ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Tuesday, February 16, 2016

Reunion at the Show! / 同窓会だった週末の二日間w

 

2月13日と14日、それぞれ別の団体のキャットショーに行ってきました。

13日の土曜日はCFAのSacramento Valley Cat Fanciers。
わが家から参加したのはブライアン。

そして、会場にはわが家で生まれたIndigo Blue (元、あおたす)。
旧名あおたすには、CFAのショーで会うことがこのところ多かったものの、段々と大人びた顔に変化して行くのを見るのはいつも楽しいものです。
あおたすと一緒にいるのはCattery Cavallinoの雷神君。 優しくて頼もしいレッド・クラシックタビーのお兄さん。

退屈になると、一緒のケージに入れてもらって、何やら安心顏の面持ちでしたw


あおたすはもうわが家から巣立った子なので、写真はほんの少し撮っただけ。
田村ジャッジのリングで、綺麗に伸ばしていただいて… いい顔してました。


あおたす、キツンクラスの全リングでファイナル・インしました。
終わった時には、完璧にお疲れモードだったようです。w 
ぐっすり寝こけていましたからね♪


さて、ブライアン氏はというと…
ひたすら、溶けたように寛いでおりました。
慣れ無いCFAへの出陳だったので、やはり写真を撮るどころではなく…
えんどうが、ビデオを撮っていたような気がするのですが、写真はこの一枚限り。
それでも、チャンピオン表彰に残ることができ、GCへちょっぴり近づきました。
日に日に重くなっていく感のあるブライアン。これ以上重くなる前にグランド達成できればとw


そして、日が明けてのバレンタイン・デーの日曜日は、TICA&ACT のショーに行ってきました。

キツンクラスにわが家のドロシー(さつまとアルフレッドの娘)が参加。
満7ヶ月になったところです。まだもう一ヶ月キツンクラスに参加できるのですが、このショーをキツンクラス最後のショーにすることにしました。

ドロシーの同胎のユノ嬢が、引き続き頑張ってショーに参加してくれるようです。
ユノ嬢と一緒に、あおたすの同胎のタンホイザー君(ドロシーとユノ嬢の従兄弟)も鋭意参加していて、キツンクラスのメインクーン3頭は全員身内という状態。

キツンクラスの参加数は5頭だったので、全員が漏れなくファイナルに残れるという楽しいショーでした。



ユノ嬢とタン吉さんの詳細はCattery Kirdcoonに載っています♪




こちらの、凛とした横顔の持ち主は、ドロシーとユノ嬢の姉の杏姫(あんじゅ)嬢。
Cattery Canonさんの所に引っ越したもいらちゃんの同胎になります。

杏姫嬢はチャンピオンクラスで、ワンショー・グランドを達成。 TICAのグランド・チャンピオンになりました。
陽気で能天気なところは、もいらちゃんに良く似ています!w


杏姫嬢のショーの様子は、Cattery Fairy-Pawのブログをご覧ください!



※ ショーを引退したもいらちゃん。1月21日に5匹のかわいい赤ちゃんたちのママになりました! 写真がいっぱい載っているので、よかったらCattery Canonさんのブログ覗いてみてください♪
私は萌え萌えになってしまいました〜w








No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション