ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Tuesday, July 17, 2012

TICA & ACC 10th & 11th Cat Show



7/8の日曜日、梅雨の中休みの中、女子二匹を連れて、7月最後のキャットショーに参加してきました。

5月からの新年度のショーは、参加回数を少し減らすつもりでいたのですが、結局は全てのショーに参加してしまいました。 
今年の5月の一回目のショーに来日したばかりのアインシュタインを連れ出し、カッパとリーボック姉妹もあわせてキツンクラスでショーデビュー。

続く、GCUにもアインを連れ出し、その後の長野は温泉を理由に参加。 
長野でアインはSGCのためのベストを獲得。 
アインのショー参加を決めていたBCFにも参加して、アインのSGCが確定し、ショーからの引退となりました。

入れ替わるように、8ヶ月になったばかりのカッパを、JCCの最後のショーに連れて行き、カッパはそこで2つのファイナルに残り、CHのタイトルを獲得。


行ける所までやってみようかと思い、7/8のAct Cat Clubのショーに参加してきました。 
ACTのショーは、アルタネィテヴ形式だったので、午前のショーで4リング中3リングでファイナルに。 

午後の部では4リング中2リングに残り、規定の6本を獲得しグランド・チャンピオンになりました。 
7本目のファイナルはデュアル・グランド・チャンピオンになるための条件の一つです。 
あと数百ポイントを得ればDGCが確定。
タイトルは6段階に分かれていて、CHからはじまり最高位はSGC(スープリーム・グランド・チャンピオン)まで。 
CHは300ポイントとファイナル1本なのですが、その次のGRC(グランド・チャンピオン)は4人以上の異なるジャッジから6本のファイナルを受賞すること。 
この条件が大きな山となります。
カッパは、どうにかこの一山を超えてくれました。 因みに、アルフォンスやジェフの時は、この山が富士山のように高いものに感じました。
女の子であること、まわりのチャンピオンシップ参加のメインクーンの男の子皆大きく、またもう一頭の女の子も凄く綺麗な子で。


カッパのコートはブラウンがベースで赤系がさし色として入っているブラウントー-ビーです。 
一番印象に残るのは、頭頂部に近いところに若干縦型の赤い丸模様があること。 
周りから、“梵天”とか“天眼”と呼んでもらっているマーク。 
もともとは、今よりも頭頂部よりにあり、形も丸く河童の小さなお皿のようだったので、幼名をカッパとしました。 ところがこの名前、英文にすると“water imp"とか"grampus"とか・・・ 響きがイマイチ気に入らず、同胎の女の子にやはり頭の天辺に"ナイキ"のロゴマークのような赤色がある子がいたので、スポーツメーカーのKappaを由来としました。
いつまでも小柄(姉妹のリーボックがカッパより一回り大きいので)と思っていたカッパも、いつのまにか4.2kg。 
女の子としては、十分に大きくなっていました。 
毛吹きの良さと、毛質が猫っ毛ではない(猫なのに!)ことで、さらに大きく見えるようです。


ショーの前の日にシャワーを浴びせられている姿は、他の子かと思うほど細く、一人で大笑いしてしまいました。
ジャッジが台の上であらためて彼女に触れようとすると気配でピクッと反応するところは、彼女の祖父のエドワードそっくりです。 
癖なのか、多少ビビッていても尻尾は上がったまま。  
ショーに出る上では、プラスに働いてくれるものを持っているようです。





さて、長々とカッパのことばかり書いてしまいましたが、今回のショーに行ったもう一匹の主役は・・・

アマングループから来たアリス嬢。
海外ではアリスのようなトーティーの参加は多いのですが、日本のショーでは、私もほとんど見たことがありませんでした。
ショーのキツンクラスは総勢15等。
ロングヘアは、5頭。 少なくとも、長/短毛部門ではロゼッタが貰えることがほぼ確実でした。

アリスはブラック、レッド、ホワイトの3色をベースとしたカラーの子で、模様無しのソリッドのコートを持つ女の子です。
海外では、彼女のような半顔模様を"ナイト&デイ"と呼ぶそうです(もしかしたら、"デイ&ナイト"かもしれません)。
ちょっと、ピカソの絵画を思い出す感もあり、さしずめ"キュビズム"の流れを汲みそうな感じ。


アリスの横顔には、文字通り左右に夜と昼が存在します。
毎日見ている顔ではあるのですが、本当に神秘的で、またそこに白色が混じっている分、色の濃い部分が更に強調されており、日本のショーではレア・カラーとされる彼女の成長は本当に楽しみです。

アリスの特徴はコートのみではなく、ボディにもあります。 腰周りが人間で言う"安産型"と言う感じでがっちりしており、また手足が大きい子です。


人間が大好きなアリス。 


前回のBCFのショーではファイナルに残れませんでしたが、今回はSPのファイナルに残り、うち1本はベストをいただきました。
私自身が凄く嬉しかったのはもちろんですが、アリスの実家のママも同じように喜んでくださっていました。


アリスの母猫はオランダから、父はイギリスから日本に来た二頭で血統が重ならない組み合わせ。 
素晴らしいカップルから産まれたアリスは、ショーでも頑張り、しっかり評価していただけました。

まだ生後6ヶ月。 体重も伸びてきて現在3.6kg。
今後、どのような大人になっていくのか、楽しみな限りです。
また、わが家の血統と全く重ならない貴重なラインでもあります。


次のTICAのショーは8月後半。 それまで、久しぶりにのんびりと過ごしてくれればありがたい限りです。





Tuesday, July 10, 2012

TICA & Justice Cat Club 15th Cat Show


7/8(日)、カッパ(正式名:Kelly)を連れて、Justice Cat Clubの最後のショーに行ってきました。
カッパは、6月の末で満8ヶ月となり、今回が通算2回目のショー、チャンピオンシップ・デビューとなりました。 
前回参加した時はキツンクラスで、まだ事情がわかっていない感じでしたが、今回は多少“警戒”することを覚えたらしく
いろいろなものに興味はあるものの、慎重な気持ちが上回っていたようです。

行きは生憎の雨。
交通量が少なかったせいか、約1時間で会場に到着。
車を路駐して、カッパをテントから出してあげようと思って中をのぞいたら、何と行方不明に!
テントのファスナーはどこもきっちりしまっていて、抜け出す場所は無いはず。
ビニールメッシュの部分を破って狭い車内のどこかに潜んでいるのか・・・!
名前を呼ぶこと数回、テントの中に入れてあるドーム付きのトイレからのっそりと現れました。
そんな所から出てきてびっくりしたのと、安心したのとで、一気に脱力感。
ちょっとしたドキドキ事件ではありました。


Last Sunday I took our aka Kappa to the Justice Cat Club Show.

Kappa just became 8 months old.
This was her 2nd time attending and was the debut to the Championship.
When she attended last time she was still a kitten and wasn't afraid of anything.
Since than she looks like she learned a bit more about the world and looked like a bit cautious.

The weather was bad but the traffic was OK and we reached the show hall within an hour.

After we found a parking lot, I decided to let Kappa free inside the car.
I looked into the shelter and there was no one there!
All the fasteners were OK and there seemed no place for here to escape.
Or did she break the mesh door?
I called her name several times and the she came out of the toilet house which was placed in the shelter!
What a girl to surprise me so much! Was a small but a big enough happening to me.


Justice Cat Clubは、2006年に発足したクラブで、今回が15回目のショー。
わが家は2008年から、こちらのショーに参加させていただいていました。
“まねき猫大賞”や“手作りロゼッタ”など、ショーの思い出は尽きません。

Justice Cat Club was established in 2006 and this was the 15th show for them.
We started to attend their shows from 2008.
There are quite number of memories that I can recall easily such as “Lucky Cat Prize”, hand made rosettes and more.


今回のリングは7リング、ABが6、SPが1。
キツンクラスは全部で25頭。 うち、メインクーンが12頭。
チャンピオンは26頭。
その最後のショーが、カッパのチャンピオンシップへのデビューショーとなりました。
チャンピオンでは、決して大きいとは言えないカッパ。 
10頭ファイナルなので、どこかでファイナルに残れれば・・・
今回も相方が参加できず、わが家からはカッパとわたしの二人きりの参加。

There were 7 rings, ABx6 and one SP.
Total number of the kittens were 24 and 13 of them were MC.
For the Champion Class there were 25.
Kappa is not a big girl to challenge the Champion class.
But still may be she may have a chance.
Again this time, Yasuyuki couldn’t come and only Kappa and me were sharing the same time.


控えケージのテントを出て、散歩をしたがるカッパの相手をしながら時間はゆったりと流れていきました。

控えケージでお隣に並んだのは、エドとスー、マギーの実家のママ御一行。
全部で6頭連れての大所帯。
子猫が中心で、かわいいご一行様がわらわら(笑)

わが家で一番若い子達がカッパの組。
彼女達ももう生後8ヶ月。
しばらく子猫を見ていないな~、などとあらためて思ってしまいました。
久しぶりのショーにちょっと戸惑っていた感もあったカッパですが、ファイナルに二本残ることができ、チャンピオンのタイトルを得ることができました。
よく頑張って、自分を見せてくれたと思います。 
女の子なので、どこまでショーに参加し続けられるか?
一緒に参加する一回、一回を大事にしなければいけませんね。

The next to us at the bench were the Chatile familly, where our Edward, Scarette and Maggie came from. 
They were bringing in some kittens for the show.
It was a quite fun to see the debut kittens next to us.

Now Kappa and her litter mate are the youngest ones in our cattery.
She is now 8 months old and I noticed that we havn't seen our kittensfor quite long.

A bit wildered, Kappa won 2 finals and became TICA Champion.
I am not sure how long she can attend, but one thing that is sure is to enjoy each momnet with her.


次回は、7月15日のACCのショーに参加予定です。 
カッパとアリスと私。
次回はどんな顔ぶれと一緒になるのか、楽しみ半分、ドキドキ半分な気持ちです。
何はともあれ、新チャンピオンの誕生おめでとう。 
カッパ、もといケリー、よく頑張ってくれた一日でした。

ジャスティス・キャット・クラブの皆様、楽しい一日をありがとうございました。
6年間、クラブを運営し、ショーを盛り立ててくださり、お疲れさまでした。

Next week (Jul. 15th) we are plamming to take Kappa and Alice to the ACC Cat Show.
Who is going to be at the show next time?
Anyway, congrats to Kappa. 
aka Kappan, Kelly you did very well.

And thanks to the members of Justice Cat Club.
We had great fun attending your every time show.







さて別件ですが、この秋口には、新旧のカップルでの子猫の誕生を考えています。

カッパの両親であるヴィクター×ジュディス、
新しいカップルのアイン×シンディ、アイン×カッパかリーボック。
それから、ウェンディやマギーも居ます。
女の子達の状態にもよりますが、あらたな子猫達が誕生してくれれば、と今からちょっとワクワクしています。

Information about our future plan:

We are expecting kittens from the same mating as Kappa (Victor x Judith).
A new couple Einstein x Cindy, Ein x Kappa and/or Reebok.
And we still have Wendy and Maggie in the group.


Sunday, July 8, 2012

Amangroup Alice of Popokilani

アマン・グループ・アリス・オブ・ポポキラニ
(AMAN GROUP Alice of POPOKILANI)

※ All rights reserved by Photographer Helmi Flick. No copy allowed.





  • カラー: ブラック・トーティー w/ホワイト/Black Tortie w/White
  • DOB: 18/12/2011
  • Sire: TICA CH LYNXELOT KEDEWATAN of Aman Group (From UK)
  • Dam: IS DA WA KARA of Aman Group (From Holland)
  • HCM DNA test HCM遺伝子検査:Negative
  • PKD DNA test PKD遺伝子検査:
  • HCM Test Clear as of
  • Micro Chipped in


TICA SGC Cascade Mtn. Einstein of Popokilani




  • DOB: 06/08/2011
  • 父:TICA IW SGC カスケードマウンテン エーズ・オブ・スペーズ/ Sire:IW SGC CascadeMtn Ace O Spades (Ace is a International Winner in both the Kitten and Championship class)
  • 母:RW QGC ビッグリバークーン バガルディ・オブ・カスケードマウンテン/ Dam: TICA RW QGC Bigrivercoon Bacardi of CascadeMtn
  • カラー:ブラウン・クラシック・タビー /Brown Classic Tabby

  • HCM DNA test HCM遺伝子検査: Negative
  • HCM TESTED: June, 2012 Clear

ページナビゲーション