。
HP見させていただきました。
ヴェルが我が家に来てもぅ数日が経ちました。
毎日 私が出勤するときは素っ気ないヴェルも、私が帰宅すると「又 会えたね、嬉しいよ」っと全身で表現してくれます。 
 
夜は私が寝入るまでは添い寝してくれてるのに、私が寝たのを確認すると 何やら自分の時間を過ごしているようで、置いてある物の位置等が変わっていたりします(笑)
夜中目を覚ますと絶対ヴェルの姿が見当たりません。
でも名前を小声で口ずさんだだけで返事をしながら現れます。
本当に頭の良い子で何も教える事はなくご飯もトイレも直ぐに場所を覚えてくれました。
ご飯はロイヤルカナンのカリカリの他におやつも喜んで食べてくれます。
毎日 うんちもしっかりしてくれます。 
 
兎に角 ヴェルさんは元気にしてますよ。
私もこの出会いにとても感謝しています。
これからもヴェルさんとの思い出を沢山作りたいと思います。
又 時々 近況報告したいと思います。


おまけ:

風邪を引いて月曜から寝込んでいます…
いろいろなことが重なり、年末に来て疲れが出たようです…
寝正月にだけはならないようにしないと!

風邪やインフルエンザやら、ノロウィルスが猛威を振るっているようです。
どうぞ、皆様お体には十二分に気をつけて師走を乗り切ってください!







Tuesday, December 20, 2016

Be as you always: Verdandi 2 / ヴェルダンディの幸せ 2

ヴェルがお引越しした当日にママ様からまた新しいメールをいただきました!

大人だから、早く溶け込んだのか… 
いいえ、きっとヴェルが望んだから、瞬く間に新しいお家に馴染んだのだと想います。
わが家に居た時と変わらない表情… いいえ、それ以上にうっとしりし顔をしていますw



沢山 お写真頂きありがとうございます。
 

こうして写真だけ見ると、とてもクールビューティーなイメージなのですが…ピッタリ寄り添って甘えてきます( 〃▽〃) 

 

久々なモフモフ感にほっこり&うっとりしてしまいます。
しかし、独特な空気をまとっているベルさんです。

引っ越して初めての夜。 
元気で幸せそうに過ごしている姿を見ることとができ本当に安心しました。
今まで、いろいろガマンしてきたこともいっぱいあったと思います。
どうか、これからは思う存分甘えて楽しい猫生を送ってくれますように♪

幸せいっぱいのお便りをいただくと、こちらまで穏やかな気持ちになれて…
M様、ありがとうございます♪





Monday, December 12, 2016

Be as you always: Verdandi / ヴェルダンディのお引越し


わが家にずっと残ってもらっていたヴェルダンディ、今日新しいパパとママの元に巣立って行きました。


わが家に居る時は、いつも高いところから地上を見下ろしている感じでしたが…
寝る時だけは、いつもわれわれの間にいたヴェル…

新しいパパとママ、生活環境に早く慣れてくれるとは思うのですが。
午後にママが車で迎えに来てくださいました。キャリーではなく、新品の新しい大きな四角いテント! ピンクの蝶々の柄が一面に入ったお洒落なもの!
これからのヴェルのマダムな生活の始まりを予感させてくれる素敵なものでした!

今日はありがとうございましたm(__)m
茨城県のMです。
道中時々キャッキャッっと声を出してましたが、興奮したりうろうろすることなく無事に新居へ。
今は家中くまなく探検中ですが、いつの間にか置いておいたカリカリも食べたりしてました(笑)
今は頂いたベッドでゆっくりしてます。
今後も時々ベルさんの近況報告しますね(^w^) 
これからの同居生活、とても楽しみです。


拙ブログが取り持ってくれたご縁。
本当に感謝します。
頭が良くて、他のこより多少気持ちが繊細な分、KYな子達と居るのに大分我慢をさせ続けてしまったのだと思います。小柄な分、結構他の子がドスドスと彼女を跨いで通ったりして… 誰だって嫌と思う経験をきっといっぱいしてきたのではと…

でも、決して猫嫌いなわけでもなかったのです。 同じように優しい子達との時間はそれなりに過ごしていたから。24分の一の愛情から1分の2(ヴェル:パパとママ)の愛情へ。彼女は、やっと本当に欲しかったものを手に入れることができたのだと思います。

そういえば、生後3ヶ月でわが家に越してきてくれた時にも、物怖じせず初日から家に馴染んでくれた子でした。だから、新しいお家にもこんなに早く溶け込んでくれているようです。これが、大人猫の頼もしいところですね、きっと。

M様、どうぞこれからのヴェルをよろしくお願いします。
この出会いに繰り返し御礼もしあげます。

えんどうやすゆき、由加里



ページナビゲーション