ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Monday, April 16, 2018

Jessica and Oscer's 1st litter / ジェシカとオスカーの子供達


ショーナンキャッツからお嫁入りしたジェシカとCoonAmorから来たオスカーとの間に3/16にブラック&ホワイトの子猫たちが生まれました。
性別は多分ふたりとも女子だと思うのですが… 1回目の予防接種の時にはっきりさせたいと思っています。
今日で生後30日となりますが、いやはや活発で、一時もじっとしていませんw
おまけに、黒と白のコントラストがはっきりしているので、写真が撮りにくい…
心晴くんと言うブラック&ホワイトの男の子以来なので、数年ぶりのソリッド誕生です。


Shonan Cats Jessica of Popokilani and CoonAmor Oscar of Popokilani welcomed their proud babies on March 16th.
as you see they are Black & white, a very deep black babies. They are now 30 days old and already running around the room. They both seem to be girls but would like to wait till they get their first vaccination.
It's a quite a while since we had black & white again and I am already feeling the difficulty of taking photos of them! LOL


こちらが仮名”タックス”。
白色の部分は下顎から始まっています。手の白い部分は均等な長さ。好奇心旺盛で今日ママの食べているフードにトライし始めました !(わが家での離乳食の開始は通常生後5週間ごろからなのですが、興味を持ってくれることはありがたいことです)

This is "Tax". Her/His white starts from the under part of the chin.
Is a challenger and from today, Tax started to eat baby food! (Usually we start giving the baby food from at least 5 weeks but it is nice to show the interest anyway)





そして、こちらが”チョビ”。
名前が示す通り、小さなちょび髭(あるいはリボン?)のような白い色が入っています。
こちらも冒険好きなようで、育児室の中をあちこち探検しまくっています。

And this is "Chobi". Chobi means  "short" or "a bit". Chobi's white part in the face remind me the short mustache of Charlie Chaplin. She is also an adventurer and always running around.    


この写真ではわからないのですが、チョビの手の白い部分は長さが違い、ちょっと片方の手袋が長めのくしゃくしゃっとした感じ。初めて気が付いた時に、少し前の女子高生のルーズソックスを思い出してしまいましたw

Her white socks of the front legs are not the same length. One has about double length and that makes her look more charming. Like waring a different pair of white socks! LOL



日々探検かプロレスか!?と言うぐらい、楽しい時間を過ごしているようです。
一体、いつ寝ているのやら…

We are sure that they really enjoying each day discovering something new or doing wrestling. Wonder when do they sleep...




ビロードのような手触りと、黒と白のコントラストがはっきりしたやんちゃな子達です。
ご興味がある方は、こちらのフォームからご連絡ください。

They are fur balls with a touch of velvet with very beautiful black and white contrast. If you are interested, please contact from our form.



Thursday, April 5, 2018

Iris and Jacob's 1st litter / アイリスとジェイクの子供たち


2月24日に、アイリスが初めてママになりました。パパはショーナンキャッツのジェイクです。
レッドの男の子二匹と、ブラウントービーの女の子。今日で生後40日になりました!

On Feb. 24th, Red Iris became a mother. Sire is Shonancats Jacob of Popokilani.
2 Red Classic Tabby and one BrownClassic Torbie. They are now 40 days old.


三匹は大の仲良しで、最近はプロレスごっこに明け暮れています。
お昼寝も、いつも一緒w

The three are really kind of a team. Always playing to gather and wrestling seems to be the most favorite of today.


こちらが一番大きい仮名ポテトチ君。 体が一番大きい事もあるのか、とてもおっとりした性格のようです。

This is "Potechi (Potato-chip)". The largest of the litter. He is really a laidback boy. Has a very nice profile and strong muzzle.




そして、こちらが仮名カウチ君。
生まれてしばらくは、三匹の中で一番小柄でしたが、生後3週間を過ぎた頃からポテチと体重が変わらなくなってきました。やはり、レッドの子は大きくなる傾向にあるのかな?

And this is "Couch".
He was the smallest for a while but after 3 weeks old he started to grew rapidly and now almost sam as Potechi. Looks like red boys becomes big. LOL




そして、こちらが紅一点の仮名イライザ。
ポテチとカウチに対して何故にイザベラ… 仮名とはいえ、名前のつけ方に脈絡無さ過ぎ…の感ありですが、名無しのままよりは良いかも…

This is the only girl "Eliza".
Boys names are from "Couch Potato"... I don't know from where the name "Eliza" comes from...  anyway it will be better than having no-name!


ママに甘えるのが大好きなくせに、ママにお世話されるのは嫌なようですw
トービーだけど、赤い色は少なめな感じ。

She loves to cuddle with mom but doesn't want to be treated as a baby.
She is a torbie but not so much red he has,



そして、ママのアイリス。
最近は、呼べど叫べど子供たちが中々集まらないのが寂しいようで、ロフトの上から子供達を眺めていることが多くなりました。
子供が成長していくのは、嬉しくもあり反面寂しい物でもあるようです。

This last photo is Red Iris.
These days she is quite much ignored by her babies. Trying to gather them but calling seems not working.  Poor mom... LOL
In this photo, she is sitting at the loft and watching her precious ones.  Looks like bit lonesome but this means that her babies are growing as they should be. 


この子たちに興味のある方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

If you have interest with these kittens, please contact us from our form.







Tuesday, March 27, 2018

Dorothy & Oscar's Babies / ドロシーとオスカーの子供たち


2月5日にドロシーが2回目のお産をしました。
パパは、オスカー。はるばるカナダから来日してめでたく二児の父になりました。
子供達のカラーは、ブルー・クラシック・トービーとブラウン・クラシック・トービー。
おっぱいが十分に足りているようで、ムチムチ、プリプリに育っていますw


On Feb. 5th, Dorothy deliver her 2nd litter. Sire is CoonAmor Oscar. Oscar has moved to Japan from Canada last July.

The color of the kittens are Blue Classic Torbie and Brown Classic Torbie. Looks like they are drinking enough and now almost1kg at 49 days old.

ふたり共、今日で生後49日になりました。
昼寝のあとなので、顔が少しブンむくれた(?)ようになっていますが、美人さんになってきました。

こちらが、ブルーの仮名花ちゃん♪

This is Blue girl  "Hana".





そしてこちらが、サラちゃん♪

And Sara.





もう少し小さかったころの写真です♪

Following photos are taken when they were a bit younger. 








ママのドロシー。2回目のママ業もパーフェクトにこなしています。

And this is Dorothy. A really perfect mom again.


パパの写真は撮りそびれているので、こちらを見てやってください。

Didn't had a chance to take some new photos of Oscar so please refer from here.





Wednesday, March 14, 2018

To whom that use the airfreight with there pets / ペットと旅行する方へ!

アメリカでの話です。
投稿した方が実際に昨日(23時間前)体験したようです。

以下訳(訳の内容に間違いがあれば、私の責任です)
尚、搭乗機であったユナイテッド・エアラインズのコメントは掲載されていないようなので、先方のコメントはありません。

<大事なこと>
この記事をシェアしたのは、動物と飛行機に乗る際に気をつけるべきことの一つとしてであり、悲しい思いをされている家族を批判したり、航空会社を糾弾したいと思ったからではありません。
事が起きてしまってから「あの時”ノー!”と言えば良かった」と言う思いをしないために掲載するべきだと思いました。

ですから、亡くなったワンちゃんに対して御家族や航空会社を”呪う”ようなコメントは一切お断りです。

日本の航空会社では、ペットは基本貨物室です。海外では貨物室に於ける事故の発生率が高いと言う認識のもと、かなりの数の航空会社が手荷物としてペットをキャビンに連れ込む体制を取っています。(目的地により不可の場合もありますが)

そんな中で起こった思いがけない悲劇。どうぞ、海外旅行に動物を同伴される方はこのようなケースもある事を意識しておいてください。

※ 以下が訳分となります。

This is the article posted on FB.
I am sharing this on our Cattery Blog.

Please this is not for the propose to accuse some on or the airline company.
Who can say "It won't happen on me!"
We must not happen this kind of tragedy and have to be strong and brave enough to say "NO!" to protect our loving ones.

 

                                          -/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

今日、私は初めてユナイテッド航空に乗りました。

搭乗に向かう途中で私の可愛いいウィンストンとそっくりなFrenchie(フレンチ・ブル)を見かけました。
そのフレンチ・ブルは家族と思われる人達といっしょでした、8歳ぐらいの女の子と、その子の弟と思われる幼い子と、彼らの母 ― とともにいました。
彼は、子供達とともに成長し、学び、泣いて、彼らの毛むくじゃらの友達になるはずでした。
彼の人生は長く、犬だけが届けられる特別な喜びでその家族の毎日を満たしてくれるはずでした。

私はこの3人の後に座り、自分はなんて運が良いんだろうと考えていました-子犬の近くに座れる事を運が悪いなんて思う人はいないのではないでしょうか?
しかしUA1284便のフライト・アテンダント達は、無垢な動物はが空気と水のない状態の座席の上の収納スペースに収納する方が良いと感じたようです。
彼らは子犬を空気の流れない収納スペースに3時間閉じ込める事をを強く主張しました。
うんざりした感じで、家族のペットの安全を保証し、母親は同意しました。

到着して彼のキャリーを開けても犬には動きがありませんでした。
家族が彼の名前を呼んでも何の反応もありませんでした。
私は母親から赤ん坊を預かり、母親は10ヵ月の子犬の蘇生を試みました。
3分後には子犬の命のない体の上にすすり泣きが起こり、私も一緒に涙しました。
彼が亡くなったことを理解た時、私の心も折れてしまいました。

飛行機での旅行はペットにはリスクを伴うものであり、特に短頭の種類ーパグやブルドック(短い鼻腔は、酸欠と熱射病になりやすいーとアメリカのの愛護協会は言っています。
この小さい子は彼の人生のために戦いました。息が続く限りわれわれが飛行を叫び声で満たしながら。
ユナイテッド航空は、彼らの毛皮に包まれた旅行者の安全は気にかけません。
この家族は、彼らのペットが目の前で殺されるために125ドルを払いました。
この家族が苦しんでいる痛みに対する言い訳は許されません。

今日、私はユナイテッド航空での最後のフライトに乗り込みました。

R.I.P Papacito


Today, I boarded my first United Airlines flight.

On my way, I saw a Frenchie that looked identical to my own precious Winston. He was with his family - a young girl, no older than 8, her toddler sibling and their mother. He was meant to grow, learn, cry, play with those young children and be their furry friend. He was meant to live a long life filling that family's days with that special joy that only a dog can bring.

I sat behind the family of three and thought myself lucky - who doesn't when they get to sit near a puppy? However, the flight attendants of flight UA1284 felt that the innocent animal was better off crammed inside the overhead container without air and water. They INSISTED that the puppy be locked up for three hours without any kind of airflow. They assured the safety of the family's pet so wearily, the mother agreed.

There was no sound as we landed and opened his kennel. There was no movement as his family called his name. I held her baby as the mother attempted to resuscitate their 10 month old puppy. I cried with them three minutes later as she sobbed over his lifeless body. My heart broke with theirs as I realized he was gone.

The Humane Society of the U.S. says air travel can be risky for pets and especially dangerous for brachycephalic breeds — such as pugs or bulldogs, whose short nasal passages make them vulnerable to oxygen deprivation and heat stroke. This little guy fought hard for his life, filling our flight with his cries until he finally ran out of breath. United Airlines does not care about the safety of their furry travelers. This poor family paid $125 for their pet to be murdered in front of them. There is no excuse for the pain this family is suffering.

Today, I boarded my last United Airlines flight.

R.I.P Papacito

Thursday, March 8, 2018

Popokilani Lily


DOB: 09/11/2017
(4 months old on the photos)

父:TICA SGC  ショーナンキャッツ ジェイコブ オブ ポポキラ二 / Sire: TICA SGC Shonancats Jacob of Popokilani

母:TICA RW SGC ポポキラ二 ローズマリー/ Dam: TICA RW SGC Popokilani Rosemary

カラー:ブラック クラシックトービー / Black Classic Torbie





Friday, February 9, 2018

Baby Sister Ema! / 末っ子エマちゃん!


昨年10月にレイラの初めての子供達として生まれた仮名メープル。
三頭の中では一番のおチビさんで、生まれた時の体重が79g。でもそんな小ささに負けず、育つかどうかを心配する必要が全くない元気な赤ちゃんでした。

順調にかつわんぱくに育って、1月の28日に無事わが家を巣立っていきました。
そんなエマちゃんのママから素敵なお写真とお便りをちょうだいしました。

This girl is one of Layla and Alfred's babies. We called her "Maple" and she got a new name. Please meet Ema!
She was only a 79g baby, the smallest of all three and I was bit worrying how she will be. But during the 3 months, she rapidly gained her weight and became a very beautiful girl.

And she left for her new home on Jan. 28th.
Following photos and letter are from her new mom.


エマの新しい生活がはじまりました。お母さん猫ちゃんにいっぱい愛されて三ヶ月を過ごせたことが良かったのでしょう。
Ema"s new life just begun. Looks like she was really loved by her mom for full 3 months since she was born.
先住猫ちゃんに臆することなく、シャ~~ッ  と言われても、怖がらずに何回も近づいては仲間に入れてもらおうとしています。
同じメインクーンのカリンが好きなのか、後からつけています。

She is try to join the elder group even she is hissed by them and never gives up. And looks like she likes Karin, the Maine Coon boy and is following after him all over.

耳の先の長い毛が好きです。体の色のトーンのグラデーションも素敵です。目が合うと、飛んできます。

I love the long links tips. The color tone and the gradation of her coat is really nice. And whenever our eyes cross, she comes running to me.

「アン、アンッ」と鳴いて、人を呼んでいるようで、思わず笑みがこぼれてしまい、子猫ちゃんの魅力に虜になってます。
遠藤さまとのご縁、感謝してます。

"Ann, Ann" is the way she talks and it sounds like she is calling me and every time I hear that I can't stop smiling, it's the magic and I am caught by kitten's charm. 
So happy that I came to know your cattery, many thanks. 



ママのレイラは初産とは思えないほど、素晴らしいお母さんでした。
またわが家の色濃い思い出となる子育て風景を間近に見る事が出来ました。

レイラが全ての愛情を注いで育てた子達だと思います。

A様、どうぞエマちゃんを末永くよろしくお願いいたします。

Mama Layla did a great job raising her babies, still hard to believe how she can have been so good mother. And we are so happy to eyewitness that precious moments. Another precious memory to remember forever.

Layla gave all of her love to her kittens, yes she did.

Hope Ema's new family to enjoy living with her from now on.







Saturday, February 3, 2018

Koharu,Maggie & Ibuki's Diary Part 23/心晴(こはる)君/マギー/柊季便り パート23

冬も半分ぐらいは過ぎ去ったかと、ちょっと安心していましたが… 二週連続で行きに見舞われたた狭山の茶畑です。

雪かきをしなければ、閉じ込められたまま(かなり大袈裟ですね!)のわが家に、ほっこりするメールと写真が届きました。柊季君、心晴君とマギー姉さん、みんな元気に仲良くして暮らしているようです♪

Well was thinking Winter has passed half away... But it snowed twice in 2 weeks around our area...
Had to clean up the snow on the road in chilly days and just couldn't go any where. And there came a happy email form Ibuki, Koharu and Maggie's mom!
Looks like all 3 are enjoying the Winter.

朝食後の日光浴。心晴の隣で。
Taking a sun bath with Koharu after the breakfast. 

遠藤様
こんにちは。お久しぶりです。
柊季、昨年11月30日に3歳になりました。
先週ワクチン接種で病院に行って体重測定をしたところ、なんと10.9kg!
先生に500gほど体重を落としましょうと言われてしまいました。
そこでご相談ですが、効果的なダイエット法を教えていただけますでしょうか。
Hi,
Long time no talk.
Ibuki became 3 years old by November 30th.
We took him to the vet last week for vaccine and figured out his is now 10.9kg!
And was told to loose about 500g.
Do you have any suggestion for his diet?

大好きなマギーママとお昼寝。いつまでも親子。
With his best mom Maggie. Forever child he is! 

お気に入りの爪研ぎの上で。この後しばらくしてこの爪研ぎは3匹の体重に耐えかねてつぶれてしまいました・・・
This "X" style is his favorite scratcher... Just broke up by the 3's weight...  


お得意のへそ天ポーズ。
Ibuki doing his best pose "Tummy-up"! 

お気に入りのテレビ番組「世界猫歩き」を真剣なまなざしで見るマギー。
Maggie watching her favorite TV program "Sekai Neko Aruki" (Mitsuaki Iwago's World "Cats" Travelogue).

体重は、避妊去勢猫さんにとってはとても気になる問題。
気にしてあげるのは、食生活だけではなく運動も。 太ってしまっているのか、筋肉の量によるものか… 特に赤い子は大きくなる子が多いように思いますが、体重管理はやはり大事。階段やキャットタワーなどを使って上下運動を取り入れると良い気がします。

3歳というと人間の20代後半ぐらいでしょうか? メインクーンの場合はこの年齢ぐらいで身体が完成すると言われているので、もう少し若いかもしれません。
何にせよ、適度な運動とご飯の量で500g減がうまくいきますように!

Weight control is really a endless theme fro cat lovers.
Look like only controlling the food sometimes does not make a big progress. If the kitty is young, letting them play may be a good help. Using stairways or cat tree may also help.

3 years old is about the late 20s comparing to human. But as Mainecoon is said that they need about 3 years to become full grown up Ibuki is may be a bit younger. Anyways, hope diet and playing will help him loose 500g shortly!





Tuesday, January 23, 2018

Lily's very 1st Show / りりたす、ショーに行く


早いものなのか、やっとなのか…
リリたす、やっとキツンクラスでショーデビューしました。

”やっと”と書くぐらいだから、やっぱりこの4ヶ月は長かったということなのだと思います。四季のうちの一つプラス1ヶ月。通常だとあっという間の感覚なのですが、新しい命が生まれてということになると、時間の長さの体感は全く別のものになります。
生まれる前の検診で、ひとりっ子だとわかった時から、「必ず無事に生まれるようにできることは何でもしよう!」と妙な決意をしたのを思い出します。

りりたすのママのぷりたすは、昨年の今頃初めての出産を経験しましたが、悲しいことに生まれた子達二たりともをすぐに亡くしてしまいました。愛おしそうに、大事に抱えて居た子供達を亡くしたのは本当に辛かったようで、数日間は子供達を探し続けていました。

そのぷりたすが、120%の愛情を注いで3ヶ月手塩に掛けて育てたりりたす。家で留守番をしてくれて居たママの分も合わせてショーの応援をしてきました!

Time flies... or passing the time is so slow...?
Finally Lily made her Debut to the Cat Show.

Well using the word "Finally" shows my feeling... probably.Yes, this 4 months was a really long time. It's just only one season plus a month but... Every time welcoming a new life, the clock seems to slow down it's ticking. Especially for Lily's growth.  
Lily's birth was a very special event for me, not because she was the singleton but to full fill Rosemary's broken heart. Rosemary delivered her first litter a year ago but unfortunately lost all two babies. She was such a good mother and was looking for her lost ones for several days. I remember I promised myself that I can't let her have the same experience again and decided to give any support she needs during her labor.

And finally Lily was born. Enough big and healthy as we expected. Rosemary devoted herself 120% to this singleton for 3 months. And finally her baby made the debut to TICA!                



応援しに行った割には、写真があまりにも少ない…orz
まあ、気を取り直して!

ちびっ子りりたすに、まだポワポワの赤ちゃんの毛もあるね♪と話しかけていた貝塚ジャッジ。確かに!持つと、まだやわやわな綿毛のようなコート。貝塚ジャッジの大きな笑顔に迎えられての初リング。


Well, being so excited I didn't take so much photos! LOL

This photo is the very first ring that Lily attended. With Kaizuka Judge's big smile, I think Lily felt comfortable. Just 4 month old girl, still wearing a baby coat looked very curious about other kittens.


こちらの写真は、浜野ジャッジのリングにて。
ちびっ子ながら綺麗なコートと横顔を見せてくれました。ブラウンのコートのコントラストは、まさにパパ譲り!ぐるぐるの渦巻き模様が見事です!一応、背中なんかも伸ばして見たり… 頑張りましたw

And next is with Hamano Judge.
She was showing her beautiful coat pattern and profile. Back straighten enough too for the first show! LOL


こちらは、土居ジャッジのリング。土居ジャッジはりりたすのパパであるジェイクのママ。りりたすには、人間のおばあちゃまに当たります。
初めて見るキジ羽根の猫じゃらしに夢中。その証拠にヒゲが全部前に倒れている!

This is her at Doi Judge's ring.

First time for her to see the Pheasant feather teaser. Looks like she was really attracted by it Her whiskers are all heading forward to catch it! LOL


ママ譲りの後ろ足立で、真剣白刃取りのポーズ!
ぐるぐる渦巻きの色がはっきりしているのは、本猫絶好調の印!w

Standing by her back legs like her mother used to do. and the coat pattern is very clear which means she is in a good mood!


うーむ… 白刃取はまだまだ成功には程遠いようですw
往年のぷりたすやおじいちゃんのあかたすの立ち姿にそっくり!>親バカですみませんw

Well... she didn't succeed catching the teaser but her pose really looks like her mom Rosemary and grandfather Albert ! LOL


最後にもう一枚。
正面からの顔。
どうか、このままキリッとした大人になってくれますように!

10リング参加して、全員ファイナルに残れるスペシャリティーのリングで4つのファイナルに、そしてオールブリードのリングでセカンドベストをいただきました。

思い出に残る、素敵なショーデビューとなりました。
生後4ヶ月なりたてのりりたす、結構ショーを楽しんでいたようです。
素敵な1日をありがとうございました。

The last photo from the front.
Just hope her to grow as she is now!

She attended 10 ring and got 4 finals at the Speciality rings. (Kitten count was 5 so all the kittens at SP rings received finals)
Addition to above, she was also finalized in one AB ring! Very nice debut show for an 4 months old baby girl!

Was a nice day to remember, nice and fun Show!
Thank you to all who shred the same day and moments!

 

ページナビゲーション