ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Wednesday, September 28, 2011

Just a Cat / たかが猫

以下は、FB上の友達であるEllie Kruithof-Donkerslootがウォールに投稿したものを、シェアさせていただいた全文の日本語訳です。
「古くからのわたしの友達が、彼女は愛犬家なのですが、自分のウォールに掲示したいたものです。 掲載されているものは“犬”バージョンなのですが、“犬”の 部分を“猫”に置き換えました。 猫でも十分に思いを共感することが出来ると思います・・・悲しいことですが・・・」

※ 
日本語訳は、わたしの方で作成したものですので、誤訳、意訳含め全ての責任はわたし個人にあります。 尚、原詩の題名は "It's Just a Dog"、作者はRichard A. Bibyです。

『たかが猫』

「たかが猫のことぐらいで、元気を出しなさいよ」
「たかが猫に、お金をかけすぎよ」
何かあるたびに周りから聞こえてくる声。 
その言葉を発する人たちには、わたしが“たかが猫”のためにどれほどの距離を旅したとか、費やした時間の長さとか、かけたお金に込められた価値はわかっても らえないようです。 わたしが誇りに感じる全てのことは、この“たかが猫”という一言で片付けられてしまう。 たくさんの時間が流れる中、わたしのただ一 人の友は猫だったけれど、わたしは決してその相手を“たかが猫”だと思ったことはありません。

辛く悲しい日があった時にもわたしの心を癒し てくれたのは“たかが猫”でした。 “たかが猫”の柔らかい肌触りが、わたしに慰めと、辛く悲しい日々を乗り越えるための力を与えてくれました。 もし貴 方も、“たかが猫”という思いでいるなら、たぶん“たかが友達”、“たかが日の光”や“たかが約束事”というふうな言葉にうなずくのでしょうね。 
“たかが猫”がわたしにもたらすものは、友情の本当のあり方であり、信頼であり、無償の喜び。“たかが猫”がわたしの中にある相手の気持ちを思いやることや辛抱強くあるための力を引き出し、人としての高みに導いてくれました。 

“たかが猫”のためにわたしは朝早く目覚め、未来を思い描く。 
だ から“たかが猫”は、わたしや、わたしのような人たちには、“たかが猫”という存在ではなく、未来の夢や希望、過ぎた思い出、そして今の無垢な喜びを象徴 するものなのです。 “たかが猫”が、わたしの中の良い面を引き出し、自分の事だけや目の前にあることにのみ心奪われないようにしてくれているのです。

そんな言葉を発する人たちも、いつの日か“たかが猫”が実は人が人として、“たかが人間”にはならないための存在であることに気づいてくれればと思う。
だから、もし、また“たかが猫”という言葉を耳にしたら、そっと微笑み返すだけにしてください、なぜなら彼らは“ただ”わからないのだから。


This article was uploaded on my FB friend Ellie Kruithof-Donkersloot and I have shared this.
Please take a time to read this for I believe most of the cat lovers shares the same feelings.


<comment of Ellie Kruithof-Donkersloott>

I got this one from a old college of mine, she is into dogs,she had this on her wall but then in the dog version, I changed the dog into cat because the people who think in that way feel mostly the same way about a cat...sadly...
Original Poem "It's Just a Dog" authored by  Richard A. Biby

<Just a Cat>

From time to time, people tell me, “lighten up, it’s just a cat”, or, “that’s a lot of money for just a cat”. They don’t understand the distance traveled, the time spent, or the costs involved for “just a cat”. Some of my proudest moments have come about with “just a cat”.
Many hours have passed and my only company was “just a cat”, but I did not once feel slighted. Some of my sa...ddest moments have been brought about by “just a cat” and in those days of darkness, the gentle touch of “just a cat” gave me comfort and reason to overcome the day. If you, too, think it’s “just a cat”, then you will probably understand phases like “just a friend”, “just a sunrise”, or “just a promise”.
“Just a cat” brings into my life the very essence of friendship, trust, and pure unbridled joy. “Just a cat” brings out the compassion and patience that makes me a better person. Because of “just a cat” I will rise early and look longingly to the future. So for me and folks like me, it’s not “just a cat” but an embodiment of all the hopes and dreams of the future, the fond memories of the past, and the pure joy of the moment. “Just a cat” brings out what’s good in me and diverts my thoughts away from myself and the worries of the day. I hope that someday they can understand that it’s not “just a cat” but the thing that gives me humanity and keeps me from being “just a human.” So the next time you hear the phrase “just a cat”, just smile, because they “just don’t understand”.

No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション