ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Friday, November 30, 2012

Ein Meets Sunny! / アイン、サニーとご対面!



 今年5月に来日したアインシュタイン。

わが家のシンディのお婿さんとなり10月末に無事に4児の父親となりました。
お迎えに行ってから早いもので、もう半年。 すっかりわが家にも馴染んだところに・・・ サニー登場。

サニーがわが家に到着したのが、11月26日。 まだ5日ほど経過したところですが、この両者本日無事にご対面とあいなりました。

サニーは到着してから男子部室で寝泊り。 アインはドアを一枚隔てた隣の部屋で今では盟友となったアルフォンスと相部屋状態で生活していました。

男子部室で寝泊りしていたサニー、お迎え前の計画では猫は彼だけの予定でしたが、部屋の主と化したエミリーが退室せず期せずして初日から相部屋。 双方嫌がるかと思いきや、お互い無関心が幸でして狭い部屋の中で見事に共存共栄。

夜は、私が毛布を持参で3日間ほど床に直接寝起きしていました。

馴れてくれるまでに時間がかかるかと思いきや、サニーもアイン同様順応力が高く、水曜日の朝には男子部室からするりと抜け出し早々リビング・デビュー。


あわてて女子組を男子部室に収容(われわれの寝室は現在シンディが育児室として利用しているために使用不可!)。リビングで好きに過ごしている去勢避妊組みがまずサニーとご対面となりました。

サニー、わが家の子達と似た顔立ちをしているためか、寛いでいた他の子達は彼が新入りだということに気付くのが大分遅れました。 
15分ほど経ってから、匂いが違うことに気づいたのか、数匹が“シャー“を連発。 
ただ、幸いにもその状態も長続きはせず、何となく自分の場所を確保できたようです。

一日空けた今日、やっと体制を整えアインシュタインとアルフォンスを第二男子部室から開放。

いよいよ「アインとサニーのご対面!」となりました。 


アインは力強い顔立ちに似合わず、非常に優しい性格をしている子です。 自分から喧嘩を売ったり、自分の存在を必要以上に誇示したりするタイプではありません。 いい意味で自分に自信があるようで、リビングでサニーと会っても問題なし。 対するサニー、こちらも自分をしっかり持っているようで体の非常に大きいアインに驚きはしたようですが、自分に対して敵意がないとわかるや否や、その存在をしっかり受け入れてくれたようです。 ちなみにアインは誰かが自分の前で走り始めると狩猟猫の本領が蘇ってしまうようで、そうなると大運動会が始まってしまいます。

遠路はるばる遠い国から来てくれたアインとサニー。

二匹とも母国語が違うので、この先どんなコミュニケーションを取るのかはわかりませんが、いい関係を作ってくれそうです。

新しい子を子猫のうちに迎えることには、その子の成長過程を見る楽しみがありますが、一歳前後の大人猫が新しくメンバーになるのもまた楽しいものがあります。 ほぼ出来上がった性格や考え方で、どういう形で未知の世界に対応していくのか・・・ 猫にとっても人間にとっても不安な材料はいっぱいありますが、アインとサニー名(迷)コンビが誕生する気がします。
一人ぼっちでわが家に来てくれたアインを受け入れて、今や盟友とまでなったアルフォンス。 アルフォンスにしっかりと心を開いてくれたアイン。 アインの中にはいろいろな思いが交錯したと思います。 そんな経験をして更に懐が深くなったアインならばサニーをしっかり受け入れてくれると思います。

アイン・ミーツ・サニー! サニー・ミーツ・アイン!


こんな素晴らしい二匹を迎えることができて本当に良かったと思います。 長い間彼らを見守り、育て、送り出してくださったアメリカとベルギーの両ブリーダーにあらためてお礼を申し上げます。

猫の世界でも、先人の知恵は先輩から後輩に伝え、受け継がれるもののようです。
われわれも猫達から教えてもらうことが多いと感じる今日この頃ですw


Already 6 months has past since we welcomed Einstein from US.

On this Monday, with the 6 days absence of the humans, he and his pal Alphonse were move to a small room in a sudden.
5 days has passed since then and today Ein and Al knew the reason why they were moved from the boys room!

Yes, finally Ein met Sunny today!

Sunny moved to our house on 25th from his own country Belgium.
So only 5days has past.
Our idea was to let him in the boy's room for about a week and then let him meet the alters first.
Our Spayed girl Emily, who rules the boy's room did not move from the room so Sunny had to share the room with her. I was anxious to introduce Emily to him form the very first day but they ignored each other and nothing bad happend.
To build a relationship with him, I slept on the floor for 3 nights.

Sunny, who has his own style like Ein quickly became use to me and from the second night started to sleep near me.

On Wednesday morning Sunny easily escaped from the  room and went down stairs!
As his face looks like some of our cats, the girls enjoining their freedom at the living room did not notice that the "new boy" came downstairs!
About 15 minuets later, someone figured out that there is unusual smell and started to hiss. Luckily small panic did't last long.

And on the 4th day morning we finally introduced Ein and Alphonse to Sunny.

"Ein met Sunny!"


Ein is a really mature boy and never start fighting from his side unless someone starts to run infront of him.  If someone does, he becomes a hunter but basically is a pacifist . Also seem to have confidence in himself so we were not anxious of him meeting Sunny. Sunny also has his style and finally they met.

Sunny hissed a bit but nothing more.
Their mother tongue are different but maybe Ein understands that Sunny is tracking the same way as he did 6 months ago.


It is nice to welcome a kitten from other place.
And more the less it is nice to have a "cat" who has already developed his/her character.
Sometimes there may be plenty of things to worry and consider about.
But also a big joy to see them get used to the new circumstances by their own wisdom.
We are sure that Ein and Sunny to become a good friend to each other in near days.

Alphonse was the very one who welcomed Einstein as his pal. Now Ein seems to let in Sunny. From elders to the younger, younger to the youngest one...

There are still so many things to learn from cats...

Many thanks to Cascade Mtn. and Pajocoons for letting us have such a wonderful boys !



No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション