ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Sunday, November 29, 2020

Available Kittens / お家募集の子猫たち


2020年9月18日生まれの三兄弟姉妹。
12月の中旬に2回目の予防接種と、マイクロチップの装填を予定しています。

唯一の男の子(写真左端)は新しいお家が決まりました。 



女の子達のお家を募集します。

① 濃いブルートービーの女の子:全体的に濃いブルーの子です。手の先に赤系の色が入っているのが特徴。とっても活発で、よく男の子とプロレスをしています。 元気印を絵に描いたような子。

トイレは一番はじめに覚えてくれました。骨太で、女の子としても大きくなるのではと思います。






② ブルートービーの女の子:(様子見中ですが、お問い合わせ可能です)
淡いブルーに赤い色が入った柔らかい色合いの女の子です。
ペットとして修正可愛がってくださるご家族を探したいと思っています。


目の周りのアイラインがくっきりしていて、わが家では美人系の顔立ちに入るタイプ。
体もしっかりしていて、女の子としては十分なサイズがあります。

こちらも活発な子でいつも走り回っていますが、一緒の部屋に暮らしている3週間後に生まれたちびっ子達のお世話がかりをする優しい一面も持ち合わせています。

少しだけ長く成長を確認したいので、そこの部分を了解してくださるご家族を希望しております。




おまけ:


一足先にお家が決まったMoishe(モイシェ)君。
ママとの記念すべきツーショット。A様、どうぞモイシェ君を末永くよろしくお願いします。
 



Tuesday, November 3, 2020

Alice in Forever Home 3 / 幸せの国のアリス 3

 
アリスがわが家を巣立ってから、早3年近く。 今年の12月で9歳になります。
食が細くなった以外は、元気に暮らしているとのこと。

It's almost 3 years since Alice graduated out home. She is going to be 9 years old by this December. Doesn't eat so much in the evening but still eats well in the morning. It's just because of her aging and was told by the vet that she is in good health. Very happy to know she is in good shape.


人間で言えば還暦に近い歳でしょうか?
今年は、赤いちゃんちゃんこと帽子を被ったら写真が届きました。
毛の色合いで凄く似合ってる!

In Japan, we celebrate one's 60th birthday (kanreki) and that person wares red vest (we call it "Chan-chanko" in Japanese) and hat.

She looks great! Have never imagined her to were some clothes! ;)

About Kanreki check here!


帽子の被り方が、なかなか粋ですね♪
わが家では、ファッショニスタは目指してくれなかったけど、今のご家族が素敵なアリスの一面を見せてくれました。

Her hat matches very well to her head! So cute! 
She never was a fashion icon in our house, but now looks like she's thinking to become a senior model! LOL


「おばあちゃんとは呼ばせない!」と言っているような顔のアリス。
キリリとした顔は歳を重ねても変わらないようです。

コロナ禍の今年、大変な時代になってしまいましたが、いつまでも元気に歳を重ねて行って欲しいです。小さいアリスは大きな幸せを手にして、今年もその素敵な姿を見せてくれています。

アリスの写真をいっぱい送ってくださり、ありがとうございました♪


"Never call me granny!"  feel like I can hear she's saying this...
Looks like she is still having her own pride. Yes "Madam" Alice is still there!

The world is changing a lot with this Covid 19 pandemic. But I believe there are always some lights shining through, To me, Alice's these photos are one of them. May be only humans think and consider about the future... We should also think about "now". Especially like in these days. Feeling glad that I still can smile watching her photos.

Be strong and tough! Live long my dear Alice!


  




Sunday, October 4, 2020

Reebok's now days 4 / リーボックの今 4


S様ご一家からリーボックの近況が届きました♪

9月の30日でリーボック嬢、ウニちゃん、武士道、そしてフレイヤさん、みんな9歳になりました。お誕生日、おめでとう!

リーボック嬢、歳を重ねたように見えない... 変わらぬ表情に見えるのはわたしだけでしょうか?
良い表情を見せてくれています。

Reebok's family just sent us photos and videos of her.

Reebok, Uni (aka Kappa), Bushido and Freyja (aka Nike) all became 9 years old at the end of this September. Happy Birthday all!

Reebok looks like more younger than her age... is it me only feeling so?
Love her expression the very same one which I knew from the beginning.
 


遠藤さま
大変ご無沙汰しております。
こんな世の中ですが、遠藤さまや沢山のネコちゃん達は変わりなくお過ごしでしょうか?
9月30日にて無事に9歳になりましたリーボックの近況をご連絡いたします。
いくつか写真と動画添付させて頂きました。 
Hi, hope you both doing well. Is everything ok with you guys and bunch of furry members? 
Today we want to update 9 years old Reebok's these days. Please also find some photos and video of hers. 
 
リーボックの方からそばに居てくれる日も増えヘソ天のまま寝ていたりリラックスする姿が頻繁に見られるようになりました! 

These days, Reebok is often sitting close to us and quite often she does "belly up" ! A really relaxed style she shows to us.

 

最近ではリーボック自らベッドで先に寝て私たちを待つ日もあります(笑)
今年は一緒にいる時間がより増えてからは、少し出かけただけで「どこ行ってたの?」と言わんばかりに主張してくる事が有ります(*´-`) 
彼女もかなりの高齢になりつつ有りますので日々色々気をつけて一緒にすごしております。
She is now a senior age and we are sharing the time with love and care. 
  


猛烈に暑かった夏も過ぎ、過ごしやすくはなりましたが寒暖差が有りますので皆さま体調などには気をつけてお過ごしください。
This hot crazy summer has now gone and feeling better now but please take care of yourselves. The up and down of the temperature is quite tough. 



S様、リーボック嬢の元気な姿、ありがとうございます。
ちょっと生真面目な感じのあるリーボック。人間で言うなら品行方正な真面目タイプ。そんな彼女がヘソ天になったり、ベッドに先回りしたり... 素敵な光景だと思います!
リーボック嬢の新たな一面が出てくるようなこんな素敵な時間を写真で送ってくださり、ありがとうございました♪

Thank you so much for the photos and video.
In my memory, Reebok was a kind of a girl like "model of the role" or "Ms. Perfect". Yes she was always gentle and calm and... may be never saw her showing "belly up". It's so nice to know now she does what she didn't do!
Thank you again for the photos and video. So happy to see and know her enjoying her supreme life!





 

Saturday, August 22, 2020

Suddenly, One Day... / ある日突然...


わが家の唯一のレッドシルバーのハーブが昨日巣立って行きました。
ハーブことハーバートは2014年の4月にわが家のシンディーとアルフォンスの間に生まれた男の子のひとりです。「家に居ても良いんだよ」と言う一言のもと、そのままショーに連れて行きました。アメリカにも福岡にも遠征したのが今は懐かしい思い出です。
ショー引退後には、パパになってもらう予定でしたが、中々思うようにはならず。しかし、2016年に知り合いのキャッテリーの女の子との間に素敵な子供達をもうけてくれました♪  「今度は、わが家でも!」と言う思いで4年の月日が流れて行きました...

Our only <Red> Silver boy we now have moved to his forever loving home yesterday.

Our Herbert was born on April, 2014.
We decided to keep him and took him to quite many TICA Shows including the one held at Portland, Org. We really had fun time at hotels and in our house.
After he retired, we were waiting for his offspring. But he just let it happen in 2016 by the stud service. It was sure that he can become a father of another litter but nobody knew when...


女の子に対する興味はしっかりあったのですが、優しすぎるほどの性格ゆえか、とうとうパパにならず。これ以上われわれの都合で彼の自由に制約を設けるのは良い加減にしなければ。獣医さんに予約を入れ5月に現役を引退しました。

手術が無事に終わって3日目にハーブは完全な自由猫となりました。
一部の女の子や現役引退組からフー、シャーの洗礼を受けながらも、もう家の中はどこにでも行き来自由。女の子にも接近自由! 引退したことがまだピンと来ないせいか、いろいろな女の子にちょっかいを出していましたw

ちょっかいを出しても、今までが今までだったので、何の期待もして居なかったのですがw

奇跡とでも言うのでしょうか? 最後の最後にルーシーとの間にふたりの女の子を設けてくれました。
「去勢して、1週間ぐらいは子供を作る能力が残っている」、と言うのは聞いていましたが、ハーブにもその能力があったとは。嬉しい限りです。

でも、驚きはそれだけではありませんでした。

6歳を過ぎた今、このままわが家で暮らし続けるだろうと思っていた彼をお迎えしたい、と言うご家族が現れたのです。日本ではどちらかと言うと、子猫を迎えたいと言う方の方が多い気がします(わが家のの場合はそうです)。見学にいらして頂いて、先方もハーブも
お互いを気に入理、赤い糸は見事にお互いを手繰り寄せました。

毎日のうだるような暑さが気になり、昨日ハーブを新しいお家まで届けました。玄関を入って、キャリーから自分で出て、われわれの足元でもちょっとトグロを巻いてからハーブは自分で新しい家の階段をスタスタ上がって行きました。
振り返ることも無く、長い尻尾を中位の高さにあげて。

多分、これで大丈夫です。自分で進んで登って行った階段。自分で選んだ道。寂しくはありますが、120%の愛情を独り占め出来るのだもの!一緒に暮らした時間は、ハーブの堂々とした後ろ姿で、われわれの心の中でさらに輝くものとなりました。

ハーブ🌿、幸せにね!

We waited every year saying "This may be the year!" but never happened. He loves girls like other boys but his offspring never appeared.
And we finally decided we should let him have more free life by his retirement. Just to keep him as a whole male for because of us is not fair. We took him to the vet this May for surgery. A bit oppressed for us but also feeling so good for him. Just was saying "sorry for making you wait for so long..."

2 days later after the surgery, we gave Herb 100% full access in our house. Some of the girls and retire ones were quite shocked to see a Red  (maybe a Cream) Silver big guy roaming! LOL Even the nurtured boys were complaining a bit (they were sharing the boys room with Herb in the past... easily forgotten?)

And finally miracle had happened. He became a father of 2 beautiful huge baby girls. But that was not the end.

Another surprise was waiting for us.
Herb found his own forever loving family!
Dad is from overseas, living in Japan who quite know Bushido (Herb's cousin) in Argentina.

Yesterday we took him to his new home and after he stepped out from his carry, he went upstairs all by his own decision.

Yes, sure Herb will live a more wonderful time. His own life has just started.

Many thanks to our Herb for staying with us for so long.
G's, please have a wonderful time with Herb, the "Gentle Giant!




PS; Above is Herb when he was 3moths old... xoxo



















ページナビゲーション