ポポキラニは、埼玉県狭山市にある小さなメインクーンのキャッテリーです。2008年からブリードを始め、同年9月から主にTICAアジアのショーに参加しています。


Cattery POPOKILANI is a small Mainecoon cattery located in Sayama-shi, Saitama prefecture, which is quite famous by "Green Tea" field, about one hour far from Tokyo. Our cattery just started from April, year 2008. And started attending TICA Asia Region from Sep. 2008.

Saturday, August 23, 2014

Ralph Lauren & Fancy Pants! / ラルフ・ローレンとファンシー・パンツ!


今回掲載した写真は、7/19日にわが家に残っていたこの3匹と靴下履きのレッド君の4頭を連れて山崎哲さんのハウススタジオで撮影していただいたものです。

ジュディスとあかたす、シンディとアルフォンスの子供達のその後の話です。
写真の4匹の子達のうち、赤い子は先日ご紹介した通り、LOA君と言う名前でわが家のショーの大先輩のお家に引っ越しました。
左端のトービーの女の子は9月下旬にお引越予定です。今回は、右端のブラウンの男の子とその隣りのシルバー・トービーの女の子について。

This time, I would like to write about the update about Judith & Albert's kittens and Cindy & Alphonse's Kittens.


The red/white boy, as introduced the other day, already moved to his new family.

The Brown Torbie girl is to move to her new family around the end of September.
Today is about the Brown boy and the Silver Torbie girl.


ジュディスはわれわれの寝室のロフトで子供達を産み、シンディは一日後にわれわれのベッドの横で子供達を産みました。それぞれ別々の階で暮らしていましたが、生後1ヶ月になってからは、ロフトで生活することは子供達に危険があるため、二家族同居を決行。
子供たちはすぐに仲良しになりましたが、母親であるジュディスは神経質になっていて、シンディに対してなかなか打ち解けない日々が10日ほど続きました。
でも、そんな彼女の気持も、だれが母親なのかをまったく気にしないシンディの子供たちの体当たりの「ママ大好き!」攻撃によりだんだんと和らいで行きました。 気が付けばジュディスの子達がシンディの、シンディの子達がジュディスのおっぱいにぶら下がっていました。 これも、母親の偉大さに感動する一瞬でした。

Judith delivered her babies at the loft in our bed room. 
And Cindy delivered her babies beside our bed a day later.
They had their own territory but or after a month, we decided to let them share the same floor for safety.
Kittens got along so easily but Judith was very nervous for about 10 days... Especially to Cindy.

Both litters solved this situation so easily.  Kittens shared their mother. Some times Judith's babies were clinging to Cindy and sometimes Cindy's babies were drinking milk from Judith. I think that melted Judith's fear.
"Love attack" won! LOL
This was a wonderful thing to watch. Both mother loved all and all was happy being loved by both. 



ブラウンタビーの男の子、新しい名前をもらって無事海を越えて最愛の家族の元へと巣立っていきました。
名前は、ラルフ・ローレン。 永住の地はカナダ。
昨日の金曜日にえんどうが同伴して飛行機の座席の下、アメリカのシアトルに無事に到着しました。カナダへの移住は、土曜日の午後の予定です。

今まで、海を渡って海外移住した子はアルゼンチンに行った武士道だけでした。
今年はいろいろなご縁に恵まれ、子猫達が海を越えました。


Brown boy got a new name, Ralph Loren. He is now living in Canada now. Moved with Yasuyuki by plane, inside the cabin, under his feet. Landed at Seattle and moved by the car from there.

The kitten we have sent out to overseas was Bushido and this year we had came to know some more family living overseas. I really appreciate my best friend' for introducing them!

The kitten we have sent out to overseas was Bushido and this year we had came to know some more family living overseas. I really appreciate my best friend' for introducing them!




ラルフは、ジュディスとあかたすの間に生まれた3兄弟姉妹のうちで一番大きな子でした。
生後4ヶ月で体重3.4kg。 非常に綺麗なタビー模様を持つ男の子。
わんぱくで、元気いっぱい。いつも何かを狩っているような子です。
カナダに行くご縁が決まったのが6月。それからは彼に話しかける際には多少の英語を交えながら毎日を過ごしました。

今回のジュディスは子供達を大事に大事に育てました。 3回目の母親業で、慣れたのかも知れませんが、愛情を注ぐ、それを全部受け止めて育つということはこういうことか・・・と改めて母親の力強さを感じたリッターでした。

Ralph is son of Judith and Albert, one of the 3  of her kittens. He was born big and is now 4 month old and weighs 3.4kg. Has a very clear and beautiful tabby pattern,
Full of energy and easy going boy.
Since it was decide of him going to Canada, I started using some English talking to him! Hope it is working...

Judith devoted everything of what she has to this litter. This was her 3rd delivery so may be she had confident to what she was doing. Giving all and receiving all... Judith taught me many things during her nursing... Life is so wonderful... 


甘え上手で、猫も人も恐れるもの無し。天衣無縫という言葉は彼のためにある言葉だと思います。(掃除機は別ですがw・・・)

Knows how to share time with others, Ralph became a boy with no fear (except the vacuum cleaner! LOL)

All received the best from their 2 mothers.



さて、そのラルフと一緒にシアトル入りを果たしたのがシンディの子のファンシーです。

And this is Fancy who also moved to her new home. She moved to Seattle.



ファンシーははシンディの産んだ5匹の子供たちの中で一番小さかった子。生まれた時は110gほどあったのですが、一番最後に生まれたせいか、良いおっぱい(?)は確保しそびれたのかもしれません。(笑)
小柄ながら、非常にクールな美人さんです。小さい頃は産毛がぽわぽわしていて、一体どんな風になって行くのか秘かに気を揉んだのも今は笑い話です。そんな心配を私の大親友は笑い飛ばし、「彼女は美人になる!」と断言して励ましてくれたのも良い思い出です。

通称ミス・タイニーファンシー・パンツという正式名に変わりました。
※  ファンシー・パンツ:「活かした女の子」という意味があるそうです。

ファンシー・パンツの呼び名はファンシー。 彼女はアメリカのキャッテリーの一員となります。 母親のシンディと同じように子煩悩な母親になってくれればと思います。
シルバーは父のアルフォンスから。トービーの赤い色は母親のシンディから。クールな雰囲気は誰から受け継いだのでしょうか?

Fancy is one for the 5 kittens which Cindy delivered. And one of the very last litter of Alphonse. She was about 110g when she was born but became the smallest of the litter. May be she could not get one of the best position of her mother's breast.

She is now a very cool looking princess. When she was a  baby, her coat was too soft and was sticking from every where and I could not imagine how she is going to become. I was quite anxious about her looks but my friend was always telling me that there is nothing to worry about her looks. And yes she really turned out to be a beautiful MC kitten.

She is now the member of the MC cattery. I really hope to become a good mother like Cindy.
Silver color comes from her dad Alphonse and red part comes from Cindy. And where did the cool personality came from... Just wondering... LOL 



ジュディスの子供2匹、シンディの子供4匹。 みんなわが家を無事に巣立っていきました。それぞれの母親達とわれわれが関わったのはここまで。 後は皆がそれぞれ、新しいお家で自分たちの個性を花開いて行く番です。元気に花開くだけのエネルギーは十分に備わっているはずです。

みんなの、今後の幸せを心より願っています。

最後となりますが、今回の子供達からご飯に生肉を取り入れ始めました。
生肉とそれに加える10種以上のサプリ。 カナダの大親友が長いこと調整したどり着いたレシピです。
このレシピのおかげで、8頭全員すこぶる元気に育ってくれました。

あらためて、レシピを提供してくれた友人に感謝の意を表したいと思います。

Judith's 2 kittens left, Cindy's 4 also left. There mother did all what they can. Now it is there turn to show what they have. We believe they have enough energy to live their new life with their new family.

We pray and wish the best for all of them!

And lastly, we would like to say many thank you to my best friend. Both litters were raised with raw food. This was our first challenge and without her own recipe, I think we could not have this well growing litter.


Ralph! Fancy!
We never say good by to you!
See you again! Thank you for being with us. Be more happy with your wonderful family!
Our love to you all never changes, no matter far you live.
We had good times and it's always in our heart.

おまけ:
生まれた子猫達は合計8匹。 巣立った/巣立つ予定は7匹。 残り1匹は・・・ 
そうなんです、「今回は誰もわが家には残らない!」と公言していたにも関わらず「明けてびっくり玉手箱!」とでも言うのでしょうか?
気が付いたら男と男の約束!(?)でわが家に残ることになりました。

仮名ハッピー、正式名は「ハーバート」、通称ハーブ。
レッドシルバーの男の子です。 祖父のエドに似た大きな男の子です。
この子に関しては、またショーの写真などであらためてご紹介していくつもりです。

PS:
Total 8 kittens were born from Judith and Cindy. 6 has left and another girl is going to leave in near future.
Still one 1 left and he is going to stay with us. His nick name was "Happy" now formally "Herbert". I was planing to keep none this time but Yasuyuki made a promise with Herb directly... Words should not be broken even it is between kitten and human. LOL So he is going to be with us.

His first show will next Saturday. Looking forward how he will be evaluated  at the ring.
4.5 month old, red classic tabby boy goes to his 1st show.  A boy who has the taste of Cindy and his grandfather Edward!

No comments:

Post a Comment

ページナビゲーション