ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Sunday, September 3, 2017

TICA 2016-2017 Regional Award Party


2016- 2017年度のキャットショーは、なかなかに大変な年でした。
わが家から出陳していたのが女の子ばかりで、コンディションを見ながらのショー参加には胃が痛くなる思いでした。

2015年から2016年にかけて生まれた子のうち、女の子しか手元に残さなかったからですが、そのかわり友達のブリーダーさんの所に行った子や、外掛けで生まれた女の子が活躍してくれました。今までとは違った意味での思い出深い一年でした。

まずは、わが家および猫親戚関係でRWを受賞した子達の写真を紹介させていただきたいと思います。

2016-2017 was a really tough year for us.
We only showed girls and to keep their condition in the best mode was always a pain in the neck.

We only kept Rosemary from our litter and welcomed Maria, a grand daughter of Satsuma, form Cattery Canon.But on the other hand, Satsuam's handsome boy "Major Tom" who has moved to Cattery Hareruyah did very great at the shows.




こちら、2016年2月生まれで、子猫の時にキャッテリー・ハレルヤさんに行ったメージャー・トム君。
キツンとチャンピオンシップの両方RW入賞となりました。
おめでとうございます! ショー会場で度々ご一緒させていただきましたが、文字通りのジェントル・ジャイアントに成長していました。

母は、TICA GRCさつま、父はTICA SGC ショーナン・キャッツ・ジェイコブ・オブ・ポポキラニ。

This is Popokilani Major Tom of Hareruyah. He became RW in both Kitten and Champion Class! Great achievement and congrats to him and his owner.
I often met him at the show hall and he is one of the real "Gentle Giant".
Very wild looking and so calm character. Yes he was a very nice show cat!

Dam: TICA GRC Popokilani Satsuma, Sire: TICA SGC Shonancats Jacob of Popokilani



そしてこちらが、2015年生まれのぷりたすことローズマリー。気位の高い子ですが、ショーでの遠征にも気持ちよく付き合ってくれました。

母は、TICA ODジュディス、父はTICA IW SGC あかたすこと、アルバート。

This is Rosemary, born in 2015. A very high pride girl but was always showing her best at the show. Yes we went to many shows in Japan and I really thank her being so patient.

Dam: TICA OD Popokilani Judith, Sire: TICA IW SGC Popokilani Albert (aka Akatus)


さて、今度はキツンクラスでのわが家の猫親戚の受賞者二匹です。

Following photos are the 2 RW Kittens that are related with us.


こちらは、上記メージャートム君の子猫の時の写真。たった四回のショーでRWに入賞したというツワモノ時代の写真です。

This is Major Tom in his kitten age. He became RW only by attending 4 shows!


で、こちらは美しいシルバー・トービーのキャッテリー山桜の姫ちゃん。
9匹兄弟姉妹の一匹として生まれました。
母はショーナンキャッツ・ルビースター・オブ・山桜、父がわが家のTICA RW QGCのハーブです。

And this is Yamazakura Hime, a beautiful Silver Classic Torbie girl. Yamazakura's very first show cat and won the RW Kitten Class Award! Congrats to the breeder, Mari!

Dam: Shonancats Ruby Star of Yamazakura, Sire: TICA RW QGC Popokilani Herbert






そして、こちらが個別に獲得できるタイトルの最高位であるSGC(スープリーム・グランド・チャンピオン)を得た顔ぶれ。

The following are the SGC cats.


これは、キャッテリー・カノンから来たまりあ。この子はさつまの孫娘にあたります。
まりあにも随分といろいろなショーに付き合ってもらいました。キツンとチャンピオンクラスの両方に参加した分疲れさせてしまって、申し訳ないというところが正直なところです…
まりあの母がTICA RW QGCポポキラニ・モイラ・オブ・カノン、父はTICA CH カノン・フシギ君。

This is Canon Maria of Popokilani. Maria is the grand daughter of Satsuma. We traveled a lot and she was always showing her funky personality. A very "always happy!" girl she was. We are looking forward for her to become a real Queen!

Dam: TICA RW QGC Popokilani Moira of Canon, Sire: TICA CH Canon Fushigi


ハレルヤ家のトム君
TICA SGCだけでなく、CFAのGCH(グランドチャンピオンにもなりました!)

Major Tom of Hareruyah. 
He is also CFA GCH! (3 show Grand)



わが家のローズマリー

Our Rosemary




一年間の間、たくさんの仲間と参加した数々のショーの集大成を締めくくるパーティーに今年も参加することができました。(そして、たくさんのお祝いも頂戴しました)

各ショーの主催者・関係者、ジャッジの皆様、そして素晴らしいパーティーの開催に尽力されたリージョン・スタッフの皆様。
一年間、ありがとうございました。

Many thanks to our friends, competitors, Judges and the staff of each shows.  We again had a wonderful year (even it was very tough! LOL).

Many thanks for the wonderful and fancy presents! We are not sure how long we can go on, but one thing that is sure is we'll do our best for our loving breed and TICA.


Again congratulations to all the winners and the cat fanciers for the 2016-2017!






Tuesday, August 22, 2017

aka Brutus is now Yassan! / ぶるたす、やっさんとなる!

ドロシーとジェイクのブルークラシックタビーの男の子、仮名ぶるたすが優男(やさお)君になったのが7月の後半。
それから8月のはじめにお便りをいただいていたのに、アップが今頃となってしまいました。
S様、本当にすみません。 
今ではもう仲がよくなっていると思います。

いただいたメールと写真アップさせていただきます!



遠藤さま
やさおくんがうちに来て一週間ほどたちました。
帰りの電車のキャリーバックで熟睡するという大物っぷりを見せてくれたやっさん
私も心配をよそに我が家に来てからもなんとも堂々とした立ち振る舞い。
すぐに部屋のすみずみまで探検していまでは我が物顔で走り回ってます。
先住猫のビビ子さんはしばらく乁( ˙ ω˙乁)シャー(警戒)と言ってましたが、いまは大人の風格で高みの見物をしています。
寝るときは私のベットでベストポジションの探り合いを繰り広げてますよ笑
このままいけば問題なく仲良くなってくれるんじゃないかと一安心です。
ところで、
3ヶ月半のやっさんとビビ子さん
体の大きさは変わらないのにヨタヨタ歩く姿がなんとも可愛いくて悶え死にそうです。
あっという間に大きくなってしまうんでしょうね。
少しでも永く健康に幸せに過ごしてくれることを願ってやみません
インスタアカウントです。
@viviandiary
@yasaodiary
不定期ではありますが、2人の日常など上げていく予定です。
時々のぞきにきてくださいね。

 
写真1枚目
うちに来て1番気に入ったおもちゃです。
破壊されました。

 
写真2枚目
枕の横がポジション争いの戦場です。




写真3枚目
まだビビ子のが大きいですね。

そして、3日後にはへそ天の写真をちょうだいしました!w




やっさん、ビビ子お姉さまと末長く幸せに!

もともとのんびり、おっとりした子なので、もうすっかりS家の一員になっていると思います。
S様、どうぞやっさんをよろしくお願いいたします。







Thursday, August 3, 2017

Theodorus the Knight / テオドア・ザ・ナイト


7月15日にわが家を巣立ったテオドア君…
(ブログへの掲載に関しては、通常通り了解をいただいております)

先にお伝えしておきます!
テオ君は元気に過ごしています!

今回は長文になりますが、テオ君のママとのやりとりを掲載させていただきます。
わが家の子達が新しいお家に引っ越して行って、その後のやり取りが無くなってしまう場合というのもあるのですが、テオ君のママはありがたいことに気になることの相談をして来てくださいました。

即答できること、でき無いことなどもありますが、一緒に考えベストを尽くそうと考えていることだけは確かです。


これから、どこからか(子)猫を迎えよう、あるいは迎えることが決まっている方たちの参考になればと思い掲載させていただきます。

今まで猫と暮らして来たから”大丈夫”!
確かにそうかもしれません。
でも、生き物それぞれに個性があります。必ずしも”今まで通り”に行かないこともあるかもしれません。ネットにも様々な情報がありますが、その子に実家がある場合はやはり実家と連絡を取るのは大事なことだとあらためて思いました。

何かのご参考になれば幸いです。


–*–*–*–*–*–*–*–*–
えんどう様 
お世話になっております。
三時半ごろ、家に着きました。 
本日は色々とお気遣いいただき、本当にありがとうございました。
テオドアは、二時間の長い道のりを、鳴いたり、粗相をすることもなく、大人しくしていました。
部屋についてからは、ベッドの下の探索にずいぶん時間をかけ、いまはおそるおそる部屋の中を歩き始めた、といったところです。
(お水を一口だけ飲みました。保冷剤のおかげで、熱中症にならずにすみました…!) 
また改めて、お写真と近況をお送りします。
これからのテオとの暮らしが楽しみでなりません。
本当にありがとうございました。
奥様と、アルフレッドくん、さつまさんに宜しくお伝えください。
–*–*–*–*–*–*–*–*–
お世話になっております。
テオドアのお世話のことで、ご相談があります。
昨日から今に至るまで、トイレに1回も行っていません。ほとんどをベッドの下で過ごしています。たまに出てきて部屋の中を探検する時もあるのですが、私が身動きしたり、外で物音がするとすぐにベッドの下に隠れてしまいます。
今朝、ベッドの下でもトイレをしている様子がないので、さすがに心配になりました。今朝、あまりにも心配なのでトイレに連れて行こうかと思い、抱っこしようとしたところ、ベッドの下に逃げ込み、それ以降姿を見せません。フードもウェットフードをあげているのですが、ほとんど食べておらず、心配です。 トイレに丸1日行かない場合は、無理やり引っ張り出して、病院に連れて行ったほうがよいでしょうか…。
 –*–*–*–*–*–*–*–*– 
トイレを作って置いてみたのですが、まだ奥から出てくる気配はありません。
気長に待ちます。
まだぐったりしている、というふうではないのですが、
警戒しているだけかもしれませんので、
注意してみたいと思います。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。
引き続き、宜しくお願い致します。
一緒の部屋に居て、少しゆっくりしたら猫じゃらしをベッドの下に差し込みながら少し遊んで見てください。
すぐに出て来ないかもしませんが少しづつ好奇心を表すようになるかも知れません。(返信:ポポキラニ)
いただいた猫じゃらしはとても効果があり、ベッドの下のすぐ近くに置いておくと、いつのまにか一人で遊んでいます!ありがとうございます。
目を離したすきに、棚の影や、キャリーの中にいる時もあり、昨日は寝ている時にベッドの上に登ってきたりもしたので、段々と慣れてきているとは思うのですが、トイレやご飯には全く行かないので、とても心配です。 
もう少し様子を見てみようと思います。
  –*–*–*–*–*–*–*–*–
テオドアは、本日の明け方にトイレに行きました。トイレは、おしっことうんち、どちらもしました。このままトイレも食事もしなければ、病院に連れて行くしかないかも…と思っていたのですが、お二人のアドバイスのおかげで、テオに余計な精神的な負担をかけることなくやり過ごすことができました。
本当にありがとうございます。 
昨晩ドライをすこし、今朝はウェットを一袋食べました。
だんだんと部屋に慣れてきたようで、とても嬉しいです。 
また改めて、元気な彼の近況を、写真付きでお送りできればと思います。

そして、27日に新しいママから急ぎのメールをいただきました。
(ブログへの掲載に関しては、通常通り了解をいただいております)

えんどう様
お世話になっております。
夜分遅くに失礼致します。
テオドアをどうもありがとうございます。 
初日はベッドの下で心配をかけさせた彼も、もうすっかり慣れ、私がさあ寝るぞ、という時にベッドの上に飛び乗ってきて、足や指にじゃれついてくる彼をなんとか押しのけながら寝る毎日です。(おかげで寝る前に猫じゃらしを振り回して彼を疲れさせるのも日常になりました…) 
さて、御相談ですが、動物病院の問診票で予防接種を受けた病院を記載するため、えんどう様かかりつけの病院名をお伺いしたいのですが可能でしょうか?
あまり良くないご報告なのですが、彼の体調が悪いです。
明後日、近くの病院で診断を受けさせようと思います。シロウト目で詳細はわかりませんが、少し心配な症状があります。 
・走りまわった後などに、喉から大き目の呼吸音がします
・声が枯れがちです(個性かもしれませんが) 
引っ越してきたばかりの時は、くしゃみが多く、おそらくホコリだろうと思い、掃除を心がけていたら落ち着いたので安心したのですが、最近はくしゃみはなく呼吸音は治らないままなので、病院に行きます。
今日まで、喉をごろごろ言わせている音だと思っていたのですが、ネットで検索したごろごろ音とはまた違う呼吸音なので急に心配になってきてしまいました。 
何卒宜しくお願い致します。



メールをいただいて、すぐにわが家の掛かりつけの病院の情報をお送りしました。肺炎の可能性の場合に関しての簡単な情報や心臓のエコー検査に秀れている病院のご紹介も可能であることも含め。
お引越ししてから12日ほど。テオ君にどんな変化があったのか… われわれも心配でしたが、新しいママの方はもっと不安だったと思います。

そして、29日の土曜日のお昼前に診察の結果のメールをちょうだいしました。


*–*–*–*–*–*–*–*–

お世話になっております。
先日はご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。
診断の結果、テオドアはいっさいの健康体、呼吸音は喉のゴロゴロと診断されました。診察をして問題なし、一応レントゲンも取りましたが不審な影はありませんでした。 
肺に水が入っている、または心臓が弱っていて、血液が肺の方へ逆流してしまっているという時に、呼吸音がおかしくなることがあるようなのですが、そういった場合は心音がおかしかったり、呼吸するたびにゼエゼエ鳴るようなので、テオドアのように一時的に鳴ったりやんだりということはないようです。
また、そういった場合は口呼吸や咳が見られたり、眠っている時の呼吸音がおかしかったりすることがあるようなのですが、テオドアにはそういった点はありませんので、問題ないとのことでした。 
 
彼は非常に賢く、おとなしく、毎日お利口に過ごしています。お留守番もよく出来ますし、家にきたばかりの時は寝ている時に指や足を噛んでくることが多かったのですが、何度か痛い!と騒いでいるうちに、犬の「お手」のようにぽんぽんしてくるだけになりました。
病院でもおとなしくしていて、リラックスしていました。
先生にも「耳がかっこいい」と褒められました。 
 
キャットタワーもダイニングにあるのですが、リビングで過ごすのが好きなようで、床や机にねっころがってばかりです。
彼は目がまんまるなので、まるでティム・バートンのアニメのキャラクターみたいだと思います。
また近況をお知らせいたします。
何卒宜しくお願い致します。

テオ君のことをいっぱい見てくれていて、気にかけてくださって。そして、われわれとコミュニケーションを密に取ってくださったことに感謝です。こちら側で積極的に出来たことは 何もありませんでしたが、いいご縁を持てたとしみじみ感じております。

これからはテオ君がどんどん大きくなって行って、新しいママを支えることができるようになっていくと思います。

メールと一緒に送られてきた彼の写真に”騎士(ナイト)”のイメージが重なって、思わずにっこりとしてしまいました。

どうぞ、テオ君と素敵な日々をお過ごしください。

密なやり取りをして下さったこと、心より感謝いたします。


えんどうやすゆき、由加里







Saturday, July 29, 2017

Diary of 4+3 / 4人と3匹の日常

7月の22日に二人揃ってお引越ししていったジョーちゃんとぶるりん。
引っ越してから二日目に素敵なお便りをいただきました♪

ふたりはとても素敵なご家族に出会えました!
縁とは、なんとも不思議な物ですね。ふたりの新しいご家族は、車で片道約4時間かけての道のりをこの子達に会うために来てくださいました。そして、再びお迎えしてくださるために。ふたりがこの世に生まれる前から、待っていてくださいました。うれしいご縁がまた一つ増えました!


先日は大事な子猫をお譲り頂き、ありがとうございました。

Mと申します(嫁の方です)

ブルリンちゃんは「ラムネ」通称:ラム。

ジョーちゃん(察するにやんちゃな若草物語のジョーでしょうか?それとも明日のジョー…ネコパンチの名手!?と、色々妄想しておりました(^^;)

ジョーちゃんは、「レンブラント」通称:レンにきまりました。 
 
ラムネの名前は娘が毛並みの色から。

レンは私がお母さんのドロシーさんにちなんで、かっこいい名前がつけたくて。(実はドロシーさんのファンなので!) 
 
由来は画家のレンブラント(Rembrandt)から。(テオドア君に由来が似てるかな?)

せっかくの姉妹ですので、おそろいの名前も色々考えたのですが…どちらかの名前がしっくりこず…。

初日の車中ではお母さんの姿を求めるように30分程ないていましたが、昼間で眠かったのか、片道4時間程の距離をほとんど寝てすごしました。(鳴いていたのはレンだけでラムネは目があうとじっとこちらを見つめていました) 
休憩中に水を飲ませようと試みたのですが、ほとんど口をつけずに心配しましたが、家に戻ると最初の数分(30分程?)は恐る恐るといった感じでペットキャリーを出たり入ったりしていましたが、1時間もするとあたりの散策をはじめ、すぐにおもちゃで遊び始めました。

最初はレンが先陣を切って遊ぶ様子をじーーっとラムネが眺めていることが多く、ラムネはちょっと奥手なのかしら?と思っていましたが、だんだん慣れてくるとレンよりも積極的に遊ぶようになりました。 
ご飯もレンよりもモリモリたべて、おやつのウエットフードはレンを押しのけて食べてしまいそうになるほどで…実はラムネのほうが気が強い!?(レンが決して小食というわけではなく、量としては十分食べていると思います。初日からびっくりするほど食べていましたから!)

おしっこのほうも、初日から用意したキャットトイレを使ってキチンとすることができました。(主人も私も最初は失敗してもしょうがないかなとおもっていたのですが…)大きいほうが初日と2日目夜まで、なかなか発見できず、ちょっと心配していたのですが昨日の夜に無事発見。以降は快調です(^^;) 
主人は何度か捨て猫を拾っており、「子猫は最初なかなかなれないものだし、最初は手が掛かるよ」といっていましたが、天真爛漫で、人懐こく、育ちでこんなにも違うものか、遊ぶ姿の上品さ(?)と2匹の箱入り娘っぷり(?)に驚いていました。(一晩同じ部屋で過ごしましたが、本当に穏やかな気性の子達ですね) 
おそらく、遠藤さまの下で大切に大切に愛情深く育てられた結果だと思います。正直、こんな可愛らしい2匹を本当にうちでいただいてしまっていいものかどうか不安がありましたが(本当に美人さんすぎて!)彼女達の顔を見るたびに、仕事のストレスを忘れる事ができ、家族が増えた実感とともに、この子達の為にもがんばろうと思えます。
 

先住のおばあちゃん犬、(M・シュナウザー12歳)とは今のところペットキャリー越しに対面しただけで、現在は1Fと2Fで部屋をすみ分けております。

対面時、長い間同居していた猫を思い出してか「キュンキュン」と遊びたそうに鼻を鳴らしていましたが、レンのほうがさすがに怖かったらしく「シャー」っと威嚇の声をだしていました。

おばあちゃんは非常に気性が優しく、相方(先住猫)に大好物のゴハンを横取りされたにもかかわらず、悲しげな声をあげるしかできないぐらい気性の穏やかな子ですが、体格さがまだあることと(おそらくラムネとレンが大人になったら彼女より若干大きくなるかな?)、万が一を考えて、対面は急がず、時間をかけていこうと思っています。できれば仲良くしてほしいですが、最悪でもお互いストレスを感じないように、環境を整えていければとおもっております。

愛しそうに子猫をなめていた、ドロシーさんの姿は今でも目に焼きついており、動画は私の宝物のひとつです。遠藤さまと、ドロシーさんにいただいた大切な命を今後も大事にさせていただきたいと思います。

お父さんをお聞きするのを毎回忘れてしまったのですが、ジェイコブさんだったんですね。さすが美人姉妹なわけです…。

写真のほうは、遊ぶのに夢中になってしまって、いざとなったらなかなか動きが早くて思ったようにとれず…(私のカメラの腕前がひどいせいもありますが)ブレブレの写真ばかりなのでまた上手にとれたらお送りします。1枚添付の写真は車中にて。(これもまたばっちりブレてますが! 
文章があまり得意ではないもので、読みづらいかもしれませんが、近況とお礼をお伝えいたしたく、連絡をさせていただきました。

長文をお許しください。

※ 写真は「4人と3匹の日常」より転載させていただいています。とても素敵な写真と文章がいっぱい載っています。是非見てみてください。

O家の皆様、シュナウザーのポテトお姉さま、どうぞふたりを末長くよろしくお願いします♪





Sunday, July 16, 2017

Verdandi and roommate/ヴェルダンティと同居猫

我が家からお引っ越ししたヴェルダンディ。新しい同居猫が増えました。Mさまからのメールを引用します。

今 我が家にアメショーのおやじがお試し宿泊に来ています。 このアメショーおやじには悲しい過去があり譲渡会で出会いました。 ヴェルと仲良く過ごせれば‼と思い5日目の夜を過ごしています。 ヴェルさんはイケメンがお好きなので、このブチャイクなおやじをまだ家族とは認められないようです(>_<。) 
次回はこのブチャイクなアメショーおやじとツーショット写真が撮れるようになったら 又 お知らせします。 そうそう、今年はヴェルさんにはサマーカットをして夏を乗り切って貰おうかと思案中です。
というメールをいただいてから1ヶ月半、ヴェルさんの近況が届きました。

毎日 暑いですが 遠藤ブリーダーご夫妻とにゃん,sにお変わりありませんか?
我が家のヴェルさんは先月お腹だけバリカンで刈って貰いました。
外観を損ねずに涼しくして欲しい!という無理なリクエストにトリマーさんがしてくれました。
我が家の新入りぶちゃとはやっと近くに寄っても唸らない程度になりました。
私的には何となく空間の共有が出来たら良しと思っていたので、充分満足です。
ヴェルさんは姉御のように厳しく無作法なぶちゃを叱責してきました。
そんなヴェルさんが今はぶちゃの食べ残しご飯を目を盗んで((( _( _'ω')_ ((( _( _'ω')_ コソコソ盗食^^;
ぶちゃはそんなツンデレヴェル姉さんが大好きで、ついてまわって真似ばかりしています。
ぶちゃは繁殖屋から引き取り業者に売られ、かなり雑な扱いをされていたようなアメショーなので社会性がZEROなんです。
ヴェルさんにはかなりストレスだったとは思いますが、辛抱強く接してくれて感謝しています。
我が家を訪問してくれるお友達たちには、美女と野獣野獣と言われています(笑)
そうそう、ヴェルさんにいただいた円盤型のベットは何処で買えますか??
ヴェルさんが気に入ってたベットをぶちゃが気に入って使ってしまって…
ヴェルさんは譲ってくれたようなんですが、出来たら同じものを買ってあげようと思いまして。

手作りの丸い猫ベッドはSara-Lovecatさん http://lovecat.ocnk.net/ で買えます。Mさま、これからもヴェルさんをよろしくお願いします。

Saturday, July 15, 2017

Taita, gentle tiger/タイタ、やさしい虎

さつまとアルフレッドの息子のタイタくんが新しいお家に行って2週間が過ぎました。タイタくんの新しいご家族のOさまから近況が届きました。以下引用です。

タイタくんは日曜日の3時過ぎには家に足を踏み入れ、た途端にぐるっとリビングを見 回したと思ったら玄関の靴箱下に猛ダッシュ! しばらくそこで気持ちを落ち着かせてから(だいたい40分くらいです)、廊下にひよっ こり出てきてくれました。日曜日の居場所は主に玄関〜廊下〜洗面所〜リビングの入り 口付近、で廊下の隅に重ねたタオルでお休みされていたので、気づけば私も廊下で一晩 を明かしておりました...!寝落ちするまでの間、フェルトボールが大活躍いたしました。

でも、月曜のお昼にはすっかり、リビングデビューしてくれて、元祖ギャンプラー、 ぐるぐる白いボールを回してご満悦だったり、タバードをとても気に入ってくれて華麗 なジャンプ&空中ひねりキャッチを披露してくれたり、ごはんをちゃんと食べて、あれ おとなしいな?と思えばひっそりと寝落ちしてくれていたり、と毎日がとても賑やかに なっています。
やさしくて、ほんとうにいいこです。

朝起きて、隣でぐっすり眠っている様子はもう天使!かわいい!と眼福すぎております。 このたびのご縁をいただけましたこと、感謝いたします。
ひきつづき、なにとぞよろしくお願いいたします。
タイタくんは、よく寝てやよく遊んでくれてモリモリごはんも食べて、おしゃべりも上手、元気にしています!

タイタはタヒチ語で虎、Oさま、やさしいタイタくんを末長くよろしくお願いします。

Thursday, July 6, 2017

Mighty Zeus / マイティ・ゼウス


先週の日曜日にお米の美味しい場所に引っ越して行ったゼウス君のママから素敵な写真をいただきました!

Some photos of Zeus (Satsuma x Alfred's boy) who moved to the north side of Japan last Sunday!



新しいお家にはメインクーンの諸先輩方だけではなく、ラブラドールのお兄さん・お姉さん方もいます。
初めて間近で見るワンさん達にはじめは「ファファ怒って居ましたが3日で犬の足をかじってます」とのこと。
ワン兄さん、(姉さん?)達には極めて迷惑なチビすけだと思います…w

でも、反面彼らしくて… もう新しいお家が昔っからの自分の家のように感じてくれているのだと思います。
さすが、兄弟のタイタ君やテオ君の頭を押さえつけてご飯を食べていただけのことはあるなと !

At his new home, there lives some Coonies and 3 Labradors.
I think it was Zeus's first encounter with dogs. According to his new mom, he was fussing to them but in 3 days, he is now nibbling their feet! LOL
I am sure he must be a little devil for them!

Well to be honest, I am really happy with this issue that shows he is as same as what he was. Nothing has changed and I am sure that he is now feeling he really settled down. Yes he was the one to put his hand on his siblings during the meal!



ワンさん達はワーキング・ドッグとして長年仕事をし引退して今のお家に居るようです。だから、余計に優しくてガマン強い!
わんぱく坊主の末っ子ゼウス君をこれからどうぞよろしくお願いいたします。

The Labs are the retired guiding dogs so they are really patient. Feel sorry about this new baby brother who believes himself to be a "Mighty Kitten"!

One thing that is sure is... our aka Anko is now Zeus and he started his new life surrounded by lots of Love! Good luck my boy!




ページナビゲーション