ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Wednesday, April 23, 2008

キャットタワーに挑戦!


 昨日の夜の話。

おちびさん達がキャットタワーに挑戦。
気がいたら一段目をクリア、二段目を制覇している子も。

「この時期になると、こんなこともするようになるんだ!」と、毎日驚きと発見の連続。
時間が、過ぎて行くのは本当に早い。

時間の経過の早さは、よく「歳を取ると時間があっという間に過ぎて行く」なんて言い方で表現されている。 
そうやって考えると、自分の中での時間の経過の早さの基準は『仕事』と『家族の年齢』。 
もうこの歳になると、どちらもうれしくない尺度なのだが、新しい基準のベビーズが登場して、これがうれしい尺度になった。



キャットタワーに登っている子達を見ていると、1ヶ月前に「無事に育って!」と思っていたのが嘘のよう。 
もうヒニャヒニャ、クテクテだった頃のことを忘れかけている。

エミリーのベビーズ誕生で、間近で見る子育ても、期間を置かずに2回目となるにも関わらず、1回目の時の思いや経験がもう消えている。 
でも、「全員無事に育て」という祈りだけは、何十回の子育てに付き合わせてもらっても変らないこと。

人間てなんてアサハカな生き物だろう。

今日は、諸々家の用事があったのでお休みを頂戴して家に居るのだが、家の用事が全然はかどらない。 
一つ片付けては、ベビーズを眺め、ひとつ片付けては大人達と話し込む。

こんな日が毎日続いたら、猫達の方が嫌気がさすかも。 
でもたまだからなのか、皆付き合ってくれている。

これからゴールデン・ウィーク。

皆、また付き合ってね。(昼寝の邪魔してごめん)

追記:日記を書いている最中に後ろで耳慣れない音が・・・
振り向いたら、レイチェルが窓の網戸の中断までよじ登っていた、それも頭を下にして! 一爪間違えたらフローリングに真っ逆さま! 
あわてて飛んで行ってすぐ助けたが、これはうれしい驚きよりもヒヤヒヤもの! 
(さすがに写真を撮るなどという類いの状況ではないので、写真無し。 当たり前か!)

No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション