ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Thursday, August 3, 2017

Theodorus the Knight / テオドア・ザ・ナイト


7月15日にわが家を巣立ったテオドア君…
(ブログへの掲載に関しては、通常通り了解をいただいております)

先にお伝えしておきます!
テオ君は元気に過ごしています!

今回は長文になりますが、テオ君のママとのやりとりを掲載させていただきます。
わが家の子達が新しいお家に引っ越して行って、その後のやり取りが無くなってしまう場合というのもあるのですが、テオ君のママはありがたいことに気になることの相談をして来てくださいました。

即答できること、でき無いことなどもありますが、一緒に考えベストを尽くそうと考えていることだけは確かです。


これから、どこからか(子)猫を迎えよう、あるいは迎えることが決まっている方たちの参考になればと思い掲載させていただきます。

今まで猫と暮らして来たから”大丈夫”!
確かにそうかもしれません。
でも、生き物それぞれに個性があります。必ずしも”今まで通り”に行かないこともあるかもしれません。ネットにも様々な情報がありますが、その子に実家がある場合はやはり実家と連絡を取るのは大事なことだとあらためて思いました。

何かのご参考になれば幸いです。


–*–*–*–*–*–*–*–*–
えんどう様 
お世話になっております。
三時半ごろ、家に着きました。 
本日は色々とお気遣いいただき、本当にありがとうございました。
テオドアは、二時間の長い道のりを、鳴いたり、粗相をすることもなく、大人しくしていました。
部屋についてからは、ベッドの下の探索にずいぶん時間をかけ、いまはおそるおそる部屋の中を歩き始めた、といったところです。
(お水を一口だけ飲みました。保冷剤のおかげで、熱中症にならずにすみました…!) 
また改めて、お写真と近況をお送りします。
これからのテオとの暮らしが楽しみでなりません。
本当にありがとうございました。
奥様と、アルフレッドくん、さつまさんに宜しくお伝えください。
–*–*–*–*–*–*–*–*–
お世話になっております。
テオドアのお世話のことで、ご相談があります。
昨日から今に至るまで、トイレに1回も行っていません。ほとんどをベッドの下で過ごしています。たまに出てきて部屋の中を探検する時もあるのですが、私が身動きしたり、外で物音がするとすぐにベッドの下に隠れてしまいます。
今朝、ベッドの下でもトイレをしている様子がないので、さすがに心配になりました。今朝、あまりにも心配なのでトイレに連れて行こうかと思い、抱っこしようとしたところ、ベッドの下に逃げ込み、それ以降姿を見せません。フードもウェットフードをあげているのですが、ほとんど食べておらず、心配です。 トイレに丸1日行かない場合は、無理やり引っ張り出して、病院に連れて行ったほうがよいでしょうか…。
 –*–*–*–*–*–*–*–*– 
トイレを作って置いてみたのですが、まだ奥から出てくる気配はありません。
気長に待ちます。
まだぐったりしている、というふうではないのですが、
警戒しているだけかもしれませんので、
注意してみたいと思います。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。
引き続き、宜しくお願い致します。
一緒の部屋に居て、少しゆっくりしたら猫じゃらしをベッドの下に差し込みながら少し遊んで見てください。
すぐに出て来ないかもしませんが少しづつ好奇心を表すようになるかも知れません。(返信:ポポキラニ)
いただいた猫じゃらしはとても効果があり、ベッドの下のすぐ近くに置いておくと、いつのまにか一人で遊んでいます!ありがとうございます。
目を離したすきに、棚の影や、キャリーの中にいる時もあり、昨日は寝ている時にベッドの上に登ってきたりもしたので、段々と慣れてきているとは思うのですが、トイレやご飯には全く行かないので、とても心配です。 
もう少し様子を見てみようと思います。
  –*–*–*–*–*–*–*–*–
テオドアは、本日の明け方にトイレに行きました。トイレは、おしっことうんち、どちらもしました。このままトイレも食事もしなければ、病院に連れて行くしかないかも…と思っていたのですが、お二人のアドバイスのおかげで、テオに余計な精神的な負担をかけることなくやり過ごすことができました。
本当にありがとうございます。 
昨晩ドライをすこし、今朝はウェットを一袋食べました。
だんだんと部屋に慣れてきたようで、とても嬉しいです。 
また改めて、元気な彼の近況を、写真付きでお送りできればと思います。

そして、27日に新しいママから急ぎのメールをいただきました。
(ブログへの掲載に関しては、通常通り了解をいただいております)

えんどう様
お世話になっております。
夜分遅くに失礼致します。
テオドアをどうもありがとうございます。 
初日はベッドの下で心配をかけさせた彼も、もうすっかり慣れ、私がさあ寝るぞ、という時にベッドの上に飛び乗ってきて、足や指にじゃれついてくる彼をなんとか押しのけながら寝る毎日です。(おかげで寝る前に猫じゃらしを振り回して彼を疲れさせるのも日常になりました…) 
さて、御相談ですが、動物病院の問診票で予防接種を受けた病院を記載するため、えんどう様かかりつけの病院名をお伺いしたいのですが可能でしょうか?
あまり良くないご報告なのですが、彼の体調が悪いです。
明後日、近くの病院で診断を受けさせようと思います。シロウト目で詳細はわかりませんが、少し心配な症状があります。 
・走りまわった後などに、喉から大き目の呼吸音がします
・声が枯れがちです(個性かもしれませんが) 
引っ越してきたばかりの時は、くしゃみが多く、おそらくホコリだろうと思い、掃除を心がけていたら落ち着いたので安心したのですが、最近はくしゃみはなく呼吸音は治らないままなので、病院に行きます。
今日まで、喉をごろごろ言わせている音だと思っていたのですが、ネットで検索したごろごろ音とはまた違う呼吸音なので急に心配になってきてしまいました。 
何卒宜しくお願い致します。



メールをいただいて、すぐにわが家の掛かりつけの病院の情報をお送りしました。肺炎の可能性の場合に関しての簡単な情報や心臓のエコー検査に秀れている病院のご紹介も可能であることも含め。
お引越ししてから12日ほど。テオ君にどんな変化があったのか… われわれも心配でしたが、新しいママの方はもっと不安だったと思います。

そして、29日の土曜日のお昼前に診察の結果のメールをちょうだいしました。


*–*–*–*–*–*–*–*–

お世話になっております。
先日はご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。
診断の結果、テオドアはいっさいの健康体、呼吸音は喉のゴロゴロと診断されました。診察をして問題なし、一応レントゲンも取りましたが不審な影はありませんでした。 
肺に水が入っている、または心臓が弱っていて、血液が肺の方へ逆流してしまっているという時に、呼吸音がおかしくなることがあるようなのですが、そういった場合は心音がおかしかったり、呼吸するたびにゼエゼエ鳴るようなので、テオドアのように一時的に鳴ったりやんだりということはないようです。
また、そういった場合は口呼吸や咳が見られたり、眠っている時の呼吸音がおかしかったりすることがあるようなのですが、テオドアにはそういった点はありませんので、問題ないとのことでした。 
 
彼は非常に賢く、おとなしく、毎日お利口に過ごしています。お留守番もよく出来ますし、家にきたばかりの時は寝ている時に指や足を噛んでくることが多かったのですが、何度か痛い!と騒いでいるうちに、犬の「お手」のようにぽんぽんしてくるだけになりました。
病院でもおとなしくしていて、リラックスしていました。
先生にも「耳がかっこいい」と褒められました。 
 
キャットタワーもダイニングにあるのですが、リビングで過ごすのが好きなようで、床や机にねっころがってばかりです。
彼は目がまんまるなので、まるでティム・バートンのアニメのキャラクターみたいだと思います。
また近況をお知らせいたします。
何卒宜しくお願い致します。

テオ君のことをいっぱい見てくれていて、気にかけてくださって。そして、われわれとコミュニケーションを密に取ってくださったことに感謝です。こちら側で積極的に出来たことは 何もありませんでしたが、いいご縁を持てたとしみじみ感じております。

これからはテオ君がどんどん大きくなって行って、新しいママを支えることができるようになっていくと思います。

メールと一緒に送られてきた彼の写真に”騎士(ナイト)”のイメージが重なって、思わずにっこりとしてしまいました。

どうぞ、テオ君と素敵な日々をお過ごしください。

密なやり取りをして下さったこと、心より感謝いたします。


えんどうやすゆき、由加里







No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション