ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Saturday, March 28, 2020

Boys Looking for a New Family! / お家募集の男の子達♪


※ ブルーの仮名エリオットは、新しいお家に引っ越しました。

昨年10月に生まれた、マリアのブラウンの男の子と、ドミノのブルーの男の子。
バタバタと日が経つうちに生後5ヶ月になりました。

Both were born in last Oct. The blue boy is form Domino and the brown boy is son of Maria. They are now 5 months old.


二匹だけで写っていると、もう大人のように見えるかもしれませんが、まだまだ育ち盛りの子猫たち。
ブルークラシックの子が、仮名エリオット。 ブラウンクラシックが、仮名アーノルド。
どちらもかなりのイケメン君達。

They look like an adult but still a kitten size. they are changeling themselves to become a real Gentle Giant! LOL
Blue boy is Elliot and the brown is Arnold.


コロナウィルスで、今年度(4月末)までのショーは全て中止となり、平和な時間を家の中で過ごしています。
エリオットはマイペース、アーノルドは人が大好きな子。

こんな時期ですが、素敵なご縁に恵まれればとも思っています。

We were planing to take them to TICA Shows but because of the COVID-19, they are having a peaceful time in our house.  Both Show available but only blue boy for breeding.

Hope to find a great home for them...




Monday, March 9, 2020

I am Reo, The letter with "R" Part 2 / 頭文字は”R"のれお Part 2


2018年になって、れお君の近況に関しお便りをいただきました。

生後9ヶ月。 ばあばのさつまによく似て見事な毛吹きっぷりになったようです。
レオも、犬の様に餌をすくって食べまくってはおりますが、体重は5.6キロ程になりました。お水を丁寧に手ですくっては飲み、まだまだ大きくなることを期待しているところです。

ところで、れお君の声に関してのご相談を受けました。(ブログに転記するの、ちょっと迷いましたが、同じような相談を受けたことがあり他の方の参考になればと思いアップ致します)



2018年1月3日
4/12生まれのエースこと、レオの飼い主のRです。今頃と言うのか、昨年からお聞きしたかったのですが…レオの鳴き声を聞いたことがなく、よくよく聞くとかすれ声で、全く声が出ていないのですが、生まれつきの何かなんでしょうか?
病院には今年連れて
病院には今年連れて行く予定ではありますが、他の子達もそんな感じだったのか?教えてください。
- o - o - o - o - o- 
レオくんのお婆ちゃんのサツマも囁くような声でしか鳴かないのですがサツマの子孫にこうした声の子が何頭かいます。
サツマをはじめサツマの子孫は動物病院でのワクチン接種前の診察でも特に異常はないのでお気にされなくても良いかと思います。
気になるようでしたら動物病院に行かれたとき先生にお話されても良いと思います。



補足(2020年3月):
ドロシーの子達は、赤ちゃんの頃全員お腹が空くと大声で鳴いていました。ただ、基本ママのドロシーのお世話が十二分に行き届いていたためか、やたらと寝ていたことも確かです。母子の意思の疎通はそれこそ”阿吽の呼吸”とも言えるもので、子猫たちが何かを要求しようとしている時にはドロシーはすでに必ず側に居ました。自己主張をして大きな声でなく子もいれば、話好きでおしゃべりな子もいるように、無口な子もいるのではないかと思います。声を出して仲間と無邪気に騒いでいた時期があったことは確かです。
健康に問題がなければ、あまり気にしないで良いかなという考え方は、今も同じです。

ちなみに、れお君のおばあちゃんのさつまは、子供を産んでから声を出すことが多くなりました。それまでは”エアー鳴き”という感じで、ハスキーな囁くような声を出す感じだったのですが… 子供達を束ねたり、意思の疎通を測るのに声を明確にする必要が生じたからかなと思っています。

さつまは、最近に至ってはよく喋りかけてくれて、それだけわれわれとのコミュニケーション不足の証のような気にさせられています(苦笑)


半年で見違えるほど大きく雄々しくなりました。


例えれば、半ズボンを履いた小学生が、ニキビが気になり始めた中坊になったという感じでしょうか?
ジェントル・ジャイアントと呼ばれるに相応しい変化を遂げ始めたのが写真からもわかる気がします。




Friday, March 6, 2020

I am Reo, The letter with "R" / 頭文字は”R"のれお


今を遡ること2年半前…

わが家からドロシーとオスカーの子供達のひとりである幼名エースが生家を巣立って行きました。

遠く福井からら茶畑に囲まれたわが家まで会いに来ていただき、エースはれお(Reo)君となるために新天地に旅立ちました。

新しいおうちにからの初めてのお便り。心待ちにして、楽しく読ませていただいて...  ママのドロシーにも近況を伝えたのに、ブログにアップする作業がすっぱり抜け落ちていましたorz

情けない限りです...


2017年8月25日
 超超マイペースなエースです!

こんにちは、大変お待たせいたしました!



名前は「reo」れおに、決定しました。やっとこ皆んなが近くに集まって来れるようにもなってはきましたが、まだまだ油断は禁物でして、先住者の子達にはフゥ~と怒られることがまだまだ…でも、れおから近づいて行ってくれるおかげで、皆んなの気持ちも変わってきていると思います!

それに、ご飯もとてもよ~く食べるので、先住者達の器を隠すのが、とっても大変です(^-^; また、仲良くなったところメールしますね。




ドロシーの子供達は、みんなよく似た顔の兄弟姉妹。
れお君のバブバブ時代の顔はこちらにもあります。

れお君の直近の写真まで、アップしていなかった写真を数回にわたって掲載させていただきます。ちょっとした”れお君祭り”にしばしお付き合いくださいませ。

K様、改めてお宝写真の数々ありがとうございます。
そして、長いこと門外不出として未公開状態にしていましたこと、心よりお詫び申し上げます。



ページナビゲーション